« 又もや原発放射能漏れの「事故隠し」 | トップページ | 赤城農水相の「顔」は辞任のサイン »

2007/07/17

「丸川珠代」に見る被選挙権のアイマイさ

自民党公認で参院選東京選挙区から出馬している丸川珠代氏が、7月16日丸川氏が期日前投票をするため、報道陣を引き連れて新宿区役所を訪れた際に、選挙人名簿に名前がなく、投票できなかった事が判明した。
丸川氏は2003年6月にニューヨークに赴任したのに伴い、住民票の転出届を出していた。処が翌年6月に帰国したが、今年4月に転入届を出すまで放置していたため、投票が出来なかったものだ。
その間彼女は日本人ではあるが、外国に居住していることになっていたわけだ。

ここでオカシイと思ったのは、投票が出来ない人がなぜ立候補出来たのかという疑問だ。
参議院を例にとれば、選挙権は20歳以上の、被選挙権は30歳以上(衆議院は25歳以上)の日本国籍を有する者であることが条件となる。
しかし選挙権を持っていても、実際に投票するためには、市町村の選挙管理委員会が管理する名簿に登録されていなければならない。
つまり「選挙人名簿」に登録されていなければ、実際には選挙する権利が無いということになる。

選挙人名簿に登録される要件としては、その市町村内に住所を持つ年齢満20歳以上の日本国民で、その住民票が作られた日(他の市町村からの転入者は転入届出をした日)から引き続き3ヶ月以上、その市町村の住民基本台帳に記録されている人が条件となる。
つまり選挙できるのは、日本国民であって一定の住所に安定して居住していることが求められているわけだ。

先ほどは国会議員の被選挙権を記したが、これが県議や市町村議員となると、被選挙権は次の条件が付けられている。
・満25歳以上の日本国民
・引き続き3ヶ月以上同一市町村の区域内に住所のある人
つまり地方議員の場合は、一定の居住を続けていなければ、立候補できないわけだ。

こうして見ていくと、立候補するより投票する方が条件が厳しく、被選挙権も国会議員より地方議員の方が条件が厳しいという、オカシナ制度となっている。
丸川珠代氏のように選挙に投票する権利はないが、立候補する権利はあるというのは、制度が矛盾していると思う。
民主主義の精神からいけば、誰でも選挙に参加できるというのは必要なことだろう。
それなら選挙権に一定期間の居住(住民登録)を義務付けるのであれば、被選挙権にも同様の条件を求めるべきだろう。

丸川珠代氏が住民登録していなかったという事実は、住民税にも係ってくる。
住民税は、毎年1月1日の時点で住民登録している住民に対し、自治体が徴収する。元日に住民登録されていなければ、自治体は捕捉できないため、住民税を納付しなくても良いということになる。
事実こうした制度を利用して、脱税している人もいる。
丸川氏の場合は被雇用者であったため、会社から住民税が天引きされていて、納税されているとの説明があったが、本来は税金を納める義務はない。
そうなると、税金を納めていなくても立候補は出来るということになり、これも変な話だ。

もう一つ、丸川氏は2004年6月以後、一度も投票した事が無いという事実も明らかになった。
そうした人物を、女子アナで人気があるからといって担ぎ出した、自民党側の責任が問われるだろう。
安倍首相が直接立候補を要請したのだが、「美しい国」とはその程度のことか。

|

« 又もや原発放射能漏れの「事故隠し」 | トップページ | 赤城農水相の「顔」は辞任のサイン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

丸川珠代さんのおかしな現象というか事実が発覚しましたね。
彼女が政治に対してどれだけの情熱があるか知りませんが、参議院自体盲腸みたいにあってもなくても同じような機能に成り下がってるんで、当選してもたいした能力がなくとも勤まるのかもしれませんね。
ま、それは衆議院とて同様で、政治家は選挙に当選することばかり考え、国民のためには動きませんからね。
今回の中越沖地震の被災者の皆さんが、元通り生活できるように一刻も早く対処してほしいもんですが、これとて満足のいく対処はできないでしょうね。
それは3年前の中越地震を見ても明らかですから。
横道にそれて申し訳ありません。

投稿: dejavue | 2007/07/17 19:51

dejavue様
コメント有難うございます。
タレントが政治家になること自体は悪いことではありませんが、それなら志が必要です。
丸川珠代の今回の言動を見る限りは、とても政治への志があるとは考え難い。
石原事務所が全面バックアップしていますが、有権者の支持は得られないのはないでしょうか。

投稿: home-9 | 2007/07/18 04:52

このごろテレビを見ていると、女子アナの顔がみんな候補者に見えてくるのです。弁護士とか経済アナリストが出るバラエティー、異種格闘技の選手も候補者に見えます。明日は眼鏡屋さんで眼鏡を直そう。

投稿: ヒキノ | 2007/07/18 20:47

ヒキノ様
コメント有難うございます。
票が欲しいので有名人なら誰でも良いという政党と、ハクをつけたい有名人側の思惑さえ一致すれば、どんな人物でも立候補させてしまう、これが今回の丸川珠代騒動の根本です。
投票権の無い、今まで選挙に行った事が無い、そうした人物を選んでしまった安倍首相は、眼鏡を変えた方が良いでしょうね。

投稿: home-9 | 2007/07/19 05:52

選挙の前には、投票用紙が送られてくるのに、投票しようと思ったこともないから、投票の仕組み自体も、ご存じなかったのでしょうか。用紙が送られてくると、紛れ込まないように、保管するといった自覚もなかったのでしょうね。選挙に出向いて自分に選挙権があることをを何で証明しようと思ったのでしょうか。不思議です。

投稿: 街中の案山子 | 2007/07/24 12:36

街中の案山子様
コメント有難うございます。
想像するに丸川珠代氏は過去投票に行ったことが無かったと思われます。
投票が出来る人は、事前に入場券が選管から送られてきますので、それで分かる筈です。
そうしたルールさえ知らずにいたという事でしょう。
なぜそれで、立候補なんかする気になったんでしょう。

投稿: home-9 | 2007/07/24 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/15789630

この記事へのトラックバック一覧です: 「丸川珠代」に見る被選挙権のアイマイさ:

« 又もや原発放射能漏れの「事故隠し」 | トップページ | 赤城農水相の「顔」は辞任のサイン »