« 最高裁よ、お前もか! | トップページ | 又しても警察の不法な捜査、「選挙違反」無罪判決 »

2007/02/22

ゴージャス「姉妹」の末路は・・・

“芸人は落ち目になると失踪する”という、芸能界“失踪の法則”が一昔前までありました。
過去には俳優、歌手、タレントを含む数々の芸能人が、失踪騒ぎを起こしています。
女性の場合、堕胎などの下半身の事情から、止むを得ず“失踪”したケースもありますが、殆どは本人やプロダクション側の演出です。
最近は流行らなくなったのは、携帯電話が普及して、“失踪”出来にくくなったからでしょう。

芸能人にとっては話題こそ命で、常に話題を提供し続けることが、世間から忘れ去られることを避ける唯一の手段です。
それがスキャンダルだろうと、お目出度いことだろうと、関係ありません。注目さえ集めれば良いのです。
女性の芸能人の場合は離婚発表を機にレコードを発売したり、本や写真集を出版したり、芸能界に復帰したりしますが、離婚騒動さえも立派な商売のネタになります。

昨日、叶恭子の著書「Love&Sex」(3月28日発売、小学館)の出版会見が行われましたが、話題は本の中味より、直前に起きた実の妹春栄の“失踪”事件に話題が集中しました。
本人に代わって、妹が“失踪”ですか。
姉恭子の装身具など5億円を持ち逃げしたとの疑いもあった由、誰も同情してくれない“事件”ですけど。どうせまた、別の男から貢いで貰えば済むんでしょう。
何せ今回の出版する本と、妹失踪事件を報じた週刊誌の出版社が同じすし、しかも出版会見前には妹は見つかっていたそうですから、余りに演出がミエミエです。
叶姉妹の“やつれた姿”や“涙”は、お約束通りでした。

叶恭子の新刊本は、書名を見る限り、又例によって男性遍歴をネタにして書かれたものでしょうし、何よりここの所叶姉妹のメディアへの露出が減ってきていたという事情があります。
妹役の叶美香も、昨年のアヌード写真集の出版で、グラビア系タレントとしては“上がり”でしょうし、窮余の話題作りといった所でしょうか。
弁護士まで動員して、商売というのは大変ですね。

そんなに全てがお見通しなら、メディアは無視すれが良いのですが、そうはいかない事情があります。
芸能記事というカテゴリーがあり、芸能記者や芸能リポーターが飯を食わなくてはいけない。
芸能っていったって、別に芸がどうのこうのではなく、実態は芸能下半身、芸能スキャンダル記事です。
こうした報道を記事にするのは彼らの業務ですから、ここは持ちつ持たれつ共存共栄、運命共同体です。

芸も持たない芸能人である叶姉妹は、一体何を本業としているのかですが、“男性との交際”により収入を得るお仕事かと拝察する次第です。
早くいえば、高級娼婦でしょう。
別に恥じるような職業でも何でもありません。大女優といわれる人だって、売り出し前はそうした職業にあった人はザラですし、売れなくなった女性タレントが、それで生計をたてている例など、数え切れないでしょう。
海外から来訪の政府要人を接待する高級娼婦の人たちの腕前は、時には外交関係にさえ影響することもあるわけで、とても重要なお仕事なのです。
私の子ども時分には、周囲に沢山の娼婦がいましたので、全く差別意識がありません。

こうした専ら容色や肉体で収入を得る女性たちにとって、一番辛いのは年をとることです。
どんなに努力しても、あちこち整形しても、衰えは隠せない。
周囲の男性の中では、「妹の方ならOKだけど、姉の方はチョットなあ」という声が強い。
そろそろ特定のパートナーを見つけるか、あるいは“デビ夫人”の後釜を狙うか、でもキャラが少し違うしなあ、という状況でしょうか。

え、私ですか? 両方キライです。
それでは、大キライな叶美香の写真を特別サービスでつけましょう。

Kanou11_1

|

« 最高裁よ、お前もか! | トップページ | 又しても警察の不法な捜査、「選挙違反」無罪判決 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

叶姉妹の職業、みんなが知ってます。誰も言いません。妹は遣り手(マネージャー)だったのだ。取り分で揉めたんだ。

投稿: ヒキノ | 2007/02/22 20:32

ヒキノ様
コメント有難うございます。
今回の”事件”は、狂言なのか内輪揉めなのかは定かではありませんが、この姉妹がゴージャスどころか、フツーの人々であったという印象を世間に与えたと思われます。
イメージ戦略の失敗!

投稿: home-9 | 2007/02/23 05:22

ご無沙汰してます。
dejavueことdrunkonです。
このたび閉鎖したブログですが、再開しました。
なんと、マー、気の早いこと^^
画像ファイルの制限なしなので思いっきり楽しめます。
見る人はどうだか・・・
よかったら寄って下さい。

ハリウッドではコールガールの元締めが、有名人を実名で暴露本を出してるらしいですね。

投稿: drukon | 2007/03/04 09:49

drunkon様
お知らせ有難うございます。
娼婦が客の名前を出したり、女優がベッドを共にした男の実名を本に書いたり、一体職業倫理をナンと心得ているのか、実に嘆かわしいですね。

投稿: home-9 | 2007/03/04 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/14006259

この記事へのトラックバック一覧です: ゴージャス「姉妹」の末路は・・・:

» 〜叶姉妹の噂〜 [ブリトニー・スピアーズ、またまたノ〜パン]
叶姉妹(かのうしまい)は、叶恭子(かのう きょうこ、1962年10月7日 -)と叶美香(かのう みか、1967年9月23日 -)の2人からなるユニット。実の姉妹ではない。「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」を自称するが、その実態は本人たち以外には窺い知ることはできない。... [続きを読む]

受信: 2007/02/22 18:57

« 最高裁よ、お前もか! | トップページ | 又しても警察の不法な捜査、「選挙違反」無罪判決 »