« 圓楽と談志それぞれの美学 | トップページ | 今日は何の日「ビキニデー」 »

2007/02/27

男が襲われる時代に

Chikan内閣府が昨年4月に発表した「男女間における暴力(DV)に関する調査」報告書によれば、女性全体でDVの被害に何度もあったと回答したのは10.6%、一方男性は2.8%なので意外に多いことが分かります。男性で1,2度あったと答えた人は17.4%だそうですから、男の6人に一人は女性から暴力を受けたことになります。
なかには浮気がばれて引っ叩かれたというのも含まれているかも知れませんが、こういうのはDVとは言わない。

“J-CASTニュース”によれば、北海道で女性から男性へのDVの相談件数が、2006年では前年のおよそ5倍に急増したとのこと。
男性用の一時保護対策を検討しているそうですから、話しは穏やかじゃない。
ご同輩の皆さんも、明日は我が身かも知れませんよ。

これは統計があるのかどうか分かりませんが、男性の痴漢被害というのも現実に起きています。
私が直接本人から聞いただけで数名いますので、実際には相当の被害が出ているのでしょう。いずれも、加害者も男です。なかには繰り返し被害にあった男性もおり、ソノ手の男の好みだったりすると、狙われるのでしょうね。
被害を受けた時はすごいショックだそうで、会社を休んでしまった男性もいました。これを聞いて、痴漢被害というは深刻なものだと云う事が理解できました。

女から痴漢行為を受けたという男性もいて、どうせ冗談だと思っていたら、それが違うんですね。
20代の女性本人から、電車の中で男の太股に触ったことがあると、告白されたことがあります。たまたま電車の中で、近くに好みのタイプがいて、ついつい触ってしまったのだそうです。被害者の男は一瞬ビクっとしたけど、文句は言われなかったとか。若くてチャーミングな女性でしたから、あまり腹が立たなかったのでしょうね。
ウラヤマシイ~~。
面白いのはこの女性、自分が痴漢をされた時は、下車してから後を追いかけ、いきなりその男の後頭部をぶん殴ったそうで、やはりヴァイオレンスな女というのもいるんです。

こうなると痴漢を防ぐには、女性専用者だけでは不十分です。
ボクは以前から痴漢専用車を作るのが一番良いと思っています。この車両では免罪として、好きなだけ出来るという車両にするんです。その代わり、他の車両でやった場合は厳罰です。
効果が上がると思うんですがねぇ。

そのうち、女性の男子暴行魔が現れるかも知れませんね。
「えーと、男の人の長い行列が出来てますが、なにかあるんですか?」
「いやね、近頃この辺りに若い女の強姦魔が出るっていうんで、もう大変な人気なんだ。だからこうやって並んで、襲われるのを待ってるんだよ。」
「あなたはまた、随分と前のほうですね。」
「何しろ朝の6時から並んでるんだからね。前から5番目だから、運が良けりゃ被害にあえるんじゃないかと思ってさ。」
「だけど表でこう長時間待たされるんじゃ、ツライでしょう。いっそ順番を書いた券を配っておいて、どこかで休憩してれば、いいんじゃないですか。」
「それは、ナンという券だい?」
「生理券。」

失礼しました!

|

« 圓楽と談志それぞれの美学 | トップページ | 今日は何の日「ビキニデー」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/14066693

この記事へのトラックバック一覧です: 男が襲われる時代に:

« 圓楽と談志それぞれの美学 | トップページ | 今日は何の日「ビキニデー」 »