« 創作小咄「身代わり」 | トップページ | ソウル大「黄」教授の「灰色」論文疑惑 »

2005/12/15

「耐震偽装」という砂上の楼閣

uchikawa
昨日の「耐震偽装」証人喚問ですが、時間をかけた割には、肝心な所が詰め切れなかい結果となりました。即ち、関係者がどれだけ“違法性”を承知していたかが焦点でしたが、姉歯を除いては全員が否定しましたし、彼らに“違法性”を認めさせる証拠が示せなかった。
㎡単価とか、㎡当たりの鉄筋量が書かれた文書も出ていましたが、あれだけでは指示書なのか、施主が希望するコスト(工事で施主がコストを提示するのは当たり前)を示したものかが、はっきりしません。

それにしても証人達の言動、開き直りあり、泣き落としあり、引かれ者の小唄ありで、まるで時代劇のお白州の場面を見ているようでした。当初は諸悪の根源のように言われていた姉歯が、一番善良な人物に見える始末です。内河については、さすがに三百代言でメシを食ってきた人間らしい、厚顔無恥な立ち振る舞いが目に付きました。

中継を見ていた多くの方が、こういう人物が集まって家を建てたり、ビルを作っていたのかと呆れたと思われますが、正しくああいう人間が建築に携わっているのは事実です。確かに誠実に仕事をしている建設業の方もいます。しかしそれは少数で、たまにそういう方に巡り合うと、何か砂漠で泉に出会ったような気分になります。
昨日も姉歯が、「今日は平成設計の名刺でと、指示された」との証言がありましたが、あれも日常茶飯事、私も他社の制服とヘルメットで建築現場に入ったことがありました。
「キックバック」も当たり前の世界で、政治家がそのウワマエをハネテいるのも日常の風景です。
ピンハネのウワマエをしている政党や政治家が、マトモに追求できる筈がありません。
昨日の証人喚問も、そこまで話が及べば、もっと面白かったのでしょうが。

今回の「耐震偽装」不正は、関係者全員が法律違反という“砂上の楼閣”の上で、関係者全員が金儲けを企んで動き回った結果です。文字通り「耐震偽装」という砂上にビルやマンションを建てたわけです。
聖書のマタイ福音書7章に次のキリストの言葉が書かれています。

『それで、わたしのこれらの言葉を聞いて行うものを、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができよう。
雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけても、倒れることはない。岩を土台としているからである。
また、わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者を、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができよう。
雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまう。そしてその倒れ方はひどいのである。』

今回の件は、「砂の上に家を建てた愚かな人々」に「洪水が押し寄せ、倒れてしまった」結果であり、人間の知恵というのは、約2000年の時を隔てても、余り変らないものだということをつくづくと感じました。

|

« 創作小咄「身代わり」 | トップページ | ソウル大「黄」教授の「灰色」論文疑惑 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
政党や政治家まで追及の手が伸びないと、何のための証人喚問かという結果になりますね。

投稿: henry | 2005/12/16 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/7631001

この記事へのトラックバック一覧です: 「耐震偽装」という砂上の楼閣:

» 悪のマーケティング [札幌で起業!−有限会社マーベルサプライ−]
昨日、やっと、構造計算書偽造問題の証人喚問がおこなわれました。 先日、11月22日には、零細企業のマーケティングと題して↓のような記事を書きました。 http://marvelsupply.seesaa.net/article/9666963.html 結局、商品(この場合は構造計算)を出す販路が小さくなると、..... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 10:58

» 「国会証人喚問」の多くの時間をつまらなくしているもの。 [岩清水日記]
国会の証人喚問に多くを期待できないのは、「政治家とその周りで 金儲けをしている人間」が、今まで証人喚問を愚弄してきたためである。 「国会証人喚問」の無力さを感じさせたのが、今は遠い昔になった 「ロッキード事件」だ。 確かに「偽証」は禁じられているが、「記憶にない」なら罪にはならない。 これは以後、「政治家とその周りで金儲けをしている人間」の常套句に なった。 つい最近も日本歯科医師会の献金疑惑で「記憶にない」は連... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 15:08

» 姉歯元建築士は「イーホームズの質疑は単純な内容ばかり [東急リバブル東急不動産被害者の会]
姉歯元建築士は「イーホームズの質疑は単純な内容ばかり。(確認申請の中身を)見ていないというのが実情だと思う。あえて申し上げれば、検査機関にはプロがいる。見てわからないのはおかしい」と証言した(「耐震偽装三者三論」朝日新聞2005年12月15日)。 証人喚問では「民間検査機関が安易に偽装を見過ごしていた異常さも改めて印象付けられた」(「疑惑の焦点は絞られた」朝日新聞2005年12月15日)。 イーホームズが知っていれば偽装に荷担したも同じであり、知らなければ怠慢を問われる。 「グランドステージ茅... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 22:05

» もっと悪いやつ [FOOTBALL LIFE]
昨日の証人喚問のニュースはすごかった。姉歯氏の1級建築士になるまでの苦労話という予備知識があれば、まるで松本清張の世界をみるようだった。しかも、彼は悪いことははっきりしていても、何番目かの「わる」で、「わる」の中では末席なんだとわからせたのがライブの力だ。 組織に対して一人で向き合っているうえに、妻は病気で入退院を繰り返していた。90パーセント以上仕事を請け負っている木村建設から、コストダウンの為に、法令を超えてし... [続きを読む]

受信: 2005/12/16 11:47

» ■[姉歯証人喚問]ヒユーザー 総研 創価学会 公明党 自民党森派 政治献金 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
12月15日付・読売社説 [姉歯証人喚問]「耐震偽装の全体像が垣間見えた」  真相解明への端緒となり得る内容だったと言えるだろう。  衆院国土交通委員会で、耐震強度の偽装問題について初の証人喚問が行われ、姉歯秀次・元1級建築士らが証言した。  問題の張本人である姉歯元建築士が構造計算書を偽造したマンションやホテルは70棟以上に及ぶ。多くを施工した木村建設、マンションの建築主で売り主でもあるヒューザー、ホテル建設を主導した総合経営研究所など、関係者は多い。、、、  姉歯元建築士の証言によると、木村建設... [続きを読む]

受信: 2005/12/17 22:07

» 東急不動産及び東急リバブルは道理の全く通らない会社である。 [買ってはいけない東急リバブル・東急不動産]
☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆ 顧客に重要な情報を知らせようとしない社風、隠蔽体..... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 20:23

« 創作小咄「身代わり」 | トップページ | ソウル大「黄」教授の「灰色」論文疑惑 »