« 「ニセ有栖川宮」事件の闇 | トップページ | 憧れの「内田光子」を聴きに行く »

2006/09/14

帰ってきた「ミラーマン」

Uekusa以前女子高生のスカートの中を手鏡でのぞこうとしたとして有罪判決を受けた、「ミラーマン」こと植草一秀教授(45)が、電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、現行犯で逮捕されていました。
股(また)してもです。

植草容疑者は今月13日午後10時10分ごろ走行中の京浜急行の電車内で、高校2年の女子生徒の下半身を触った疑いjが持たれています。女子生徒が声を上げたため、周囲の乗客に取り押さえられたものです。

植草容疑者は一昨年4月、JR品川駅構内のエスカレーターで女子高生のスカートの中を手鏡でのぞこうとしたとして逮捕・起訴され、罰金50万円の有罪判決が確定しています。
裁判では「誤認逮捕」として無罪を主張しましたが、痴漢の前歴があったことや制服マニアであったことなどが、裁判官の心証を悪くしたようです。
今回も調べに対して「覚えていない」と否認しているそうですが、仏の顔も三度、もうその言い分は通らないでしょう。

前の事件で植草容疑者は早大大学院教授を解任されましたが、今年4月から名古屋商科大大学院の客員教授に迎えられていました。
経済学者としては優秀で業績も残しており、今でも彼の冤罪を信じて支援を続けている人がいるにも拘らずで、再び愚行を繰り返してしまったわけです。

以前このブログでこの問題を取上げた時に、男は上半身と下半身の人格が違う場合があると書きましたが、「エロノミスト」植草教授は、どうやらこの典型のようですね。

|

« 「ニセ有栖川宮」事件の闇 | トップページ | 憧れの「内田光子」を聴きに行く »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

home-9 様
いつもコメントありがとうございます。
“いかん”ともしがたい下半身に、“ちかん”ともしがたい猪口山人であります。
ネ!みな“同病”です。

「たのしみは、はなもさかりの、うえくさを、
かがみてみつつ、てにもふれたし。」

投稿: 猪口山人 | 2006/09/16 08:10

猪口山人様
わざわざこちらへもコメント頂き、感謝致します。
この植草センセー、最初の逮捕は女性の眼前で、自らの下腹部を摩った事件でした。
「吾がイチモツは 露に濡れつつ」
失礼しました!

投稿: home-9 | 2006/09/16 13:33

前回のミラー事件の裁判でも裁判長が再犯の可能性が高い旨、指摘していたそうです。
やはりこのような性癖は病気なのですね。
少々のお灸をすえられても直りませんね、この病気は!
専門分野での知識が深いだけでなく、類い稀なる表現力で素人にも解り易く解説する能力を有しているのに勿体ない。
残念です!!!

投稿: タケチャンマン | 2006/09/17 13:30

タケチャンマン様
コメント有難うございます。
確かに性犯罪というのは、再犯率が高いようです。
痴漢といっても手口は分かれていて、結構専門化されていると聞いた事があります。
処がこの人の場合は、露出、覗き、尻撫でと、手口が広範です。
やはり、こちらも多才なのでしょうか。
本来なら、竹中平蔵の位置にいてもおかしくない人なんですがね。

投稿: home-9 | 2006/09/17 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/11891466

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた「ミラーマン」:

« 「ニセ有栖川宮」事件の闇 | トップページ | 憧れの「内田光子」を聴きに行く »