« 「冷静に、冷静に」と大騒ぎ | トップページ | 今からでもおそくない »

2009/05/21

「裁判員」になりたかったのに・・・

今日から裁判員制度がスタートした。
この制度ができたときから是非とも裁判員になって、悪い奴を片っ端から死刑にしてやろう(とは半分冗談だが)と張り切っていたのに、とうとう通知も呼びだしもこなかったのは、残念至極。
希望をつのるとか、イヤだという人に代わってあげられるものなら、今からでも裁判員になりたいのだが、そういう訳にはいかないらしい。
どうも世の中ってぇのは、上手くいかないものだ。
今日も裁判員候補に選ばれた男性が記者会見をして、「被告を死刑だとか一生監獄に入れるとかを決める仕事はやりたくありません」と訴えていたようだが、世論調査でもおよそ半数の人が裁判員をやりたくないと答えている。
その一方で、被害者感情を重視した判決を、などという声が上がるのだから、ワケが分からない。

今の日本の裁判については、多くの人が疑問を感じていると思う。
例えば刑事事件の裁判では、事実上、起訴=有罪とされている。物証が無くとも、取り調べ段階で自供してしまうと、それが証拠として採用され有罪になる。
「疑わしきは被告の有利」という司法の原則など、どこかにすっ飛んでしまったようだ。
このままでは、捜査機関の意のままに、誰もが犯人に仕立てられる可能性がある。
考えてみれば、検事も裁判官も弁護士も、同じ業界に属している人間同士だし、いつお互いの立場が入れ替わるかも知れない。そういう一種の馴れ合いは、ある意味避けられないと考えて良いだろう。
そこに「業界」の外側にいる人間が直接裁判にかかわるということは、決して無意味だとは思わない。
個人の事情など大変なことは分かるが、一生に一度(それすらも回ってこない人が大半を占める)のチャンスだと思って、選ばれた以上は積極的に参加すべきではなかろうか。

もちろん、裁判員制度が果たしてベストの選択であったかは不明だ。
実施してみて不都合なことが判明すれば、その時に制度を見直せば良い。

もう一度お願い、わたしを裁判員にしてくれませんか。

|

« 「冷静に、冷静に」と大騒ぎ | トップページ | 今からでもおそくない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

たぶん・・

そのうちになれると思いますヨ。

(^-^ ) ニコッ

投稿: almond51 | 2009/05/21 16:48

almond51さま
処が、裁判員になれるのは年間で6000人に1人ですから、ちょっとしたくじ引き並みの確立です。
少なくとも、わたしの年令ではかなり絶望的ですね。

投稿: home-9(ほめく) | 2009/05/21 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/45082616

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判員」になりたかったのに・・・:

« 「冷静に、冷静に」と大騒ぎ | トップページ | 今からでもおそくない »