« 田母神前航空幕僚長の「戦争ゴッコ」 | トップページ | 喬太郎の超レアもの「志らく・喬太郎二人会」 »

2009/03/06

歌曲の森第3篇「クリストフ・プレガルディエン」

Photo3月5日は《歌曲(リート)の森~詩と音楽 Gedichte und Musik~》 第3篇「クリストフ・プレガルディエン」を観賞にトッパンホールへ。
1回目のマーク・パドモア、2回目のイアン・ボストリッジに続くシリーズ3回目で、これで完走となる。
生まれてはじめてドイツ・リートなるものに接し、魅力にとりつかれてしまった。歌唱はもちろん、ホールも客筋も良く、芳醇な時を過ごすことができたことを感謝している。
トッパンホールは音響が素晴らしいのだが、例えばエントランスにあるベンチにヒーターが入っているのはとても親切だ。こういう細かな心遣いが嬉しい。

《出演者》
クリストフ・プレガルディエン(テノール)
ミヒャエル・ゲース(ピアノ)
《プログラム》
今回の作品全てはハインリヒ・ハイネの詩によるもの。
【シューマン】
海辺の夕暮れ Op.45-3/憎悪し合う兄弟 Op.49-2/きみの顔 Op.127-2/きみの頬を寄せたまえ Op.142-2/二人の擲弾兵 Op.49-1/ぼくの愛はかがやき渡る Op.127-3/ぼくの馬車はゆっくりと行く Op.142-4
【シューベルト】
「白鳥の歌》 D957より」
漁夫の娘/海辺で/都会/影法師/彼女の絵姿/アトラス
~休憩~
【シューマン】
《詩人の恋》 Op.48 全曲

テノールのクリストフ・プレガルディエンは、前の二人と違って堂々たる体格の持ち主。同じテノールでも彼の場合はバリトンに近く、低音がよく響く。
声量はたっぷりだし、両手を前に突き出して朗々と歌い上げるスタイルは、リートというよりオペラのアリアを聴いているような気分になる。
ドラマチックな歌唱で、「二人の擲弾兵」や「都会」「影法師」のような曲は胸が打たれる。
反面、前の二人に比べドイツ・リートの叙情性にはやや欠けていた印象を受けた。これは選曲の問題かも知れないが。
ミヒャエル・ゲースのピアノは、クリストフ・プレガルディエンの歌唱に負けず劣らずドラマチックで、度々主役の座を奪っていた。歌手の伴奏というよりは、ピアノ演奏に合わせて歌手が歌う場面があった。
リートではピアノがとても大事なのだが、今回のコンサートはそのことをより強く印象付けられた。

今回のコンサートの主催者が本シリーズの目的を、「心渇く現在(いま)という時代にあって、心静かに満ちる時間をお客さまと共有できることを願っています」としていたが、その目標は十分達せられてと思う。

|

« 田母神前航空幕僚長の「戦争ゴッコ」 | トップページ | 喬太郎の超レアもの「志らく・喬太郎二人会」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/44259006

この記事へのトラックバック一覧です: 歌曲の森第3篇「クリストフ・プレガルディエン」:

» 彷話§プレガルディエン『冬の旅』ギースと [ひだまりのお話]
遠路、所沢まで遠征してプレガルディエンの『冬の旅』を聴いた。ピ アノ伴奏は、去年『水車屋』を伴奏したミヒャエル・ギース――ゲー スという表記が正しいのか――。【所沢マーキーホール 2009.3.7】... [続きを読む]

受信: 2009/03/10 21:25

« 田母神前航空幕僚長の「戦争ゴッコ」 | トップページ | 喬太郎の超レアもの「志らく・喬太郎二人会」 »