« 【街角で出会った美女】ウズベキスタン編(1) | トップページ | 「鴻池副長官」シモの病が再発 »

2009/05/12

【小沢辞任】次に誰になっても・・・

5月11日民主党小沢一郎代表が辞任した。意外だったのは新聞の号外が出たことで、全く意外性がないのになぜ号外なのか、それが不思議だった。
穿った見方になるかも知れないが、西松建設の献金問題で秘書が逮捕・起訴されたが、小沢本人に捜査が及ばなかったのは、小沢一郎側と検察側の一種の司法取引ではないかと推測している。
この想定が当たっていれば、小沢の辞任により西松事件は政治資金規正法違反のみで幕を下ろすことになるだろう。
同じように献金を受けていた自民党議員たちには結局お咎めなしで、全ては万々歳というわけだ。
腰抜け検察!

10日の日曜日夕方、近くのJR駅前で人と待ち合わせをしていたら、民主党の衆院予定候補が演説をしていた。イヤでも耳に入ってきたのでしばらく聴いていたが、この予定候補者がいうには、先ず小泉改革を絶賛していた。あんまり誉めるので自民党かなと再度確認したら、やはり民主党なのだ。
「小泉改革は実に素晴らしい成果をあげ、日本を大きく変えました」というのだ。それで何が問題かというと、要は今の麻生政権は小泉改革の成果を壊していて、昔の日本に逆戻りしつつある、これを何とかせねばならない、というのが論旨だった。
この人、なんで民主党から出るんだろう。

寄り合い所帯の民主党の中で多数派を占めるのは、元自民党や松下政経熟出身者、自民党公認もれなど、いうなれば本籍は自民党、現住所は民主党という議員が大半だ。だから政策に、自民党との対立軸はない。
民主党の次の代表に何人か名前があがっているが、若い人を含めて全て自民党の分身ともいうべき人物であり、政策の違いも大同小異である。
こうして「殆んど自民」が議会のおよそ9割を占めるようになったのは、かつて小沢一郎が中心で進めた「政治改革」の結果だ。
その最終局面で、当の本人が表舞台から去って行くというのも、実に皮肉な結果だといえる。

一方の麻生太郎首相だが、4日に開かれた日・欧州連合(EU)定期首脳協議後の共同会見で、チェコのクラウス大統領を目の前にして、「チェコスロバキア」を連発していた。
相手の国名を間違えるほど、失礼な話はない。一番やってはいけないことだ。
国内の会見や演説で漢字が読めないというのと、また意味が違う。
麻生総理の発言というのは、ご本人のどこか脳の一部に異状があるのか、あるいは何かの障害があるのか、あまり正常だとは思えないフシがある。
最近の記者会見での、人を見下したような態度も気になる。
こちらも早々に退陣したほうが良いと思われるが、どうだろうか。

|

« 【街角で出会った美女】ウズベキスタン編(1) | トップページ | 「鴻池副長官」シモの病が再発 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/44989599

この記事へのトラックバック一覧です: 【小沢辞任】次に誰になっても・・・:

» 民主党小沢一郎代表緊急記者会見:代表辞任表明 [自分なりの判断のご紹介]
「めでたさも  中ぐらいなり  おらが春」 昨日民主党の小沢代表が 連休中の熟慮のすえ民主党 代表辞任表明。 小沢代表:辞任表明、後継に岡田、鳩山氏ら浮上 民主党... [続きを読む]

受信: 2009/05/12 17:47

» 小沢一郎って・・・ [未羽の新着情報]
... 何が起きたか分かっていない」 小沢一郎代表は18日午後の定例記者会見で、... [続きを読む]

受信: 2009/05/12 23:16

» 小沢・民主党代表が辞任 [ボヘミアンな京都住まい]
西松建設献金事件で公設第一秘書が東京地検特捜部に逮捕されてから2ヶ月以上過ぎているわけですが・・・字義通り 遅きに失す ってやつじゃぁないですかねぇ~。 逃げられないのはわかりきったことなんやから、スッパリ辞めていれば党のイメージダウンどころか返す刀で自民党の連中も道連れにできたかもしれないのに、会見でも西松建設に関してはシラを切り通すような発言をしていたし(マスコミも腫れ物に触るかのようなヌルい質問しかしてないのがダラシナイ)、党代表の後任に挙がるのは“昔の名前で出ています”な2人だけ。もう... [続きを読む]

受信: 2009/05/18 15:19

» 小沢・民主党代表が辞任 [ゆぐどらしる えくすぷれす Ver.2]
西松建設献金事件で公設第一秘書が東京地検特捜部に逮捕されてから2ヶ月以上過ぎているわけですが・・・字義通り 遅きに失す ってやつじゃぁないですかねぇ~。 逃げられないのはわ... [続きを読む]

受信: 2009/05/18 15:19

« 【街角で出会った美女】ウズベキスタン編(1) | トップページ | 「鴻池副長官」シモの病が再発 »