« 国立演芸場「芸術祭寄席・夜の部」 | トップページ | 「イスラエル紀行」連載を終えて »

2005/10/29

文化勲章、功労賞、二人の「光子」さん

morimitsuko
28日、今年の文化勲章、文化功労賞が発表されました。文化勲章には森光子ら5人、功労賞は内田光子ら15人です。森光子は、大衆演劇部門からの珍しい受賞となりました。

森光子は、伯父が時代劇で一世を風靡したアラカンこと嵐寛寿郎だったのが縁で、1935年に映画「なりひら小僧 春霞八百八町」でデビュー、時代劇を中心に脇役として出ていました。今でもNHK衛星放送の古い映画を見ていると、森光子の姿を見ることがありますが、いずれもチョイ役に近く、いわゆる映画スターとしては成功しなかった。その後は売れない歌手をしたり、ラジオでお笑い系の番組に出ていましたが、いずれも大成しなかった。

森光子の成功のきっかけは、1960年の芸術座での「がしんたれ」です。私はこの舞台を見たのですが、当時そうそうたる顔ぶれの中で、強く印象に残ったのは、中山千夏(子役でした)と森光子の二人でした。森は主人公の友人である林芙美子の役で、脇役で出番は少なかったのですが、これが実に名演でした。

結局この舞台が、当時東宝の重役であった菊田一夫の目に留まり、彼女のイメージで林芙美子を主人公にした芝居「放浪記」を書き下ろし、森光子を主役に抜擢します。当時の芸術座は、スター制度を採っていましたから、このキャスティングはかなりの冒険であったのですが、彼女は見事に期待に応え、興行的にも成功して一躍スターの道を歩むことになります。

林芙美子の役は、今までの森光子が辿ってきた道、人生の様々な経験、これらが一気に役に投影した、そんな演技でした。つくづく、舞台はウソをつかないと実感しました。
80歳を越えて、まだまだ若い男性と恋が出来る、いつもでも若い森光子へ、心から拍手を送りたいと思います。

内田光子、クラシックファンなら知らない人はいない、世界的に活躍している日本人ピアニストです。もっともご本人は、若い頃から国際舞台で活躍しているので、彼女を日本人だと思ってはいけないのかも知れませんが。特にモーツアルトのピアノ曲については、今や世界的に第一人者といって良いでしょう。

内田光子のピアノ曲をCDなどで聴くと分かりますが、先ずその音の素晴らしさに感動します。音楽評論家中野雄によれば、彼女のピアノ曲では通常の平均律を採用せず、古典調律法でチューニング(私は良く理解できないのですが)しているのだそうです。この方法は、曲ごとに調律し直すのだそうで、音の美しさが際立つとのこと。
そんな難しい理屈は別にして、とにかく彼女の演奏を聴いてください、こうお薦めしたくなる粒揃いの名演奏です。

今回はピアノを通じての国際交流という業績が認められての受賞ですが、チェコでのコバケンこと小林研一郎、ウイーンでの小澤征二のように、その国では知らない人がいないチョー有名日本人も少なくないのです。
音楽を通じて日本、あるいは日本人に尊敬と親しみを感じてくれる人も多いわけで、これからの内田光子の益々の活躍を期待したいと思います。
(文中敬称略しました)

|

« 国立演芸場「芸術祭寄席・夜の部」 | トップページ | 「イスラエル紀行」連載を終えて »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 こんばんわ。TB有り難うございました。
とっても嬉しかったです。 内田光子さんの、Mozartは、本当に美しいです。私は、煮豆が趣味なんですが、彼女の演奏をBGMに煮豆をしたら、きっと、それこそ粒揃いの、きらめく、煮豆が炊けるのでは・・。なんて、思ってます。(笑)
 別館も拝見しました。クリスチャンの私にとっては、かなり興味深かったです。まだ、一度も、イスラエルには、行ったことがありません。 あとで、ゆっくり、写真や、テキストを拝見したいと思っております。では・・。

投稿: 眠気ネコ | 2005/10/29 19:34

森光子の受賞には素直におめでとうと言いたいですね。
演劇界からの受賞は2000年の山田五十鈴以来でしょうか。
それにしても彼女、若いですね!
心身ともに!
有名なスクワットだけでなく、隠れた努力が色々とありそうです。

見習わなければと思いながら易きに流れるタケチャンマンです。

投稿: タケチャンマン | 2005/10/29 20:38

ピアニストの内田さんは、テクニックはともかく、初めて彼女の演奏を聴いた(TV放送で)とき、音感の良さに驚かされました。真のピアニストであり、受賞にふさわしい音楽家だと思います。

ピアノが音楽の基礎であるというのは、ギリシャ時代の学者がモノコードを使って、音楽性の研究(音階調律の研究)を始めたのが起源で、ピタゴラスがノイマ譜を発案し、その後もモノコードに次ぐピアノの前進楽器を開発されながらも、その鍵盤楽器で研究が進められたようです。バッハが確立した平均率調律法をへて、ベートーベンの時代にフォルテピアノが完成し、近代にはドイツで周波数の統一をされ、現在に至ったようです。そういう経緯からも音楽の基礎楽器であると思えます。
内田さんは、その時代に演奏された曲風の再現を、抜群の音感でもって、調律再現されてるんでしょうかね。

