« 「非婚・モテ格差」時代の凶悪犯罪 | トップページ | ここらでチョットひと休み »

2008/06/30

ルツェルン交響楽団&ニコライ・トカレフ演奏会

Tokarev6月29日は横浜みなとみらいホールのルツェルン交響楽団&ニコライ・トカレフ演奏会へ。初めて行ったのだが音響効果が優れたホールだった。JR桜木町からは10分以上歩くが、アーケードが続き、雨に濡れなくて済むのが助かる。
こうしたコンサートでは初めて一番安いB席を取った。2階席だったが左側だと舞台の3分の2しか見えない。特に中央付近は指揮者がようやく見える程度となる。又指揮者や演奏家が下手から出入りするため姿が見え難い。歌舞伎座と一緒で、左側の席は避けた方が良い。安いのには理由があるのだ。

当日の演奏プログラムは次の通り。
・メンデルスゾーン:劇音楽 「真夏の夜の夢」 序曲
・グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
ニコライ・トカレフ[ピアノ]
~intermission~
・ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92
オラリー・エルツ[指揮]
ルツェルン交響楽団

ルツェルン交響楽団は、名前の通りスイスの都市ルツェルンを拠点に演奏活動を行っている。指揮者のオラリー・エルツはエストニア出身で、ラトヴィア国立交響楽団の首席指揮者などを務めている。共に初来日公演である。
ニコライ・トカレフはロシア出身の新進ピアニスト、こちらは14才の時に初来日したのを皮切りに、この10年間ほぼ毎年のように日本での演奏会を行っている。

お目当てはグリーグのピアノコンチェルトである。2年前にノルウェーに行った時、旅行の間中この曲の第一楽章が頭の中に浮かんでいた。それほど森と湖の美しい景観とメロディがマッチしているのだ。
冒頭のティンパニの連打からピアノが奏でる下降オクターブのガデンツァと、それに続く第一主題の調べは、一度聴いたら忘れられない。

ニコライ・トカレフとルツェルンの演奏だが、自宅で愛聴している[ピアノ]ディヌ・リパッティ、アルチェオ・ガリエラ指揮フィルハーモニア管絃楽団のCDと比べると、この協奏曲全編を覆う清冽な曲想に欠けているような印象を受けた。
それと他の曲を含めてだが、管楽器の音に不満が残った。

これは演奏家とは関係ないのだが、演奏が終了するや間髪を入れず掛け声と拍手を送る数名の「ブラボー男」がいた。これでは曲の余韻に浸る間がないのだ。
本人たちは「通」を気取っているのだろうが、コンサートの雰囲気を壊しているのに気が付かないのだろうか。
無粋としか言い様が無い。

|

« 「非婚・モテ格差」時代の凶悪犯罪 | トップページ | ここらでチョットひと休み »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/41691194

この記事へのトラックバック一覧です: ルツェルン交響楽団&ニコライ・トカレフ演奏会:

« 「非婚・モテ格差」時代の凶悪犯罪 | トップページ | ここらでチョットひと休み »