« 「代理出産」は禁止が妥当 | トップページ | 未成年者が酒を飲んでなにが悪い! »

2008/04/05

米兵を見たら強盗と思え

戦後、進駐軍としてアメリカ兵が日本に入ってきたが、性質(たち)の悪いのが多かった。戦勝国の兵隊なのでヤリタイ放題、被害にあってもあの当時の日本人は泣き寝入りするしかなかった。
警官を呼んだって、当時の日本の警察なんて無力であって、彼らは全く言う事を聞かない。
処が、米軍の憲兵(MP)の姿が見えると途端に態度が変わり、猫の子のようにおとなしくなった。だから私たちは、白いヘルメットに黒い字で「MP」のマークが、後光がさしているように見えたものだ。

今年3月16日に沖縄県沖縄市で、タクシー運転手を殴って釣り銭箱を奪ったとして、在沖縄米兵家族の少年2人が強盗致傷容疑で4月4日再逮捕された。
同じ日に別のタクシー車内から釣り銭箱(5400円入り)を盗む事件が発生。沖縄県警がこの二人を逮捕し取り調べている中で、先の強盗事件に関与しているのが明らかになった。
処が、事件には別の共犯者が3人いることが分ったのだが、そのうちの一人が憲兵隊の兵長で、どうやらこの男が主犯の可能性が高いようだ。
憲兵がタクシー強盗をやるようになっちゃあ、米軍もオシマイだね。

イラク戦争の長期化に伴い、徴兵制をしいていないアメリカの軍隊は、米国内の無職の少年らを勧誘しているので、質が低下する一方なのだ。
それでも兵士が足りなくなっていて、最近では他国の若者を米軍に組み入れている。
3月19日に神奈川県横須賀市の路上で、タクシー運転手高橋正昭さんが刺殺された事件で、逮捕されたナイジェリア国籍の米海軍1等兵オラトゥンボスン・ウグボグ容疑者も、そうした一人である。
アメリカ国籍を得ることと引き換えに、他国の戦争に駆り出されているわけで、これでは規律が乱れるのは当然だろう。
この米兵、最初は事件への関与を「ナイジェリア」と否定していたが、最後は「アルジェリア」と認めたらしい。

こんな米軍は「イラン」、早く「サルバドル」。

|

« 「代理出産」は禁止が妥当 | トップページ | 未成年者が酒を飲んでなにが悪い! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/40775121

この記事へのトラックバック一覧です: 米兵を見たら強盗と思え:

» 横須賀タクシー殺人事件・・米兵逮捕 [比企の丘から]
3月25日のブログにエントリーしてから10日目、ついに容疑者が逮捕されました。事件後、実に14日目です。 3月19日、タクシーの運転手の刺殺されるという事件が横須賀市京急「汐入駅」近くでおきました。 3月22日、重要参考人と思われる米兵が米軍ICISに拘束。ここからがスッキリしません。「友人に犯罪をほのめかす携帯電話をした」「女性友人宅から包丁を持ち出した」という情報が伝えられてきますが、この情報がどこで得られたかという詳細がありません。供述はとうぜん拘束されている米犯罪捜査班で得られたのでしょうが... [続きを読む]

受信: 2008/04/05 21:58

« 「代理出産」は禁止が妥当 | トップページ | 未成年者が酒を飲んでなにが悪い! »