« それでも「北京五輪ボイコット」は間違いだ | トップページ | 桑田選手に見るヒーロー像の変貌 »

2008/03/27

大ボラ慎太郎の「捨て台詞」

Ishihara_shintaro3月26日東京都議会予算特別委員会は、新銀行東京への追加出資を、自民・公明両党の賛成多数で可決した。予想通りの結果である。
石原知事は、審議中こそ反省の言葉を口にしたが、可決されるやいなや一転して「世論調査を気にしていたら政治はできない」と言い放った。また「要するに、都民が議会以上のことを知っているわけないんでね」とも。
オレの言う事さえ聴いてりゃいいんで、馬鹿な都民どもの声になぞ耳を傾ける必要はないということ。いかにもこの男らしい捨て台詞だ。

それにしても、追加出資が可決された時の、自民・公明の議員連中のあのハシャギぶりはナンなんだろう。そんなに嬉しいのか。「苦渋の選択」だの「重い十字架」だのは言葉だけ。400億円が手に入って、嬉しくてしょうがないのだろうか。
1000億円の損失は、納税者たる都民にとっては大きな打撃だが、その一方でイイ思いをした人間もいるのは事実だろう。金は消えたわけではない、どこかに行っただけなのだ。
損した都民の多くは反対したが、得した人間は賛成した、実に簡単なことなのだ。
石原銀行から何億円借りようと、その企業を倒産させてしまえば、全てチャラ。濡れ手で粟の大金を掴んだ人間だって少なくない。

400億円がムダになったらという質問に、石原都知事は「責任を取らないといけない」と答えていた。
残念ながら、破綻がハッキリした頃には、石原慎太郎は知事の座にいないのだ。今回の400億円は、石原知事が在任中のつなぎ資金であり、責任を逃れるための金だからだ。
このままいけば、都議会本会議でも自民・公明の賛成で、法案は可決されるだろう。
賛成した議員たちの名前は、しっかり刻んでおこう。石原銀行が破綻した際には、都知事と共に連帯責任を負って貰わねばなるまい。

1000億円で損切りして、石原知事を辞任させる、これが都民として最も被害を最小限に食い止める良策だったと思う。

|

« それでも「北京五輪ボイコット」は間違いだ | トップページ | 桑田選手に見るヒーロー像の変貌 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

賛成した議員たちの名前は、しっかり刻んでおこう。石原銀行が破綻した際には、都知事と共に連帯責任を負って貰わねばなるまい。

誠に同感です。
更には、この輩たちを選んだ都民にも責任を取ってほしいものです。

home-9さん!
血圧上がらないようにして下さいね^^;

投稿: dorunkon | 2008/03/27 13:50

dorunkon様
コメント有難うございます。
石原銀行の乱脈経営を機に、ようやく世間の石原批判が強まってきましたが、この問題、都知事選の頃から最大の争点として訴えてきた私としては、なぜもっと早く気付いてくれなかったんだろうと、歯痒い気持ちで一杯です。
ここの所、茨城の無差別連続殺傷事件といい、岡山のホーム突き落とし事件といい、考えている内に血圧が上がりそうな出来事ばかりです。

投稿: home-9(ほめく) | 2008/03/27 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/40651258

この記事へのトラックバック一覧です: 大ボラ慎太郎の「捨て台詞」:

« それでも「北京五輪ボイコット」は間違いだ | トップページ | 桑田選手に見るヒーロー像の変貌 »