« 社会保険庁の保険金詐欺 | トップページ | 思い出の落語家⑦ 八代目桂文楽に見る「名人」の条件(下) »

2007/05/26

ツアーな人々(旅行の鉄人たち)

Eromana海外ツアーで一緒になった人と、挨拶代りに最初に交わす会話は、たいていが「どの位旅行されています?」です。
その「どの位?」は、渡航回数や訪問国の数を意味しますが、やはり興味の中心になるのは、過去にどの国へ行ったのかです。

普通にパッと頭に浮かぶ外国の名前をあげると、大体50-60ですから、60ヶ国程度訪問したとなると、ああ世界各国に行きましたねということになるわけです。
ここ1-2年のツアーで、訪問国が100ヶ国を超えるという人に数名会いました。ここまで来ると、名前を聞いたことあるなという程度の国も含まれてきます。
周囲も、やあすごいですねぇという反応になります。

仕事で頻繁に海外に行った人を除くと、普通は定年過ぎてから、あるいは子供が独立してからようやく自由に旅行できるようになります。
仮に定年60歳で、2ヶ月に1回、1ヶ国の割合で旅行に行ったとして、100ヶ国に達するのは17年間掛かりますから、容易なことではありません。
実際には、同じ国を何回も訪れたり、1回で数カ国訪問するケースもありますので、そうしたことが相殺され、100ヶ国超を達成した人の年齢は、概ね70代後半です。
男性の場合、その辺りで平均寿命に到達しますので、旅行の上がりが人生の上がりになるわけです。

費用も大変です。
1ヶ国平均20万円とすれば、100ヶ国では2000万円。夫婦で旅行していれば、倍の4000万円。ご夫婦でいつもビジネスクラス利用という人もいますから、旅行費用だけで1億円くらい掛かることになり、さてはご自宅に金の生る木でも持っておられるのかと、ついつい邪推してしまいます。

全世界制覇を目標にしている方も複数いました。
現在国連加盟国が192ヶ国なので、先ずはそれを目標にしようという意気込みですね。
しかし実現は容易ではないでしょう。
普通の旅行社が取り扱っているツアーだと、およそ140カ国位が限界だそうです。
そうなると、小回りの利く小さな専門旅行会社に企画して貰うことになりますが、最低6-7名の人数が集まらないと、ツアーが催行されません。
行き先がマニアックになってくるので、人集めが難しくなるようです。
それ以前に、今の時点でイラクやアフガニスタン、北朝鮮(経済制裁以前はツアーがありましたが)へどうやって行くかという問題があります。

そういう人々同士、結構情報交換をしているようで、現在192ヶ国制覇を目指している人の人数は日本全体で150名程度と推定されているようです。
つまり日本の人口当たり100万人に一人の割合、1ppmですから貴重な存在です。

しかし世の中、上には上がいるもので、例えば「世界制覇カウントダウン!」というHP(http://plaza.rakuten.co.jp/mugutoshi/)がありますが、この運営者は既に訪問国180ヶ国に到達しています。
更に、「荻野洋一のずんずん世界紀行」のHP(http://www.rom-in.jp/ogino/ogi_top.htm)で、荻野さんのプロフィールを見ると、
“1966年以来、現在までに訪れた国は日本を含め全ての独立国(194カ国)と地域で合計242。世界最多国訪問の日本記録を持つと同時に、世界のすべての国と地域(およそ250カ国)へ行くというギネスブックの世界記録にも挑戦中。”
と紹介されています。
この他、ご夫婦で世界204ヶ国を周ったというHPもあります。
ここまで来れば、鉄人と呼んで良いでしょう。

無論、訪問国数を追い求めるだけが旅行ではありません。本来は自分の楽しみで、行きたいところへ行くというのが本筋です。
旅行好きの方の中にも、特定の国しか行かないという人もいます。楽しみ方は、人それぞれですね。

この他、風変わりな旅行をしている方のサイト「世界の『珍』名所 大集合」(http://ankyo.at.infoseek.co.jp/chinmei.html)というのがあります。
世界には、「スケベニンゲン」とか「チンコ川」、「シリフケ」、「オナラスカ」といった、珍しい名前の場所があります。
国内にだって、「馬鹿川」とか「ヤリキレナイ川」といった珍名があるのですが、このサイト運営者は、そうした国内外の珍名の場所を個人で訪れて、その紀行文を書いているところがスゴイ。

特定のしかも観光地でない場所を、ピンポイントで訪問するのは、とても大変なことです。バヌアツ共和国にある「エロマンガ島」に行くなんて、フツーは誰も考えませんからね。
この方こそ、究極の酔狂な旅行者と言えるでしょう。

|

« 社会保険庁の保険金詐欺 | トップページ | 思い出の落語家⑦ 八代目桂文楽に見る「名人」の条件(下) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この人に聞いて見なきゃ

投稿: zipmaro | 2010/01/10 23:04

僭越ながら、自己紹介します。
小生(78歳)は272の国と地域を制覇し、ワールド・トラベラーと呼ばれています。
詳しくはホームページ:世界の人形館 http://www.world-doll-wdm.com/をご覧下さい。
また、著書も以下の通り沢山あります。ご参考まで。
『272の国と地域を制覇した77歳のワールド・トラベラーはたった1人で紛争地を旅した!(幻冬舎)』
『トラベル・イズ・トラブル―安全な旅は退屈だ!!(ルネッサンス・アイ)』
『ワールド・トラベラーだけが知る素顔のイスラム(新潮社)』
『私はワールド・トラベラー(文芸社』

投稿: ワールド・トラベラー(高) | 2015/10/24 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/15205556

この記事へのトラックバック一覧です: ツアーな人々(旅行の鉄人たち):

« 社会保険庁の保険金詐欺 | トップページ | 思い出の落語家⑦ 八代目桂文楽に見る「名人」の条件(下) »