« ヤクザの話 | トップページ | 立川志の輔独演会 »

2005/02/25

堤さん、観念なさい!

tsutsumi西武グループの株不正疑惑の捜査が最終局面を迎えています。
西武グループは長年にわたり、上場企業である西武鉄道の株式の大半を小さなコクドという会社が保有し、そのコクドの株式の3分の1を堤義明個人が保有してきました。この結果、堤義明個人が巨大な西武グループ全体を支配できる構造を作ってきたのです。
しかしこのままだと西武鉄道が上場廃止になってしまうため、コクドの持っていた株を個人が保有していたように偽装したり、又こうした事実を隠したまま、西武の株を取引先に売却していたものです。
堤元会長逮捕は時間の問題でしょう。
彼の部下であった会社幹部が、この件で二人も命を投げ出したのですから、それ相当の責任を取るべきです。

西武鉄道の創業者は父堤康次郎です。
東京大空襲の最中に、ビルの地下に何本も電話を引いて、土地を買いまくり、西武鉄道の基礎を築きました。
戦後は、没落した元皇族や華族に金を貸し、そのカタに彼らの持っていた土地を取り上げて、プリンスホテルを次々と建ててきたのです。
東急グループを創業した五島慶太が、その強引な手口から”強盗けいた”と呼ばれていましたが、創業時には相当エゲツナイことを皆さんして来たんですね。
これに比べれば、ホリエモンなどは実に可愛いモンです。

その父堤康次郎の側近だった人が書いた“西武王国その炎と影”という本があるのだそうですが、この中で、康次郎自らの指示で、『遺産も殆ど義明が相続出来るように、一応、株を信頼出来る人々に、分散して持たせておいて、後で義明の元に全部戻してもらった』と書かれているそうです。
彼は衆議院議長にまで上り詰めた人だったのですが、そうした人物が陰でこうした不正を指揮していたのですから、驚きです。
結局息子の義明もこのDNAをそのまま受け継いで、数十年間も不正を続けてきたわけです。

加えて、元フィギュアースケート選手であった渡部絵美さんに行った仕打ちは、暴力団顔負けの卑劣な行為です。こんな男がごく最近まで巨大グループを支配し続け、あまつさえ五輪組織委員会のトップという要職まで勤めていたのですから、呆れ返ってモノも言えません。
堤義明の周辺、まだまだ叩けばホコリが出てきそうです。

|

« ヤクザの話 | トップページ | 立川志の輔独演会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/3062220

この記事へのトラックバック一覧です: 堤さん、観念なさい!:

» 西部警察 [[R]Richstyles!]
言ってみたかったとです。(笑) 堤前会長を逮捕 東京地検特捜部... [続きを読む]

受信: 2005/03/03 17:20

» 堤義明氏はただのゴロツキ [[R]Richstyles!]
税金を払わないのが儲けの近道か?なんか自営業のおっさんが売り上げごまかしている域から出ていない。なんか時代錯誤じゃないの? 西武鉄道グループの堤義明氏(コクド前... [続きを読む]

受信: 2005/03/04 17:20

« ヤクザの話 | トップページ | 立川志の輔独演会 »