« 訂正記事 | トップページ | アベさんのボヤキ »

2007/07/21

不公正な参議院選挙

参院選もあと1週間と大詰めをむかえていますが、果たしてこの選挙は公正な制度によって行われているのかという、大きな疑問があります。

ここで中学校の社会科の教科書を思い出しましょう。
日本は議会制民主主義の国です。
この制度は、「選挙等のある一定の方法によって代表者を選出し、自らの権力の行使をその代表者に信託することで、間接的に政治に参加しその意思を反映させる政治制度をさす。」とあります。
つまり議員の選出にあたり、国民の意思が公平に反映される事が肝要なのです。

半面この制度の欠点としては、時の為政者や政権により、しばしば選出議員の民意反映特性が操作される事です。
支持の割合が51:49なのに、議員の数は100:0だったとしたら、これは議会制民主主義国家とは言えない。

選挙制度の公正さを示す尺度として、「一票の重さ」「一票の格差」という言葉を聞かれたことがあるでしょう。
これは選挙区ごとに、議員一人当たりの人口(あるいは有権者数)を比較したもので、議会制民主主義も下では、この数は同一であるべきです。
処が、今回の参院選でも格差が是正されたとはいえ、議員一人当たりの人口が最も少ない鳥取県を1とした場合、最大の神奈川県の比率はおよそ4.8倍、つまり5倍近い格差になっています。
数値が大きいほど、一票の重みは軽くなります。

こう書かれてもピンとこないかも知れませんが、分かり易くいえばこういうことです。
選挙では一人一票しか投票できない筈ですが、今回の参院選を例にとれば、神奈川県の人は一人一票ですが、鳥取県の人は一人で5票持っているわけです。
そしてある県では2票、ある県では3票といった具合に、住んでいる地域ごとに持っている票の数が異なるという事になります。

もし学校や自治会、組合でこんなルールで選挙が行われたら、皆さん怒り出すでしょう。
第一、住んでいる場所により、投票する権利に差がついているなら、それは憲法に違反しますよね。
処が、裁判所はそう考えないんです。
参院選について、過去の最高裁(大法廷)の判決をみると、以下のようになっています。

選挙実施年

最小最大比

判決年

 

1962

4.09倍

1964

合憲

1977

5.26倍

1983

合憲 11人、違憲状態1人、違憲1

1992

6.59倍

1996

違憲状態8人、違憲7人

1994年:制度改正(「4増4減」、逆転現象の解消)

1995

4.97倍

1998

合憲10人、違憲5人

1998

4.98倍

2000

合憲10人、違憲5人

2001

5.06倍

2004

合憲9人、違憲6人

つまり最高裁の判断では、最大5倍までは違憲ではないとしているんです。
5倍はOK,6倍はダメ、一体何を根拠にそう決めているんでしょうね。
判決理由を見ても、説明がサッパリ分からない。
分かったのは、裁判官というものは、随分と世間の一般常識とはかけ離れた人々だなという事です。

もっと不思議なのは、同じ最高裁の判断でも、衆議院の場合は格差が3倍を超えると違憲としていることです。ワケワカラン。
まさか、衆議院は参議院の半分にしとけ、と決めてるんじゃないでしょうね。
同じ国会議員選挙でも、こうも判断が違っている。裁判官の頭の中というのは、私には理解不能です。

一票の格差は単に議員選出の不公平にとどまらず、公共事業費の配分にも及んでいます。
ここでは衆議院を例にとって、一票の重さと、都道府県別の国民一人当たりの政府が支出する普通建設事業費(公共事業費)の数値を、エクセルを使って計算した結果、

両者の間の相関係数=0.80
になりました。

一般に相関係数が0.7を超えると強い相関ですから、一票の重さが重い地域ほど、公共事業費が沢山配分されているという結論になります。
逆に言えば、利益誘導型の傾向が強い地域、保守の地盤の強い地域から、相対的に多くの議員が選出される仕組みになっているわけです。
正に、「為政者により、選出議員の民意反映特性が操作されている」典型です。

神奈川県は鳥取県に比べ、投票の権利は5分の1、配分される公共事業費は10分の1以下ですから、正に踏んだり蹴ったりです。
昔なら、一揆が起きてますよ。

一票の格差を限りなく「1」に近づける、これは民主主義のイロハの「イ」ではないでしょうか。
先進諸国の例からしても、最大でも1.5倍以内にとどめるべきです。
国会議員は国全体をどうするかを考えるのですから、特に参議院については、地域代表は必要ありません。

全国一区比例代表制にすれば、格差は完全に解消できます。
議会制民主主義を守る上でも、公正な選挙制度に改める必要があります。

(数値は「一票の格差是正ウェブサイト」より引用)

|

« 訂正記事 | トップページ | アベさんのボヤキ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/15831985

この記事へのトラックバック一覧です: 不公正な参議院選挙:

« 訂正記事 | トップページ | アベさんのボヤキ »