投稿: うさぎ | 2005/10/29 22:03

タケチャンマン様
森光子さんは、今から40年以上前に見た時と(舞台最前列で)、見かけはそう大きく変わりません。
山田五十鈴さんもそうでしたが、女優は化け物ですね。
やはり、恋多き人は老けないのでしょうか。
コチトラ、分っちゃいるけど、相手がいない、この悲しさ。

投稿: home-9 | 2005/10/30 06:17

うさぎさん、お早うございます。
専門的な立場からのコメント、有難うございます。
昨日のこの記事も、内田光子さんのモーツアルトピアノ協奏曲を聴きながら、書きました。
ただ私の音楽に対する知識が無いため、せっかくのコメントを殆ど理解出来ません。
内田さんのピアノ曲は、辻文明さんという日本を代表する調律師の手によって、調律されているのだそうです。
私も、少しは音楽関係の知識を身につけなくてはと感じる、今日この頃。

投稿: home-9 | 2005/10/30 06:37

(-_-;)

古代から研究され続けてきたことに、こだわりを持ち、
才能におぼれることなく、常に前向きで真面目な内田さんの姿が、
私には大変好感がもてるのです。
~これがいいたかったんだ!\(^o^)/

投稿: うさぎ | 2005/11/02 16:12

うさぎさん、こんばんは。
うさぎさんのコメント、段々難しくなりますね。
でも内田光子さんの対談などを読むと、何となく云われていることをイメージできます。
とにかく、すごく頭の良い人だという事だけは理解できます。

投稿: home-9 | 2005/11/02 20:51

コメントありがとうございました。
菊田先生の知らないことが知れて良かったです。
誘われるとはすごいですね~

投稿: fortheday | 2005/11/24 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/6724414

この記事へのトラックバック一覧です: 文化勲章、功労賞、二人の「光子」さん:

» 森光子さん文化勲章受賞、ってことで [人生とんぼ返り]
森光子さんらに文化勲章 文化功労者には長嶋さんら http://www.asahi.com/culture/update/1028/010.html この人をうまいと思ったことは一度もないし、正直好きな役者じゃない。でも、日本の芸能史を身を以って経験してきた、貴重な存在ともいえる人。今はジャニーズに狂ってるだけにしか、見えないとしてもだ。 さて早速本題に入ると、この人は往年のチャンバラスター、アラカンこと嵐寛寿郎の従兄弟。アラカンの父親とこの人の母親が兄弟だったんだな、確か。当... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 09:52

» 文化勲章・10円!! [我楽侘箱の世界]
嫁ぐ日大安 森光子・真木由布子 女優の森光子さんに文化勲章が贈られることが決定したようですね。 おめでとうございます!! ニュース番組で東山紀之氏がお姫様ダッコで回転して祝福していましたが、85歳とは思えないくらいまだまだ若いですね。 このジャ....... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 00:06

» 文化勲章・10円!! [我楽侘箱の世界]
嫁ぐ日大安 森光子・真木由布子 女優の森光子さんに文化勲章が贈られることが決定したようですね。 おめでとうございます!! ニュース番組で東山紀之氏がお姫様ダッコで回転して祝福していましたが、85歳とは思えないくらいまだまだ若いですね。 このジャ....... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 00:09

» 文化の日と受賞 [七五白書 (しらけないために)]
 きょう、11月3日が「文化の日」になりましたのは、戦後間近い1948年、昭和23年からだそうで、それ以前は、明治天皇の誕生日を祝う「明治節」だったと聞かされてきました。文化はカルチャーの訳語としてすっかり定着していますが、カルチャーはもともと「耕す」「栽培する」の意味を持っていますから、専門の分野を耕し、種をまいてこれれた人たちに勲章が贈られる日でもありますね。  そこで�... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 16:09

» 文化の日と受賞 [七五白書 (しらけないために)]
 きょう、11月3日が「文化の日」になりましたのは、戦後間近い1948年、昭和23年からだそうで、それ以前は、明治天皇の誕生日を祝う「明治節」だったと聞かされてきました。文化はカルチャーの訳語としてすっかり定着していますが、カルチャーはもともと「耕す」「栽培する」の意味を持っていますから、専門の分野を耕し、種をまいてこれれた人たちに勲章が贈られる日でもありますね。  そこで�... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 16:10

» 菊田一夫君像(帝国劇場) [見果てぬ夢]
帝劇の一階の奥の階段前にあります。銘文を読んだ所、 元々は菊田先生が好きだった藝術座に置かれていたようです。 山下快吉作なのですかね。 ウィキペディアで調べたのですが山下快吉なる人が見あたりません。 銘文には山下快吉氏に委嘱して…だったので 氏が誰かに頼... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 22:02

« 国立演芸場「芸術祭寄席・夜の部」 | トップページ | 「イスラエル紀行」連載を終えて »