« 「年金横領」はなぜ見過ごされてきたか | トップページ | 橋下徹弁護士のお気楽稼業 »

2007/09/05

この「被害者」高校生の実名報道を求める

神奈川県警は9月4日夜、電車内で悪ふざけをした高校生を注意し口論となり、殴ってけがをさせたとして、傷害の現行犯で県警大和署の巡査長(33)を逮捕しました。
この高校2年の男子生徒(16)が、電車内で拳銃の形をしたライターを乗客に向けふざけていたため、巡査長が駅を出たところで注意。ライターを取り上げるなどして、口論になったそうです。
県警は5日朝になって巡査長を釈放しましたが。書類送検する方針だそうです。

先ずこの事件の高校生の、学校名と実名を報道するよう、マスコミ各社に求めたい。
加害者なら未成年ですから名前は出せないですが、傷害事件の「被害者」ですから、堂々と実名を公表しても問題ない筈です。

それとマスコミにもう一つ注文があります。
今後電車内で迷惑行為があった時に、「乗客は見て見ぬフリ」という表現はやめて下さい。
今回の事件も、迷惑行為をしていた人間はお咎め無しで、注意した警官が逮捕されています。
迷惑行為をするようなヤツは、大体性質(タチ)が良くない人間です。
注意して相手とトラブルになり、もし怪我をさせたりすれば、傷害罪で逮捕されるとしたら、誰もが見て見ぬフリをしますよ。

この警官、酒を飲んでいたという点が唯一の欠点ですが、本来なら表彰状ものでしょう。

|

« 「年金横領」はなぜ見過ごされてきたか | トップページ | 橋下徹弁護士のお気楽稼業 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
私はhome-9さんがこれを取り上げるかもしれないと思っていた事件です。

つい先日NHKでは電車内でキレる大人の事件がが多発しているという特集がありました。

元を糾せば、
悪いことを見て見ぬ振りをできない人間本来が持つ正しいあり方を示したものが罰せられ、悪いことをしたのにも咎められない者がいることの不公正感。
厭な世の中になりつつありますね。
欧米なみの凶悪犯罪もさることながら、こうした小さな事件は急増しているような気がします。
昔は近所に必ず威厳を持った年寄りがいて、他人の子供でも叱りつけた。
なんていいたくもなります。

投稿: dejavue | 2007/09/05 20:33

dejavue様
コメント有難うございます。
拳銃の形をしたライターを社内の乗客に向ける、これは立派な犯罪でしょう。であれば現行犯逮捕であり、刃向かった高校生は公務執行妨害に問われます。
車内の迷惑行為を乗客が止めるためには、その結果負傷した場合の保障をどうするのか、相手に怪我を負わせた場合、どこまで正当防衛が認められるのか、法整備が必要です。
そこを抜きにして、見て見ぬフリばかり報道するマスコミの姿勢に一石を投じる、今回の事件です。

投稿: home-9 | 2007/09/05 21:38

このネタをブログにしようと思ってますが次から次へとネタ続出でまだ書けません。明日あたりHome9さんのブログを参考に書こう思います。
このニュースをうちのオバサンと見ていて「どうして~?逮捕されるのは高校生だ」、誰でもそう思いますね。新聞の見出しも「朝日」を除けばソウです。
かなり腕力のある警官だったのでしょうね。でなければ反対にやられています。
「奈良の妊婦事件」、「どうして母子手帳もってないの?」誰でもそう思いますね。事件の本質と離れますが。

投稿: ヒキノ | 2007/09/06 20:34

ヒキノ様
コメント有難うございます。
今回の事件、警察の発表通りであれば、高校生が悪いのに決まっています。非番だったと思われる警察官の行動は正当です。
処が、日本の今の法律では、高校生に罪は無く、警官が傷害罪に問われるのです。
こんなバカな事はない。でも、そうなんです。
そうしておいて何か起きると、「車内で見て見ぬフリ」と書かれてしまう。
一体マスコミはどっちの味方なのか、そういう気持ちで書いた記事です。
妊婦たらい回しも、構図は一緒です。

投稿: home-9 | 2007/09/06 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/16351447

この記事へのトラックバック一覧です: この「被害者」高校生の実名報道を求める:

» 報道事実の伝え方(拳銃型ライター殴打事件) [時評親爺]
神奈川県警の巡査長が、鉄道車内でリボルバー式の「拳銃型ライター」を車内乗客に向けて遊んでいた高校生を注意し、それから「口論」となり「平手打ち」し、結果巡査長が傷害容疑で逮捕された事件。これを巡る報道の差、と言うよりも事実報道のスタンスが垣間見えて大変興味深い。以下に各社の報道記事リンクとヘッドライン・要旨及び不肖の感想をまとめてみた。感想の要点として、A:「ライター」が「拳銃型」であったこと、B:それをして被害者は当初車内「乗客」に「向けていた」こと、C:巡査長がその行為を「注意」したこと、D:そこ... [続きを読む]

受信: 2007/09/06 15:15

« 「年金横領」はなぜ見過ごされてきたか | トップページ | 橋下徹弁護士のお気楽稼業 »