« “チャンス”と“chance”では意味が違う | トップページ | 「ビリー・ジョエル」@東京ドーム »

2008/11/13

トヨタ・奥田碩の「報復」発言

12日に行われた政府の「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の席上、奥田碩座長(トヨタ自動車相談役)は厚労省に関するテレビなどの報道について、次のように発言しました。
「朝から晩まで年金や保険のことで厚労省たたきをやっている。あれだけたたかれるのは異常な話。正直言ってマスコミに報復してやろうか。スポンサーでも降りてやろうかと。」
「ああいう番組に出てくるスポンサーは大きな会社ではない。地方の中小とかパチンコとか。」

同懇談会は、年金記録問題や薬害肝炎問題などで国民の不信を招いた厚労行政の改革を議論するために設置されたものですが、奥田座長は改革どころか先ず「報復」を主張し出したわけです。
奥田碩といえば長期にわたりトヨタ自動車の社長会長をつとめ、1999年の日経連会長就任以来、2002年から2006年まで日本経団連の会長として常に財界トップの地位にあった人物で、格差社会を生んだ立役者です。
彼が先頭に立って推進した政策により医療危機やワーキングプアの増大を招き、それが厚生労働省への国民の批判をもたらしたのですから、相当にイライラしているのでしょう。

その矛先をマスコミに向けて、報道内容に圧力をかけることを宣言した今回の奥田発言は、決して見逃すことはできません。
トヨタ自動車は確かに日本を代表する大手企業ですが、報道番組のスポンサー企業を「大きな会社ではない地方の中小とかパチンコとか」などと蔑むのは、失礼千万です。

トヨタ自動車は6日の中間決算発表の際に、およそ5800人の期間従業員を来年3月末までに削減するとの計画を発表しました。
かつて「派遣・期間従業員は使い捨ての奴隷である」と奥田碩氏は述べたことがありますが、これだけ社会的批判が強まる中で、敢えて弱い立場の従業員を切り捨てるのも、やはり「トヨタの報復」ですか。

|

« “チャンス”と“chance”では意味が違う | トップページ | 「ビリー・ジョエル」@東京ドーム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

奥田の発言は持っての外、断じて許せん・・・、現在トヨタの車を使っているが
今後は絶対に止めた。

投稿: 山田五郎 | 2008/11/13 10:40

トヨタ不買運動をやるかな

投稿: ラルフ | 2008/11/13 11:12

山田五郎様
ラルフ様
コメント有難うございます。
トヨタは文字どおり日本を代表する企業です。従ってその経営トップにある人間は、常に社会的責任を自覚すべきと考えます。今回の奥田発言は軽率のそしりを免れません。
こういう人物が主導して厚労省をどこに導いていこうとしているのか、注視せねばならないでしょう。
私は車を持っていないので不買運動に参加できませんが、お気持ちは十分分かります。

投稿: home-9(ほめく) | 2008/11/13 11:43

今回の「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」は、当初は厚生省の中に設置することで進んでいたものを、厚生省の肩を持つことになるのでは? と誤解されてはとの事から政府に設置したと聞いています。

財界天皇と言われた奥田(トヨタ自動車相談役)氏からすれば、今の政局、遡れば自民党が大敗した参議院選挙の主因が厚生省の不祥事と年金問題だった事であったし、氏が経団連会長時代であった事から、根に持っての発言だと思います。

奥田(トヨタ自動車相談役)氏が言うようにマスコミに対し報復してやるぞと言うのは、今後、不甲斐無いマスコミの事ですからこのようなマスコミに対する脅しは、大企業からの言論弾圧につながりかねません。

私たち一般国民は厚生省問題、年金問題などマスコミの報道があったからこそ知りえた事ではないですか。
このようにマスコミを脅し、それに対してマスコミの報道が控えられてしまうような事になったらと考えると、事実を知らされなくなったら恐ろしい限りです。
また、自分達に都合の悪い事実もトヨタの提灯持ちの報道に走って行ってしまう事にもなりかねません。事実、このことを言われたワイドショーでもこの発言に対するコメントが無いのも情けないです。

氏が報復してやるぞと言うなら私たち消費者も馬鹿ではないぞと思わせる為に、消費者の報復 『不買運動』 が必要ではありませんか。
私たちはTVのCMを買う力もありませんので、今後『トヨタの車を買わないで、CMに流す金を絞り上げるぞと言いたいです。

とにかく、品性のない地方会社(ワイドショーのスポンサーはパチンコ屋の様な中小企業と言っていたのに返します)であったんだと思いました。

投稿: 今までトヨタ車フアン | 2008/11/18 02:29

今までトヨタ車フアン様
コメント有難うございます。
トヨタ自動車に不利は情報や不祥事を、マスコミが自主規制しているのは公知の事実です。奥田氏の過去の放言も殆んど報道されていません。それなのに更に報復するとの発言は、一体何を企んでいるのでしょうか。
この記事は単独のアクセス数では、当ブログとしては記録的な数字に達しています。それだけ今回の奥田発言には、多くの方が怒りを感じていると思います。
日本という国を知らなくてもトヨタを知らない人はいないと言われる国際的企業の経営者としては、あまりにお粗末な感覚です。

投稿: home-9(ほめく) | 2008/11/19 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/43099630

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・奥田碩の「報復」発言:

« “チャンス”と“chance”では意味が違う | トップページ | 「ビリー・ジョエル」@東京ドーム »