« お知らせ | トップページ | 第2回若手研精会OB連落語会「昔若庵」 »

2007/04/02

石原慎太郎の争点ぼかし戦術

20日ぶりにエントリーを再開して、またもや石原慎太郎ネタというのは若干気が引けますが、どうもこの人には一言いっておかねばならない気持ちを抑え切れません。
都知事選が1週間後に迫っていますが、どうも今回の選挙は盛り上がっていない。かつての選挙の“首都燃ゆ”とは程遠い状況です。
選挙が盛り上がらないという事は、必然的に現職有利と言うことになり、事実世論調査の結果でも石原氏優勢が伝えられています。

この大きな要因としては、石原氏の争点ぼかしの戦術が奏功しています。
早く言えば、死んだフリ。
石原氏の公約ビラ(マニフェスト)の一面は、「少しは反省してよね だけどやっぱり石原さん」のスローガンが掲げられています。先ずは反省という所を見せているのでしょう。
しかし石原慎太郎の辞書には、元々「反省」という言葉は無いんですね。
会見やインタビューでも、税金の浪費や都政の私物化に対しては、都民への説明が足りなかったという事しか言っておりません。これからは一切ヤメルとは、言っていない。
こうしてオモテ・ウラを、巧妙に使い分けています。

もっと驚くのは、石原氏が福祉の充実を言い始めたことです。
従来の「何が贅沢かといえば、まず福祉」という主張は、どこへ行ったんでしょうね。
公約に「中学生までの医療費無料化」を掲げているようですが、こんな事その気になれば、過去の知事時代にいくらでも実現出来た筈でしょう。
盲導犬のエサ代補助まで削って、都の福祉・保健予算を400億円以上削減してきた張本人の「変身」ぶりには、眉に唾をつけて見る必要がありそうです。

戦後、国民の大半がマトモな食事にありつけなかった時代に、湘南でヨット遊びしていた人物ですから、石原氏が庶民の生活や福祉に関心を持たないのは、ある意味当然なのでしょう。
それなら選挙目当てに、福祉の充実などと言わないことです。

選挙戦が盛り上がらないもう一つの要因としては、有力な対抗馬と目されている浅野史郎氏が、石原氏に対して明確な対立軸を打ち出してこなかった事があげられます。
都知事選の大きな争点の一つである東京オリンピック招致について、浅野氏はつい最近まで「立ち止まって考える」という見解でした。
「オリンピック開催準備基金」に毎年1千億円も積み上げていくという石原都政の方針に対して、これでは何も考えを持たないということに等しい。

肝心の福祉政策についても、宮城県知事時代の施策を見ると、寝たきり老人への介護手当の打ち切り、特養老人ホームへの補助の打ち切り、民間保育所への助成金廃止など、福祉を重視してきたとはいい難い。
結局、過去の石原都政を引き継ぐのか、これを転換させるのか、浅野氏の旗幟は未だ不鮮明です。
ここが実に歯がゆい、じれったい。
石原vs.浅野の対決が、コップの中の嵐にとどまっていることが、都知事選がもうひとつ盛り上がらない原因なのでしょう。

今回の都知事選候補者の中で、唯一石原氏と全面対決の姿勢を示していると思われのは、吉田万三氏です。
しかし、いかんせん当選ラインに程遠く、現状では吉田氏が得票を伸ばせば、結果として石原氏に有利に働くという、なんとも皮肉な状況です。

このままでは、石原慎太郎の高笑いに終わりそうな、イヤな予感がする都知事選となりました。
(時節柄、画像は省略です)

|

« お知らせ | トップページ | 第2回若手研精会OB連落語会「昔若庵」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

home9さん

 東京都もあくまでも地方自治体の一つ。
 このあたりをこの御仁勘違いしているのが、そもそもの始まりかも。
 以前、教育問題かなんかで、世界的に著名な(世界的に言えばこの御仁より数段有名な)西沢潤一さんと同席したとき、この御仁、西沢さんのことまったく知らなかった。
 井の中の蛙だから。
 ところで、相撲取りを読んだ川柳に「一年を二十日で暮らすいい男」というのがありますが、「四年に一度十日で暮らす男」はどうなんでしょう?

投稿: 柴田晴廣 | 2007/04/03 07:50

柴田晴廣さま
コメント有難うございます。
ヤンチャ坊主がそのまま大きくなったような石原慎太郎ですが、周囲が余りにチヤホヤしたばかりにすっかり勘違いし、「小皇帝」に成り切っています。
かくもイカガワシイ人物がなぜか人気があり、高い支持率に支えられている点に、民主主義の危うさがあります。
得体の知れぬ女占い師だの、霊媒師だのがTV界を闊歩しているのと似ていますね。
世の中が健全でない証拠でしょうか。

投稿: home-9 | 2007/04/05 06:27

 「ヤンチャ坊主がそのままおおきくなった」というより「お山の大将がそのまま裸の大様になった」ように思います。

投稿: 柴田晴廣 | 2007/04/05 13:53

柴田晴廣様
>「お山の大将がそのまま裸の大様になった」ように思います。
まさに正鵠を射ています。

投稿: home-9 | 2007/04/05 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/14493159

この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎の争点ぼかし戦術:

« お知らせ | トップページ | 第2回若手研精会OB連落語会「昔若庵」 »