« 【街角で出会った美女】イスラエル編 | トップページ | イスラエルよ、驕るなかれ »

2009/01/01

新年ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
2009年が皆様にとって素晴らしい年となるようお祈り申し上げます。

と、決まり文句を書いてはみたものの、どう考えても今年はあまり良い年になるという期待は出来そうにありません。
経済危機は全世界を覆っていますが、その影響が深刻化するのはむしろ今年でしょう。
加えて、
イラクでは記者がブッシュに靴を投げ
日本では国民が麻生太郎に匙を投げ
という政治状況です。
“Yes, We can.”と言いたいところですが、どうも “No, We can’t.”になりそうな、そんな気配です。

新年早々不景気な話題ばかりでは申し訳ないので、ここは当ブログへの画像アクセス数で断トツの人気No.1、「半井小絵」が成り代わりましてご挨拶いたします。
服装がお正月らしくないですが、勘弁してやってください。

Nakarai23

|

« 【街角で出会った美女】イスラエル編 | トップページ | イスラエルよ、驕るなかれ »

コメント

短い間でしたが、「美味い酒にいい女」閉鎖することにしました。
ご贔屓のほど有難うございました。
まずは連絡まで・・・

投稿: dorunkon | 2009/01/01 18:29

「なからいば、くもゆきさえも、はればれん、
丑と見しよぞ、今はほめくる 」

投稿: 猪口山人 | 2009/01/02 03:37

dorunkon様
せっかくの人気サイトでしたのに、閉鎖されるんですか。それは残念ですし、何か勿体ない感じがします。
どのブログもいずれは終わらせなければならない。やはり引き際というのはあるでしょうから、そうした決断をされたのでしょう。
又新しいサイトを立ち上げた際は、是非ご一報ください。

投稿: home-9(ほめく) | 2009/01/02 07:13

猪口山人様
早速のコメント有難うございます。
なからいさえ(冴え)渡る作品、今日か(狂歌)明日かとお待ち申しておりました。

〔追記〕
ここで「狂歌」にあまり馴染のない方のために、少々猥褻、じゃ無かった、解説を加えたいと思います。
本歌は百人一首の中の
「永らへばまたこの頃やしのばれむ
うしと見し世ぞ今は戀しき」
[藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけ あそん)]
からとったものです。
大意は、
「生きながらえていると、あんなにつらいと思っていた昔が、今は恋しく思われる。」
です。
猪口山人さんの狂歌は、この歌に「なからい」「さえ」「ほめく」、そして今年の干支である「丑」を織り込んで作られたものです。
以上、蛇足でした。

投稿: home-9(ほめく) | 2009/01/02 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年ご挨拶:

« 【街角で出会った美女】イスラエル編 | トップページ | イスラエルよ、驕るなかれ »