« ソフィア国立歌劇場「仮面舞踏会」 | トップページ | 「ボッタクリ」医療保険にご注意! »

2008/10/13

「拉致」問題で米国に何を期待していたのか

Yokota_shigeru民主党の鳩山由紀夫幹事長は12日夜の街頭演説で、米国による北朝鮮のテロ支援国指定解除について「1年に2度も首相が代わるから、日米同盟を命のように思っていても米国から袖にされる。政権がだらしないからだ」と述べた。この主張は見当違いだ。
当ブログでも以前からとりあげたように、北の核施設解体作業と引き換えに、アメリカがテロ指定解除するというのは、今年の4月に両国間で基本的に合意されたもので、今回の措置もその既定方針に沿って行われたものだ。日本の首相交代とは何ら関係がない。

また、民主党の直嶋正行政調会長が、指定解除について「国民として失望を禁じ得ない」との談話を発表したが、同様の発言は拉致被害者家族会のメンバーからも行われている。
11日の札幌での講演会で増元照明事務局長は、「自国の国益のため、同盟国の日本人の命を顧みない裏切り行為だと思う。(指定解除を)軽々しくやってほしくないというメッセージを、政府は米国に伝えてほしい」と訴えている。
拉致問題の解決のために、米国に対していったい何を期待していたのだろう。

自国の利益のために他国の人間を拉致・監禁したり、時には闇から闇に葬るは、むしろアメリカCIAのお家芸だ。むかしむかしの話ではない、現在進行形である。
例えば、2003年12月にレバノン系ドイツ人のハリド・マスリ氏が、旅先のマケドニアでCIAに拉致され、アフガニスタンに移送された後、拷問などの虐待を受けた。人違いだったことが分かり5ヶ月後にアルバニアで解放された。消されなかったのがせめてもの幸いだった。この件でドイツ検察当局は、2007年1月に監禁容疑でCIA職員13人の逮捕状を取ったことを明らかにした。
同じ2003年にはイタリアのミラノでも同様の事件がおきて、こちらもイタリア当局がCIA要員ら26人の逮捕状を取っている。
アメリカが「拉致はいかん」などと言っても、「アンタにだけは言われたくない」と言い返されるのがオチだ。
元々が頼りにならない相手だったということではなかろうか。

アメリカへの期待=北朝鮮への先制攻撃、口には出さぬとしてもこうした期待感も持つ人もいただろう。イラクみたいに一気に叩いて金正日政権を倒し、拉致被害者を救出するという図式だ。しかし武力攻撃は国益、つまりソロバン勘定次第である。北朝鮮を攻撃しても、米国には大した利益にならない。それより、ロシアや中国との関係が決定的に悪化すれば、マイナス面の方が大きくなる。
ましてイラクやアフガニスタンが泥沼化している現状では、とてもじゃないが手が回らない。だからテンから先制攻撃など有り得ない。

それより拉致問題の解決のために、日本の政治家は何をしてきたのか。特に「対話と圧力」の「圧力派」議員たちは、この数年間、具体的にどういう成果を上げてきたのだろうか。
この問題で自分から動き、ともかくも金正日に拉致を認めさせ、被害者の一部を帰国させたのは小泉元総理だけだ。私は小泉純一郎が嫌いだが、この一点に限っては評価している。
拉致問題の解決を最も期待されていた安倍内閣は、結局何の進展も得ることなく瓦解してしまった。
してみるとアメリカ待望論は、日本の政治家たちの無為無策を覆い隠す「隠れ蓑」として使われたと言える。それが外されたので、彼らは失望や落胆をしている。

今回の件で家族会前代表の横田滋さんは、「日本としては8月の合意(拉致問題再調査)の実行を強く求め、それでも応じないなら独自の制裁をすべきだ。この(指定解除)問題と拉致問題はあまり結びつける必要がないと思う」と述べた。
横田滋さんの指摘が正しいのだ。この方のいつもながらの冷静な分析と判断には、頭が下がる。

|

« ソフィア国立歌劇場「仮面舞踏会」 | トップページ | 「ボッタクリ」医療保険にご注意! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/42774897

この記事へのトラックバック一覧です: 「拉致」問題で米国に何を期待していたのか:

» 米国のテロ支援国指定解除 どうする対北朝鮮 [ハズレ社会人]
オツカレです。 米国がとうとう北朝鮮に対してテロ支援国指定を解除した。 [ソウル 12日 ロイター]北朝鮮、核施設の無能力化プロセス再開など表明  朝鮮は12日、米国が北朝鮮に対するテロ支援国指定を解除したのを受け、核施設の無能力化を再開するとともに査察チ... [続きを読む]

受信: 2008/10/14 08:34

» テロ支援国家指定解除で北朝鮮は何が得られるのか? [やぶにらみトーク]
テロ支援国家とはそも何であろう?  米国務長官が国際テロ年次報告書で指定した国々をそう呼ぶ。最新の07年版では北朝鮮のほかに、キューバ、イラン、スーダン、シリアの4カ国を指定。  指定解除には、(1)過去6カ月間に国際テロを支援していない(2)対象国が「....... [続きを読む]

受信: 2008/10/14 10:09

« ソフィア国立歌劇場「仮面舞踏会」 | トップページ | 「ボッタクリ」医療保険にご注意! »