« 「再生紙」が環境を破壊する | トップページ | 「生協(co・op)」の看板が泣く »

2008/01/31

「能」と言える日本人

Noh_butai周囲に歌舞伎や寄席に行ったことがない人がいると、「東京に住んでいながら、芝居も寄席も行かないというのはモッタイナイ。」などと偉そうな事を言っていたが、恥ずかしながら「能」というものを見たことがなかった。大概の古典芸能には一度や二度接しているが、能楽だけは縁が無かった。
そこで今回初めて能を観賞すべく、1月30日国立能楽堂に赴いた。

先ず目を奪われたのは、劇場の立派なことだ。たっぷりとした敷地に建てられていて、他の国立劇場とは、金の掛け方が違う。
会場内には中庭や展示室があり、休憩所のスペースも広い。内装も風格がある。
同じ国立といっても、能楽―歌舞伎―オペラー寄席という厳然たる序列が出来ていることを実感。

客筋も違いますね。和服の女性客が多いのが目に付く。それと外国人の姿が多い。
そのためか、場内放送が英語でも流される。前の座席に液晶モニターが備えられ字幕が表示されるが、これもボタンで日本語/英語が切り替えられる。
何だか日本を代表する古典芸能を観賞しに来たという感覚が、ジワジワと湧いてくる。
平日の昼にも拘らず、600席余りの座席はほぼ埋まっていた。固定客がいるんですね。

この能楽堂で行われる公演の殆んどが、能と狂言の二本立てになっている。
当日の演目は次の通り。

【狂言】惣八(そうはち) シテ・山本則俊(大蔵流)
金持ちの屋敷に、元料理人の出家と、元出家の料理人が召抱えられるのが発端。主人から言いつけれた仕事を、二人が入れ替わって行ってしまうというストーリー。中世の日本で出家した人がたやすく還俗していたという風潮を諷刺したもの。
やあ、狂言はいつ見ても面白い。諷刺の精神こそ、笑いの基本であることが再認識させられる。

【能】難波(なにわ) シテ・田崎隆三(宝生流)
「高き屋にのぼりて見れば煙立つ民の竃(かまど)はにぎわいにけり」という歌で有名な仁徳天皇の善政を偲ぶストーリー。
「難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」と歌ったとされる、仁徳天皇即位の功労者・王仁の霊が主人公(シテ)の物語である。
開幕といっても幕は無いが、先ず楽器の演奏が始まる。
能楽の楽器は、笛、小鼓、大鼓、太鼓の4種類だが、この音が実に良い。聴いているだけで気持ちが和んでくる。
演者はすり足で静かに登場するが、まるでスローモーションを見ているような感じだ。演者の抑制された動きと、楽器演奏と地謡の声とが独特のハーモニーを構成していく。
音だけ耳から入ってくるが、時折演技は飛んでいる所を見ると、眠っていたのかも知れない。夢と現の間を行ったり来たりの時間は心地良い。
でも、途中休憩無しの約2時間は、正直言ってかなり退屈。来月もまた是非来ようと言う気分にはなれなかった。
近くにいた年配のご婦人同士が、「とても素敵でしたね」と会話を交わしていたが、そうした心境に達するまでには相当の距離がある。

それでも、今日から私も「能」と言える日本人。

|

« 「再生紙」が環境を破壊する | トップページ | 「生協(co・op)」の看板が泣く »

演劇」カテゴリの記事

コメント

home-9さん、こんにちは(^-^*)/

Home-9さんの記事から、私の住む街との違いを実感するのは、
「寄席」などの記事から受ける下町情緒です。
京都でも鑑賞できる「歌舞伎」「能」・・・と、私はどれも鑑賞の経験がありません。
最近の音楽ホールのように、オペラやクラシック歌曲を翻訳ボードを読みながら聴くみたいに、
外国人でも鑑賞しやすくなっているのは素晴らしいですね。
日本の古典伝統芸能の格調高いものになれば、
もしかすると、外国人の方が理解されているのかもしれませんね。
私も、海外ではできるだけその国の伝統文化に触れようと、
積極的に鑑賞にでかけているもので~。(苦笑)

投稿: うさぎ | 2008/02/04 09:00

うさぎさん、おいでやす。
桂米朝の落語「三十石」を聴くと、出町柳から京の町に入り、三条大橋を渡り、河原町通りを下り、祇園さんを通って伏見に向う道中の名所案内が語られています。京都を度々訪れていますので、聴いていて風景が眼に見えるようです。
この中で四条通りを挟んで、北座と南座の二つの歌舞伎座が向かい合わせになていたと紹介されており、これは日本全国でも京都しかなかったそうです。
さすが、歌舞伎など伝統芸能の発祥の地だと改めて認識しました。
能や禅、却って外国人の方が詳しかったりして、これは少々考え物です。

投稿: home-9 | 2008/02/04 22:15

まったく灯台下暗しです。(汗)
京都が伝統芸能の発祥の地だということは、
他の地方へ行って認識させれれる事が、多々ありますから~。(-_-;)

投稿: うさぎ | 2008/02/07 17:11

うさぎさん、私もその「もと暗し」の一人です。
東京に住んでいながら、東京タワーも登っていないし、東京ディズニーランドも行ったことがありません。
妻と、はとバスに乗って東京見物に行こうかと話していますbearing

投稿: home-9 | 2008/02/08 03:17

 
 急に友人の発表会に行く事に成り、能「難波」を調べていました。

 このブログ、とても参考になりました。劇場の雰囲気、様子などとても参考になりました。敷居が高く躊躇しておりましたが頑張って出かけようと思いました。

 本当に有難うございました。

投稿: betty66 | 2009/06/10 13:32

betty66様
拙文がお役に立ったようで、嬉しく思います。
その後何回か能を観賞しており、未だ魅力にとりつかれたという心境には達していませんが、少しづつ理解は進んでいると思います。
先ずは、あの空間であの時間が過ごせるというのが、私としては最大の魅力のようです。

投稿: home-9(ほめく) | 2009/06/10 15:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/17907701

この記事へのトラックバック一覧です: 「能」と言える日本人:

« 「再生紙」が環境を破壊する | トップページ | 「生協(co・op)」の看板が泣く »