« 第三回ワザオギ落語会@国立演芸場 | トップページ | こんなモノいらない!「公安調査庁」 »

2007/06/11

「1年で年金照合」はヤッパリ無理か-どうする安倍晋三サン

Abe_shinzo_2安倍総理は先日、全ての年金記録を1年以内に照合することを公約しましたが、当ブログで指摘したように早くも難航が予想されています。
公的年金の加入記録をめぐっては、誰のものか確認されていない5000万件の記録の問題とは別に、1430万件の古い手書きの記録がコンピューターに入力されていないことが明らかになっています。

社会保険庁が全ての情報を出していたとは考え難く、これからも調査が進むほど、次々と記録漏れが表面化する恐れがあります。
最初に約束したのは5000万件であり、その後の明らかになったものは別扱いと主張したいのでしょうが、そうか行かない。
完全な照合というのは、全ての記録が出揃わなければ不可能です。
だからこっちの記録は完全に照合したが、こっちの記録は後回しという理屈は成り立たない。
照合作業を甘く見てはいけません。

柳沢厚生労働大臣は、5000万件の問題に次ぐ優先度で取り組んでいきたいという考えを示しました。
早くも逃げ腰です。
1430万件の古い記録は、マイクロフィルムに保存されているため、記録を一つ一つ人の目で照合する形を取ることになることから、一連の作業にどの程度の人手が必要なのか見通しも立っていないそうです。
でもなぜ今になって、こんな分かり切ったことを言い出すのでしょうか。
私には、政府が年金記録照合を本気で取り組むつもりが無いとしか見えません。

今になって年金問題の犯人探しが始まっているようですが、これはハッキリとしていると思います。
保険料の徴収は厳しくするが、できるだけ年金は払いたくないという政府の方針によるものです。
社保庁職員の怠慢が言われていますが、公務員は上を見て仕事をします。
怠慢にして貰った方が年金の支払いが少なくて済む、だから労使協調でデキトーに仕事をしていたのが実情でしょう。
犯人は歴代の政府です。

安倍政権としてこうした過去を清算するためには、年金記録の完全照合を行うしかありません。
先ず全ての記録漏れとミスを洗い出して作業の全容を把握し、照合に要するマンパワー、作業日数を積算し、スケジュール(期限)と予算をプランニングする。そうして立案した計画案を提示し国民の理解を得る、これが最善策であったと思われます。
例えば、「3年間待ってくれ、その代り今度こそ完全な記録を作成する。」と約束すれば、それでも多くの国民は理解してくれたと思います。

処が安倍首相は、目前の参院選向けスタンドプレーで、出来もしない1年以内の実施を国民に約束してしまった。
約束が果たせなければ、全ての責任を安倍首相が負うことになります。
この問題が、安倍政権の命取りになるかも知れません。

|

« 第三回ワザオギ落語会@国立演芸場 | トップページ | こんなモノいらない!「公安調査庁」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

home-9さん
 私のようなしがない自営業者にとってもっとも縁遠いのがボーナスです。
 そろそろ公務員のボーナス支給額が話題に登る季節となりました。
 ボーナス、日本語では賞与です。怠けていても賞与がもらえる。こうしたこと自体がすでに矛盾。
 社保庁はじめ、その上部組織の厚労省の役人さん、今夏のボーナス、いや賞与、やはり当たり前のように貰うのでしょうね。
 賞罰という言葉があるように、賞与に対しては罰金。私は公務員には、夏と冬に賞与の代わりに罰金を科さなけりゃいけないように思うのですが

投稿: 柴田晴廣 | 2007/06/12 09:36

柴田晴廣さま
せっかく投稿頂きながら、休んでいたためご返事が遅れ申し訳ありません。
社会保険庁の職員につぃては一部ボーナスを返上するようですし、首相や厚労相などは全額返上とのことです。
ですがこれで全て解決、ミソギが済んだとされたのでは、堪ったものではありません。
全ての国民の年金調査と、支払いを完全に実施することが先ず急がれます。

投稿: home-9 | 2007/06/30 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/15393034

この記事へのトラックバック一覧です: 「1年で年金照合」はヤッパリ無理か-どうする安倍晋三サン:

« 第三回ワザオギ落語会@国立演芸場 | トップページ | こんなモノいらない!「公安調査庁」 »