« 意味不明な空港での保安検査 | トップページ | 「扇遊・鯉昇・喜多八」三人会 »

2007/04/08

国立演芸場4月上席

Utaji扇辰、市馬、歌司と実力派が揃う国立演芸場4月上席へ。

三遊亭司「看板のピン」
もう少し壷振りの稽古をして下さい。
神田織音「青葉の笛」
女に向かない古典芸能の世界でも、講釈師と浪曲師は別。
しっかりした口調で好感が持てるが、人物によりセリフ回しが変わらず、平板な印象。
入船亭扇辰「野晒し」
入船亭扇橋一門は、師匠の影響か上手い噺家が多い。ただ上品過ぎるキライがある。
品が悪くちゃいけないが、噺家なんだからあんまり品が良すぎてもイケナイ。
扇辰は出だしがやや固かったが、途中から快調になり、最後は三代目春風亭柳好ばりに明るく賑やかに。
この「野晒し」は、この日一番の出来だった。
東京二・たかし「漫才」
相方を失った漫才師というのは、実に辛いものだ。見ていて、こちらまで辛くなる。
柳亭市馬「真田小僧」
前座噺で、中トリにしては軽目のネタかと思わせたが、さすが市馬はキッチリと演じた。
若手のお手本になる芸です。

仲入り後
桃川忠「紙切り」
初見だったが、ご本人の芸より、お土産が二人と現金が二人、客席から高座に手渡されたのに驚いた。
ご祝儀を贈るなら、楽屋に届けるのが礼儀だろう。
寄席の雰囲気を壊すので、是非止めて欲しい。
話は変わるが、最前列で両足を投げ出して終始熟睡していたオバサンがいたけど、この人、この前もずっと同じ恰好で寝ていた。
寝るのは勝手だが、熟睡をしにくるなら最前列は避けて欲しい。
本を読んだり、携帯メールをする人も、やはり最前列は避けてくれと言いたい。
桂南喬「肥甕」(または「家見舞い」)
この日一番客席を笑わせたのが、この人。明るい芸風が良いですね。
柳家紫文「俗曲」
音曲の芸人で、声が悪いのは致命的。
聴くに堪えない。
トリは、三遊亭歌司「百川」
一口で言えば、噺にメリハリがなく、退屈な高座。
言い間違いが目立ち、期待はずれの出来だった。

仲入り後が全体にパッとせず、不満の残る定席だった。

|

« 意味不明な空港での保安検査 | トップページ | 「扇遊・鯉昇・喜多八」三人会 »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/14600519

この記事へのトラックバック一覧です: 国立演芸場4月上席:

« 意味不明な空港での保安検査 | トップページ | 「扇遊・鯉昇・喜多八」三人会 »