« カフェの女給さん | トップページ | 労組使ったヤラセ »

2005/03/21

ジュンとヨネ

junyoneヨネ“ネエ、あんた、ウチのボスに、去年の10月に牛肉輸入を再開するって、約束したじゃない。もう半年も経ってんのに、どうしてくれるのさ。”
ジュン“まあ、そんなコワイ顔して怒らないでよ。こっちにも色々家庭の事情つうものがあるのよ。”
ヨネ“なによ、その事情って。どうせまた、食品安全委員会とかが、どうたらこうたらって話しじゃあないの?”
ジュン“そうなんだよ。オレさあ、最初はもっと簡単にいくと思ってたよ。だけど、ウザイヤツが多くてさあ。20ヶ月以下の牛の判定方法がどうとか、危険部位がどうとか、まあうるせえこと、うるせえこと。”
ヨネ“だって、あんたはボスでしょう。こうしろと命令すりゃあ、それで済むことじゃあないの。”
ジュン“あんたんとこのボスと違って、オレさあ、あんまり権限ないんだよな。ほら郵便局を民間に移すことだって、なかなか進まないんだから、分かってよ。”
ヨネ“アタシねえ、そんなしょうもないグチ聞きに、わざわざ遠くから出張ってきたんじゃあないんだよ。とにかく、いつからウチの牛肉入れてくれるのか、ここではっきりしてよ。”
ジュン“だから、安全が保証されたら、すぐやるよ。”
ヨネ“あんたねえ、安全安全っていうけど、こっちは3億人の国民が、毎日毎日ビーフステーキを食べてんのよ。それで、誰もBSEになんか感染していないんだよ。これ以上の安全保証は無いでしょう。あんたんとこみたいに、たまに牛丼食べてるような人種とは、わけが違うんだから。”
ジュン“分かってるって。早めに輸入するよ。そうおたくのボスに伝えてよ。”
ヨネ“あんた、軽く考えてるようだけど、ウチのボス、相当オカンムリよ。金正ミサイルが飛んできても、オレは知らねえぞって怒ってたわよ。”
ジュン“そりゃあ、困るよ。”
ヨネ“あんたたち、食の安全保証って騒いでるけど、命の安全保障ができなくなるわよ。”
ジュン“牛肉だけに、モー、勘弁してよ。”

|

« カフェの女給さん | トップページ | 労組使ったヤラセ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。

アメリカは、BSE感染が見つかっていないのではなく、BSE感染だと認定されていないだけなのではないかと思っています。
(日本での水俣病と同じ状況)

潜伏期間を過ぎて、これからどんどん感染者が出てきたら、どう言い訳するんでしょうね。(^^;

投稿: どげざ | 2005/03/21 23:04

どげざ様
早速こちらのブログにコメントを寄せて頂き、有難うございます。
おっしゃる通り、今回の米国の要求は、実に理不尽なものです。この問題に限らず、最近の米国の唯我独尊ぶりは、少々目に余ります。
残念ながら我が国政府は、この牛肉輸入についても、最終的には米国のいいなりになるのでしょう。
こっちも実に情けない話しです。

投稿: home-9 | 2005/03/22 18:37

トラックバックありがとうございあます。”ジュンとヨネ”おもしろいですね。農薬漬のオレンジとか病気の牛とか
アメリカさんに危険なもの食わされるのはもううんざりです。

投稿: honma | 2005/03/24 10:02

honma様
コメント有難うございます。
最近のアメリカのユニラテラリズム、自分だけが正義で、反対するものは悪と決め付ける、これが眼に余ります。唯々諾々と、ただただ従っていく日本政府も、実に情けない。今回は、これを少しコミカルに描いたつもりです。

投稿: home-9 | 2005/03/24 13:48

TBありがとうございました。
「深夜のNews」の真魚です。

「ジュンとヨネ」はおもしろいですね。
アメリカの議会は今、カナダからの牛肉の輸入再開を拒んでいます。ブッシュは再開したいのですが、畜産業者が反対しているようです(その一方で、彼らは日本には再開を主張しているわけです)。連邦地裁も輸入再開に反対しています。ブッシュは、カナダのマーティン首相からの輸入再開の圧力をかけられていてキツイ状態です。ジュンとウォーカー(ブッシュの本名は、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ)は同じ立場なんですね。

投稿: 真魚 | 2005/03/24 22:49

真魚様
コメントありがとうございます。
今日の新聞を見ていたら、トヨタの奥田会長が記者会見で、アメリカの牛肉輸入を早期に実現するよう政府に求めています。自動車屋が何で食の安全に口出しするのでしょうか。こういう自分達の利益だけでモノを言う経営者が、多過ぎます。

投稿: home-9 | 2005/03/24 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/3372934

この記事へのトラックバック一覧です: ジュンとヨネ:

» 狂牛病問題----米国からの輸入再開は安全か [インターネット民主主義実験室]
狂牛病問題について、交渉がまとまらことに業を煮やしたのか、アメリカは、牛肉輸入を再開せよ、といってきているようです(asahi.comによる)。 狂牛病につい... [続きを読む]

受信: 2005/03/22 22:33

» アメリカの食肉処理の現場で内部告発が続いている [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
昨年の、米国最大食肉加工企業のタイソン社労組の内部告発や農水省への陳情書提出、米国食肉検査官組合の告発などに引き続き、米国は内部告発が続いているようです。 ■(4/9)「米農務省はBSE秘匿の疑い」元食肉検査官が告発 http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=2005040904373bs&c=0 現地時間の4月12日に、カナダで公聴会と、プレスカンファレンスがあるそうです。 詳細は【笹山登生の掲示板】の発言[1... [続きを読む]

受信: 2005/04/12 15:44

» 農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米BSE合同会議?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただきたいものです。罷免請求とかできないのかな? ■農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 農水省、OIEに牛肉輸入条件緩和�... [続きを読む]

受信: 2005/05/12 19:44

« カフェの女給さん | トップページ | 労組使ったヤラセ »