« 「金原亭馬生独演会」in 鈴本 | トップページ | 年頭妄言 »

2005/12/30

当世部録倶事情(今ブログは・・)

kikko 2004年がブログ元年なら、2005年はブログが世間一般に知られ、認知された年と言えるでしょう。
今年3月末時点でのの総務省調べで、
・国内ブログサービス利用者数は約335万人
・純ブログ利用者数は約165万人
・少なくとも月に1度ブログを更新しているアクティブな利用者数は約95万人
・月に1 回以上ブログを閲覧している利用者は約1651万人
と推定していましので、現在ではその数は更に増えているのは確実です。

今年ブログで話題になったのは、何といっても「きっこのブログ」でしょう。このブログは,元々はヘアーメイクアーティストでMAXファンの横山きっこさんの「きっこの日記」が母体で、ブログはそのミラーサイトになっているようですが、ほぼ毎日5000字近い新記事がアップされていること、アクセス数が毎日約4万件というお化けブログです。

特に「耐震偽装」問題が持ち上がってからはいわば独走状態で、一種の社会的現象になったといって過言ではありません。世間がようやく「耐震偽装」問題に関心を持ち出した11月の23日には、「すべての黒幕は総合経営研究所の内河健所長だ」と暴露していたのですから驚きです。
その後の記事でも、マスコミの報道の一歩先を行く事が多く、形の上では「きっこ」がマスコミをリードしているような現象が現れました。この件に関連して、ヒューザーの元社員やイーホームズの藤田社長、民主党の議員からのメールや情報提供もあり、ますます注目を集めることとなりました。

ヒューザーの小嶋社長の証人喚問が、自民・公明の反対で見送りになりそうだった時期には、「小嶋喚問」のキャンペーンを連日繰り広げ、「テポドン大作戦」と称して読者に対しマスコミに直接行動を起こすよう働きかける呼びかけを行っています。
この辺りが、ナミのブログと違う所です。

「きっこブログ」の特長の一つは、「たいへん申し訳ありませんが、トラックバックって、その存在理由が理解できないので、受け付けていません。また、自分と違う考え方の人と不毛な議論をするつもりもないので、コメントも受け付けていません。あしからず。」と断り書きがあり、読者との直接的なコミュニケーションを絶っていることです。
もう一つには、人気ブログには珍しく反自民の旗幟を鮮明にしていることです。特に小泉首相に対しては、本人プロフィール紹介の中で、「【今一番やりたいこと】コイズミをグーで殴る!」と書いているように、蛇蝎のごとく嫌っているのも他に無い特長です。
30代後半と思しき美女(写真で見る限り)で、趣味の俳句では3冊の句集を公開しており、音楽日記は英文で書く才女とお見受けした「きっこ」さん、その謎の姿と共にしばらくはブログ界を席捲することでしょう。

さてブログの現状ですが、利用者や閲覧者が多くなっているのは結構なことですが、その内容はといえば、いくつかの問題を感じざるを得ません。
「きっこ」が参加している「人気ブログランキング」には現在18万件余りが登録され、日々ランキングが公表されていますが、綜合ベストテンを見ると、「きっこ」と「生協の白石」を除く他の人気ブログは全て「芸能ニュース」ブログであり、それもグラビア・アイドルタレントのゴシップと水着や盗撮写真満載のものばかりです。
因みに「人気WEBランキング」を見ると、こちらの綜合ベストテンでも大半が「美少女ゲーム」であり、いずれも閲覧者の多くが「イロモノ」志向であることが窺われます。

一方政治・社会・ニュースなどの部門別のランキングでは、上位の大半が愛国、反中国、反韓国をテーマとしたいわゆるプチナショ系ブログで占められています。
国を愛することに異存はありませんが、「直ちにシナを撃て」とか「北の金王朝打倒」などと絶叫しているブログが高位を得ているのを見ると、いささか戦慄を覚えます。
最近皇位継承問題で「男系・男子」を主張する人が、「女系・女子が国民の多くの支持を得ているというが、ネットでは男系・男子支持が9割だ」と発言していましたが、確かにブログで見る限りは「男系・男子」論者が多数のように思えます。
ネットで発言する人は政治意識が高いなどと云われることがありますが、私は否定的です。
むしろある種の傾向を持った人がネットで発言していると考えた方が、自然かも知れません。勿論自分を含めてのことですが。

ネットのマナーですが、これは確実に悪化傾向にあると感じています。
記事で政府や自民党を批判する内容を書くと、多分プチナショ系の人と思われますが、いきなり「お前はアホか」などという冒頭から悪罵で始まるコメントが寄せられた来ることがあります。内容は専らこちらへの人格攻撃です。
こういうコメントを読むと、その内容の是非より、これを書いた人は余程不幸な人生を歩み、こうした形でしか世の中に怨念をぶつけられないのだろうなどと、ついついコメントを書いた人の人生を考えてしまいます。
この延長線上に弱者への攻撃や子どもへの暴力があると思われ、こうした人々が増えることに懸念を感じます。

そして相も変らずアダルトサイトからの迷惑トラックバック。携帯への迷惑メールを送っていた業者が、ブログへ矛先を変えたのでしょう。昔は「うるさい」を「五月蠅」と書きましたが、今は「迷惑TB」と書いた方がよさそうです。全く追い払っても追い払ってもたかってくる、実に不快な存在ですね。是非プロバイダーに根本的な対策を望みたい。

今年愛読していたブログがいくつか閉鎖になりました。多分管理人の事情なのでしょうが、長年の友人を失ったような気分になります。
私自身も時々「なんでブログなんか書いてるんだろう」と自問する時もありますが、しばらくは続ける予定ですので、引き続きご愛読下さい。
今年1年拙稿を読んで頂き感謝します。
来年も宜しく、そして皆様よいお年を。

|

« 「金原亭馬生独演会」in 鈴本 | トップページ | 年頭妄言 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

ブログという形で見解を公開するとなると、結果として嘘にならないように裏を取ったり調べたり大変な努力が必要になると思います。
にもかかわらず、かなりの頻度で更新され我々読者を楽しませてくれている努力に敬服致しております。
必ずしも全ての主題にコメントする訳ではありませんが全て興味津々で読んでおりますので来年も宜しくお願い致します。

投稿: タケチャンマン | 2005/12/30 11:23

肝に銘じます。
「ほめくの火事、背中の灸」と言います。
読んで火傷しております。

投稿: 猪口山人 | 2005/12/31 04:47

タケチャンマン様
度々コメントを寄せて頂き有難うございます。
確かに正確を期す為には、色々調べなくてはならない事が多いです、
従って、ボケ防止には効果が期待できるかも知れません。
こちらこそ、来年も宜しくお願いします。

投稿: home-9 | 2005/12/31 11:49

猪口山人様
えー、小咄を1席。
孫が、積み木で家を作っては壊しを繰り返しているので、「ボク、何やってんの?」と訊いたら、「うん、姉歯ごっこしてるの」。
お粗末様でした。

投稿: home-9 | 2005/12/31 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/7901118

この記事へのトラックバック一覧です: 当世部録倶事情(今ブログは・・):

« 「金原亭馬生独演会」in 鈴本 | トップページ | 年頭妄言 »