« 国立演芸場「花形演芸会」(2月) | トップページ | 近頃「らくご」を聴くのも「らく」じゃない »

2006/02/08

馬脚を露わす「小泉改革」

koizumi
私は以前から、小泉首相が唱えている「改革」は見掛け倒しであり、本当の改革とは程遠い事を指摘してきましたが、ここ数日の動きを見ると、ますますこの感を深くします。

1月31日に、自民・公明両党が提出していた「議員年金廃止法案」が衆院を通過し、今年4月からの同年金の大幅な制度変更が確実になりました。
しかしこの法案は「廃止」とは名ばかりで、廃止されるのは議員が支払う掛け金だけで、議員年金受給の道を残す内容になっています。
具体的には、現職議員は次のいずれかが選択ができます。
(1)掛け金を2割削減し返還
(2)4月で在職10年を超える議員には現行水準より15%削減した年金を受給する
無論(2)を選択したほうが有利に決まっています。
そうすると、勤続10年以上の議員は65歳から毎年352万円の年金を生涯受け取れます。
一方年金制度廃止に伴い、議員の掛け金はゼロになりますので、つまり今後は国庫負担100%の、とてもオイシイ年金制度に「改革」されたわけです。

2月7日高速道路整備計画を審議する国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議、北側国土交通相の諮問機関)が、国の整備計画9342キロのうち、事業主体が未定だった19路線・49区間(1276キロ)について整備方法を決めました。
その内容は、民営化会社が建設する有料高速が42区間(1153キロ)、国と地方が税金で造り通行無料になる「新直轄方式」が7区間(123キロ)とするものです。
つまり採算の悪い道路は3兆円の税金をつぎ込んで建設し、開通後は無料にする。これによって当初予定していた高速道路の整備計画9342キロは全て建設することになります。
道路公団の民営化は、郵政と共に小泉「改革」の目玉として、民営化により無駄な道路、採算が合わない道路は今後は建設しないという約束でしたが、結果はその逆です。

こうなると、郵政民営化の先も見えて来るというものです。

どうも小泉「改革」は、小泉「改悪」と読み替えた方がよさそうです。

|

« 国立演芸場「花形演芸会」(2月) | トップページ | 近頃「らくご」を聴くのも「らく」じゃない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。

それにしても、この議員年金の問題といい、高速道路の問題といい、「聖域なき改革」を信じていた国民を騙していますよね。この調子では、郵政民営化も単なる「民業圧迫」に成り下がることは目に見えています。

投稿: shigeto2004 | 2006/02/08 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/8562579

この記事へのトラックバック一覧です: 馬脚を露わす「小泉改革」:

» 仮性民営化やったんか? [がんばれニッポン!]
本日のボランティアは昼からですので、それまでしばしの休息です。昨日、夜中にアップしようとしたら、メンテナンス中で何もできず。 そんなことよりも、以前も当ブログに [続きを読む]

受信: 2006/02/08 11:42

» 道路公団民営化のまやかし [S氏の時事問題]
高速道路、結局は全線建設 税投入約3兆円 国幹会議  高速道路整備計画を審議する国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議、北側国土交通相の諮問機関)が7日、昨年10月の道路関係4公団の民営化後初めて開かれ、国の整備計画9342キロのうち、事業主体が未定だった19路線・49区間(1276キロ)について整備方法を決めた。民営化会社が建設する有料高速が42区間(1153キロ)、国と地方が税金で造り通行無料になる「新直轄方式」�... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 11:45

» 結局「中途半端」なだけ(高速道整備、12区間事業主決定) [つれづれなる・・・日記?]
道路公団改革は結局、中途半端で終るだけか。 そこまでして利権を守りたいんだね。 [続きを読む]

受信: 2006/02/08 21:34

» 国会議員はやっぱり拝金主義なのか? [after 911]
BLTをめぐり国会で激しい論争が続いているのかと思いきや、 攻めるはずの民主党から傷害容疑で書類送検される議員が出てきてしまいました。 一方で、皇室典範改正をめぐり政局をにおわすような発言も見られるようです。 それにしても、なぜ皇室典範改正をそう急がないといけ..... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 15:55

« 国立演芸場「花形演芸会」(2月) | トップページ | 近頃「らくご」を聴くのも「らく」じゃない »