« 笑止千万!慎太郎の「石原銀行」批判 | トップページ | 「ガソリン」がコンパニオンに化ける »

2008/03/09

お懐かしや!内藤陳”DOGA DOGA+第3回公演”

Naito_chin劇団「ドガドガプラス」の第3回公演「贋作・伊豆の踊り子」が、浅草東洋館で行われていますが、3月8日つまり千秋楽の前日に観劇。なぜ観に行く気になったかといえば、ナマ内藤陳を一目見たかったからです。
内藤陳、かつて「トリオ・ザ・パンチ」というグループを率いて、「ハードボイルドだど!」というギャグで一世を風靡した伝説的なコメディアンです。その後はお笑いの舞台に立つことは少なく、映画に出演したり、新宿ゴールデン街にある「深夜+1」という店を経営する傍ら、日本冒険小説協会会長をつとめるなど、書評家として活躍しています。

劇場である浅草東洋館ですが、ここはかつての浅草フランス座であり、ストリップの殿堂でした。同時に渥美清や三波伸介など戦後に活躍したコメディアンの大半が、ここを舞台として飛躍したコメディアンの殿堂でもありました。もちろん内藤陳もその一人です。そうそう、作家の井上ひさしも、ここフランス座の出身でしたね。
また劇団の「ドガドガ」は踊り子をモチーフにした画家ドガからとっており、名前の通り踊り子(衣装は着けていますので間違えないように)が中心の劇団であり、旧フランス座で公演するというのも意義のあることなのでしょう。

さて当日、早めに着いたので無事かぶりつきの席を確保。補助席も出る満員でしたが、劇団や主演者の関係者が多かったようで、私のような一見の飛び込みは少数だったと思われます。客は若い人が多く、もしかして最年長だったかも。

本家の「伊豆の踊り子」ですが、随分と昔に読んだので忘れましたが、旧制高校生・私(川端康成自身がモデル)が、伊豆の一人旅で旅芸人の一行と出会い、その中にいた踊り子・薫に惹かれ、彼女たち一行と旅を共にする。
温泉で薫の全裸を見て嬉しくなったりと色々あって、最後は再会を約束して別れる。
こうして粗筋だけ書くと、何だかミもフタもないことになります。

満年齢なら男は19歳、踊り子は13歳というから中学2年生位の年齢で、主人公にややロリコンの傾向が見られます。一行の後を追い続けていたのは、追っ掛けかストーカーみたい。風呂場で裸を見たときは、「萌え~」の気分というところでしょうか。
川端センセイの原作では、想いを寄せる男の方の感情は描かれても、想いを寄せられた踊り子の側はどうなのよという疑問もあります。
「贋作」の舞台、作・演出は望月六郎ですが、どうやらこの辺りの視点からパロディに仕立てたと思われます。
踊り子の話が、伊豆下田つながりからいつのまにか「唐人お吉」の話に変わっていったり、明治維新というのは日本が西洋に負けたということ事ではないかという問いかけがあったり、秋葉系オタクの3人組が「オズの魔法使い」だったり、様々な仕掛けが入れ込んでありました。
歌と踊りが入るミュージカル仕立てになっていて、そこそこ楽しめる舞台だったかと思いますが、作者がいわんとする意図がよくみえなかったし、踊りが単調だったと思います。
出演者では、戸田佳世子が品の良い色気を見せ、崔哲浩がハマリ役でした。

幕間にお目当ての内藤陳率いる「トリオ・ザ・パンチ2008」のコントが演じられましたが、やあ内藤陳、年は取りましたが相変わらずカッコウイイ! ちょっと身体を反らした立ち姿は男の色気に溢れ、ほれぼれします。
私はかねがね、「ルパン3世」のモデルは内藤陳だと確信しています。
昨年ガンから復帰した「永久のガンマン」、これからも元気な姿で私たちを楽しませてください。

本公演は今日が千秋楽ですので、内藤陳見たい人、急いで浅草東洋館へ。

|

« 笑止千万!慎太郎の「石原銀行」批判 | トップページ | 「ガソリン」がコンパニオンに化ける »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/40435483

この記事へのトラックバック一覧です: お懐かしや!内藤陳”DOGA DOGA+第3回公演”:

« 笑止千万!慎太郎の「石原銀行」批判 | トップページ | 「ガソリン」がコンパニオンに化ける »