« 感動の舞台 前進座「俊寛」 | トップページ | 不正やめますか?終身雇用に戻しますか? »

2007/10/31

落語界の襲名バブル

Ippei落語家の林家いっ平が、10月31日記者会見し、2009年3月に父の高座名だった林家三平を襲名すると発表した。
オメデタイ話に水をさすわけではないが、現在の林家いっ平の実力が、真打の水準に達していないのは、落語ファンの多くは先刻ご承知。先ずは芸を磨くのが先決だろう。
実兄のこぶ平の、林家正蔵襲名のお祭り騒ぎは記憶に新しいが、先代との余りの芸風の違いに、戸惑ったファンも多かったと思う。彼が襲名を機に、芸が飛躍したとも思えない。
兄が祖父の芸名を襲名し、弟は父の芸名を襲名する、落語界はいつから世襲制になったんだろう。

その林家三平、昭和の爆笑王とされているが、一体どの位の人々が三平の高座を観て、実力を知っているのだろうか。
以前の記事にも書いたが、私はそれほど面白いとは思わなかった。
「爆笑王」というネーミングだけが、一人歩きしているのではなかろうか。

現在、林家木久蔵親子のダブル襲名興行が、華々しく行われているが、その木久蔵自身が襲名されて騒ぐ程の実力があるのだろうか。いつ寄席に出ても、“笑点”の楽屋オチか、昭和芸能史と称する漫談でお茶を濁している。古典が出来る力があるのに、やらないのだ。客をナメテいるとしか思えない。
“笑点”人気に寄りかかって、芸の修行を怠った噺家の、襲名ウンヌンなど片腹痛い。
国立演芸場12月中席で、彼らの襲名興行があるが、15-16日の土日は公演が無いそうだ。こんなことは前代未聞ではなかろうか。
肝心の二人が他の予定が入っていて出演できないのだろうが、それなら小屋が襲名興行を断れば良い。
天下の国立が、何で芸人の都合に合わせて、こんな無理な興行を組むのか。

昨今の襲名ブームだが、つまるところ襲名興行で客を呼ぼうという下心がミエミエだ。
実力などそっちのけで、興行を最優先する、これではボクシングの亀田一家を笑えない。
寄席ブーム、落語ブームと言われているが、所詮ブームだの人気だのというのは、実に頼りにならないものだ。昨日まで面白かったものが、今日はつまらない、それがお笑いの世界の恐さである。
頼れるものは、実力しかない。

落語界も実力を伴わない襲名バブルで浮かれていると、そのうち「いっ平」返しならぬ、しっぺ返しがくる。

|

« 感動の舞台 前進座「俊寛」 | トップページ | 不正やめますか?終身雇用に戻しますか? »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

どうも。

やはりそう思いますよねぇ。
最近やたらと襲名ブ-ムで、その名前相応の芸を持っている方が襲名するのなら良いかも知れませんが、芸を持っていないのに襲名するのはいかがなものかと…。ただ単なるお祭にしかなりません。私の偏見ですが、襲名は軽々しいものではないと思います。本当に昨今は安易に襲名が行われているような気がします。九代正蔵師は鈴本のお席亭からの推薦だそうですが、今回の「三平襲名」は誰が推薦したものなのでしょうか?

投稿: 落語大好き23歳 | 2007/11/03 11:36

落語大好き23歳様
コメント有難うございます。
正蔵、木久蔵、そして今回の三平と相次ぐ林家一門の襲名は、小朝がプロデュースしているようです。
襲名人気で落語人気を盛り上げようという意図は分かりますが、長期的にはプラスになるとは思えません。
作られたブームは、萎むのも速い。むしろアザトサが鼻に付いてくるのではないでしょうか。

投稿: home-9 | 2007/11/03 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/16932957

この記事へのトラックバック一覧です: 落語界の襲名バブル:

« 感動の舞台 前進座「俊寛」 | トップページ | 不正やめますか?終身雇用に戻しますか? »