« 【街角で出会った美女】アルジェリア編 | トップページ | 矢野元公明党委員長が逆転勝訴 »

2009/03/27

【街角で出会った美女】ギリシア編

ジャズのスタンダードナンバーに「マイファニーバレンタイン」という曲がありますが、その歌詞の一節に、
“Is your figure less than Greek”
とあります。
この”Greek”はギリシア彫刻という意味なので、日本語に訳せば「あなたの容姿はギリシア彫刻よりは劣るけど・・・」ということになります。
ギリシア彫刻=「彫りの深い顔」というイメージがありますね。実際にギリシアに行ってみると、ギリシア人が特に彫りが深いというわけではありません。

それよりヨーロッパの中で、ギリシアは貧しい国であることを実感します。
宿泊したホテルの多くは、トイレットペーパーを流すことができず、くずかごに捨てねばならなかったのです。下水道の設備が貧弱なためです。これは、日本人にはかなり抵抗がありますね。
欧州の他の国では考えられないことで、数々の素晴らしい文化遺産や、美しい島々の光景とのギャップが大きいのです。

デルフィーという町で宿泊したホテルで、小学校から下校してきた管理人の娘さんが、窓ガラスやテーブルの拭き掃除をやらされていました。カメラを向けうるとOKだったのですが、シャッターを押すときに照れて横を向かれてしまいました。

Photo
  (クリックで画像が拡大)

ギリシアの人々にとって、ギリシア正教は生活の隅々にまで行き渡っています。
教会に行くとどこも正教であることを示すイコン(東方教会で礼拝の対象とした聖画像。アイコンの語源でもある。)が、沢山掲げられています。
下の画像はカランバカの町のイコン制作工房で、細密画を描いていた女性です。この人の横顔は確かにギリシャ彫刻みたいですね。

4
  (クリックで画像が拡大)

|

« 【街角で出会った美女】アルジェリア編 | トップページ | 矢野元公明党委員長が逆転勝訴 »

世界の街角で出合った美女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/44481367

この記事へのトラックバック一覧です: 【街角で出会った美女】ギリシア編:

« 【街角で出会った美女】アルジェリア編 | トップページ | 矢野元公明党委員長が逆転勝訴 »