« 沖縄米兵少女暴行事件の「薮の中」 | トップページ | 第346回花形演芸会@国立演芸場 »

2008/03/02

“当たり”の喬太郎「竹の水仙」

Kyotaro53月1日は国立演芸場の昼夜ぶち抜き。末広亭や池袋演芸場では経験あるが、国立では初めて。先ずは昼の部、3月上席初日から。

・入船亭扇里「一目上がり」
・ロケット団「漫才」
面白さに磨きがかかってきた。4文字熟語の「三浦和義」で会場を沸かせた。二人の息がピッタリだし、「間」が絶妙。
・桃月庵白酒「転宅」
地味ながら確実に実力を付けてきている。気の弱い泥棒と、鉄火な妾の人物描写も良くできていた。芸に色気が出てきた。
・翁家勝丸「太神楽」
・三遊亭吉窓「そば清」
圓窓の弟子らしく、楷書の芸。そばの食いっぷりが良い。
―仲入り―
・だるま食堂「コント」
もし年配の方で、この人たちの芸を観たことがない人がいたら、早く観て。空前にして絶後、冥途の土産にピッタリ。ただし小さなお子さんは、夜うなされるといけないので、止めた方が良い。
・三遊亭金八「三方一両損」
初見。しっかりした芸だが、金属的な声が個人的には苦手。
・柳家亀太郎「三味線漫談」
寄席芸人の中で、昔と比べてレベルが落ちているのに音曲師がある。特に現役で寄席に出ている男の音曲芸人が、揃いも揃って声が悪いには嘆かわしい。唄を生業とする者は、一に声である。
亀太郎は初代柳家三亀松の孫弟子にあたるが、三味線はともかく唄が(ミキマツではなく)オソマツ。

さて、お目当てのトリ柳家喬太郎だが、当日は「竹の水仙」。
これが実に良かった。
私が観た喬太郎の高座でも、3本の指に入る出来だと思う。後の二つは「按摩の炬燵」「三味線栗毛」で、そういえばいずれも国立演芸場のトリの高座である。偶然なのか、それとも喬太郎自身、国立のトリには特に入れ込むのだろうか。
このネタは、「三井の大黒」「ねずみ」と並ぶ左甚五郎モノの代表的作品だが、ストーリーからいくと「抜け雀」に近い。いずれも演者の力量が問われる作品で、一歩間違うと平板で退屈な出来となる。

喬太郎の演出は、いかにもこの人らしく、「けれん」あり、「くすぐり」あり、権太楼のモノマネありと大サービスだ。
しかし、お人好しの宿の主人の真情に打たれて甚五郎が「竹の水仙」を彫るくだり、この品物に目を留めた大名の屋敷に呼ばれる時の亭主の不安感、百両で売れた時の喜びを爆発させるくだりといった、この噺のカンドコロはきちんと押さえている。
宿の女将さんや宿場役人、大名の家臣などの脇役も、見事に演じ分けていた。

ここの所、“ハズレ”の喬太郎が続いていたが、久々に“アタリ”の喬太郎をひき、満足した。

|

« 沖縄米兵少女暴行事件の「薮の中」 | トップページ | 第346回花形演芸会@国立演芸場 »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/40340078

この記事へのトラックバック一覧です: “当たり”の喬太郎「竹の水仙」:

« 沖縄米兵少女暴行事件の「薮の中」 | トップページ | 第346回花形演芸会@国立演芸場 »