« 石原慎太郎の争点ぼかし戦術 | トップページ | 意味不明な空港での保安検査 »

2007/04/05

第2回若手研精会OB連落語会「昔若庵」

Shinkyo「昔若庵」(じゃくじゃくあん)という名前の落語会ですが、月一の若手研精会を卒業した落語家が出演する会で、今回が2回目です。
4月4日に国立演芸場で行われた会ですが、完売のわりに空席が目立ったのは、直前に降り出した季節外れのみぞれのせいでしょうか。
常連が多いのか、客席のあちこちで挨拶する姿があり、なかなか和やかな雰囲気の会です。

開口一番は、現役の春風亭一之輔「代脈」。
続いては桂平治「源平盛衰記」。
落語協会のイジメ(平治は芸術協会)にあっていると、ひとくさり。後から出てくる喜多八をアヘン中毒者みたいだと言ってましたが、ピッタリの表現です。
「源平」は地噺(ぢばなしー会話よりナレーションが主体の噺)の代表的作品ですが、平治自身が言っていたように、最近高座にかかる機会が減りました。
骨が折れるわりには、笑いが取りにくいのが原因なのでしょう。
平治は十代目桂文治の弟子ですが、芸風が師匠そっくりです。独特のトボケタ味がよろしい。
随所に挟み込んだギャグも面白く、楽しめました。

柳亭市馬「雛鍔」(ひなつば)。
いつ聴いても市馬は上手い。安定感がバツグンです。
このネタは、植木職人の家庭を舞台にしながら、噺全体に品がなくてはいけない、この辺りのアンバイが実に良く仕上がっています。

入船亭扇遊「お見立て」。
どうもこのネタは、志ん朝の名演が耳に残っているせいか、誰の噺を聴いても不満が残ります。
扇遊の高座も悪いわけではないんですが、物足りない。
この噺の眼目は、花魁の喜瀬川に頼まれて若い衆の喜肋がウソを重ねるのですが、次第に田舎のお大尽・杢兵衛の粘りに、心理的に追い詰められていく所です。
扇遊はここが足らないので、最後のオチが利いてこない。

仲入り後、
柳家喜多八「あくび指南」
面白い「あくび指南」でした。
名人志ん生の十八番でしたが、現役では当代の金原亭馬生が最高と思っておりました。
喜多八は独特の「間」の可笑しさで、志ん生に迫ります。
こういう短い滑稽噺を聴かせるのかどうかで、最も落語家の実力が試されるのです。

トリは古今亭志ん橋「風呂敷」
このネタは滑稽噺というより、むしろ艶笑譚に属するものです。
志ん橋はヘッドスキンで、落語家としてはやや強面、ドスの利いた声と喋り方は講釈師に近い。
酔っ払いの亭主、町内の頭共に性格描写が良くできていました。
欲を言うと、おかみさんにもう少し色気が欲しいところですが、全体としては出来の良い「風呂敷」に仕上がっていました。

実力派の熱演が続き、外の寒さを吹き飛ばしてくれた落語会でした。

|

« 石原慎太郎の争点ぼかし戦術 | トップページ | 意味不明な空港での保安検査 »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/14563068

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回若手研精会OB連落語会「昔若庵」:

« 石原慎太郎の争点ぼかし戦術 | トップページ | 意味不明な空港での保安検査 »