« ヤッパリ嘘だった「納豆ダイエット」 | トップページ | 世にゼネコン「談合」の種は尽きまじ »

2007/01/23

少子化対策に「膣ケア」が有効

Ukiyoe読者数が伸び悩んでいるという“OhmyNews”ですが、1/22付の記事「セクシーなお国の少子化対策」は、我が国が抱える最大の社会問題である「少子化」について、傾聴に値する内容だと言えるでしょう。
以下に概要を記します。

『フランスも我が国と同様に非婚化、晩婚化、晩産化(ヴァンサンカンではありません)が顕著になっているが、それでも1994年に出生率1.65まで落ち込んだのが、2006年には2.0にまで回復した。
そのためには様々な社会体制や支援策を行ってきたが、その内の一つに「骨盤底リハビリ」がある。
単刀直入に言えば「膣ケア」、つまり自然分娩で緩んでしまった産道の周辺組織を、元通りの状態に鍛えなおすものなのだ。
出産の際いきんだときできた会陰裂傷や、目に見えない膣内部組織の無数の損傷がおきる。神経が傷つけられれば感じにくくなるし、痛みも残るから、自然とセックスを避けるようになる。
下半身の不具合を抱えれば、セックスにも日常生活にも身が入らず、労働にも支障を来たす――。
フランスでは、そんな理屈がまかり通って、「膣ケア」が1985年、医療政策に組み込まれた。弱電流刺激によるリハビリを施せる運動療法士や助産婦は全国に3万6000人。自然分娩した女性の大半が膣ケアを受けている。リハビリ費用は初回の1クール(10回分)なら100%社会保険から払い戻される仕組みだ。
ところが日本では、母体のケアは極めて手薄だ。膣の損傷程度を分析し、対応策を講じてくれる産婦人科医は珍しい。』

ざっとこんな具合です。
男性の中で、読んでもどうもイマイチ内容が良く分からんという人は、身近にいる女性に詳しく訊いてみて下さい。

日本の夫婦で、出産を境にして“ご無沙汰”になってしまうケースが多いということは、しばしば耳にします。以後セックスレスになってしまうんですね。
男の浮気にも波があり、妻の妊娠や出産を機にというケースが、周囲を見ると多いように感じられます。禁欲生活が解禁され、サアという時に奥さんから拒否されるということも、原因の一つではないかと私は見ています。
一人目を出産して色々不具合が生じれば、どうしても2人目、3人目への挑戦は断念することになるでしょう。
「膣ケア」は、少子化対策だけでは無く、家庭円満のためにも大切なのではないでしょうか。

少子化対策を進めるにあたり、セックスの問題は避けて通れません。
以前の記事にも書いたように、DUREX社の“GLOBAL SEX SURVEY 2004”でも、日本人のセックスの回数は年間46回と世界でダントツの最下位で、1位のフランスの137回の3分の1であり、世界平均の103回にも遠く及ばない。しかも日本の場合、年々減少傾向になっています。
これじゃあ、子どもが増えるわけがない。
勿論、出生率を増やすためには社会制度の整備や、働き方を変えることも不可欠です。
同時にセックスの頻度を増やす方策を、それこそ官民一体となって取り組むべきではないでしょうか。

政府も年次毎の数値目標を設定して、政策的な努力を行うことが必要です。
2030年までに、日本人のセックスの頻度を世界平均の103回に到達させる、といった具合にです。
決して冗談ではなく、真剣に取り組むべき課題だと、私は固く信じていますけど。

国営放送NHKを通じて、啓蒙活動も積極的に行ったらどうでしょうか。
講師ですか、ケーシー高峰さんが適任でしょうね。

|

« ヤッパリ嘘だった「納豆ダイエット」 | トップページ | 世にゼネコン「談合」の種は尽きまじ »

」カテゴリの記事

コメント

母親にとって、子供は神聖なものに映るんです。
そうしたら、他の動物と同様の交わりが、不潔に思えて、嫌悪感を抱く様になるそうです。
幼い子供は、生きる為に、母親の愛情を独占します。
少子化と云われていますが、分母に外国人を加えているので、実際は、変わらないか、少し増えているそうです。
日本の場合、分娩室で生まれる数よりも、望まれない受胎により、病院の手術室で息を引き取る胎児の方が多いそうです。

投稿: 三毛猫 | 2017/09/06 11:14

三毛猫様
10年以上前のイロモノ記事がお目にとまって恐縮です。こういう事を書いたことさえ忘れてました。
堕胎問題は重大かつ深刻な問題ですね。実態の把握さえ出来ていないですから。
赤ちゃんポストの様な運動を、もっと公共機関が後押しできないものでしょうか。

投稿: ほめ・く | 2017/09/06 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/13631313

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策に「膣ケア」が有効:

« ヤッパリ嘘だった「納豆ダイエット」 | トップページ | 世にゼネコン「談合」の種は尽きまじ »