« 閣議の「クールビズ」姿って、みっともないね | トップページ | やっぱりコレでしょう »

2009/06/03

【京教大生集団暴行事件】大学側の対応は妥当だった

京都教育大学の学生6人が集団準強姦容疑で逮捕された事件、事実であれば許しがたい事件であるが、事件をめぐる大学側の対応に非難が集中しているのは首を傾げざるをえない。
わたしは後述する理由により、大学側の対応は概ね妥当であったと考えている。

この事件をとりあげたTVのワイドショーなども大学の対応を非難していて、例えばTV朝日の番組では、作家の若一光司は、「公然わいせつのレベルではない。女性の被害を軽視することで逆にもう1度辛い目にあわせている。セカンドレイプをやったに等しい。」と主張していた。
また弁護士の大澤孝征も、「国立大学の公務員なら、事件を認知したら捜査機関に通告しなければいけない義務がある。その義務も怠っている」と述べていた。
しかし若一光司の意見は事件の時系列を無視した後講釈であり、大澤孝征の意見は法律の専門家とも思えない。
そればかりではない。
学生を処分した段階で事件の報告を受けていた文科省までが、大臣が記者会見で大学側を批判していた。
ここまでくるとワル乗りとしか思えない。

マスコミ各社の報道から事件の概要と、その後の経緯を整理してみたい(社によって多少の違いがある)。
捜査関係者によると、事件の概要は次の通り。
京都市内の居酒屋で2月25日夜、保健体育を専攻する卒業生の送別コンパが行われ、終了後6人のうち数人が、酒に酔った女子大生を会場とは別の階にある個室に連れていった。
参加者の多くはコンパが終わって店を出たが、店員らが個室の外に数人の男子学生がいるのを目撃し、部屋の戸を開けようとしたが開かず、直後に個室から学生数人が走り出て、室内で女子大生がぐったりしていた。
室内には学生数人が残っており、店員が問いただすと「すみません」などと言っていた。
大学の調査では、コンパ終了後、女子学生に4人が性的行為をし、残り2人もわいせつ行為に及んだという。
逮捕後の取調べでは、1人が容疑を認め、3人が合意だったとし、2人が見ていただけと主張している。

事件後の経緯は次の通りである。
2月25日夜 事件発生
3月3日 被害者の母親が大学に被害を訴え
(1週間後) 大学が6人を無期停学処分
3月27日 母親から京都府警に被害を通報
4月    被害者が府警に刑事告訴
6月1日  集団準強姦容疑で6人を逮捕

非難の矛先は、3月3日に大学側が被害者の家族から被害の相談を受けた段階で、なぜ警察に通報しなかったという点に向けられている。
日本の法律では、強姦罪は親告罪であるから、被害者(又はその法定代理人等)の告訴がなければ公訴を提起することができない(刑法180条1項)。
なぜこうした規定を設けているかというと、これらの犯罪の追及はかえって被害者の不利益になることもあるため、訴追するか否かを被害者の意思によることとしたためだ。
現に、被害者が被害を警察に届けたのは事件が1ヶ月以上経ってからであり、告訴は更にその後になっている。この辺りが他の犯罪とは性格が異なるのである。
従って、大学側が被害者の状況や意思を無視して、勝手に警察に通報することはできなかったと考えるべきだろう。

ただし、2人以上の者が現場で共同して強姦・準強姦を行った場合は、平成16年(2004年)の刑法改正で集団強姦罪・集団準強姦が成立することとなり罰則が強化された(刑法178条の2)。
この場合は告訴がなくても処罰の対象となる(改正前刑法180条2項))。
つまり後者のケースであれば、大学側は被害を警察へ通報すべきだったということになる。
しかし大学側が被害者の母親から相談を受けた段階で、この事件が集団(準)強姦だと断定できただろうか。
警察でさえ、被害の届出があってから逮捕までに2ヶ月以上かかっているのだ。
まして強制捜査の権限のない大学に対して、その場で判断しろというのは酷ではないか。
もし識者らがいうように、3月3日の段階で大学側がこの事件を集団準強姦事件と断定し世間に公表していたら、それこそ大問題である。むしろ警察の捜査を混乱・妨害させるものとして、責任を問われただろう。

結論としては、本件での大学側の対応は概ね妥当だったということになる。
但し、昨日の記者会見での次の主張には異議がある。
(1)6人の処分理由を「公然わいせつ行為」と説明したが、それなら警察への通報をすべきだった。
(2)学内調査結果の詳細については「教育的配慮」を理由に説明を拒否していたが、既に加害者6人が逮捕されている中で、改めて大学の調査結果を発表する必要は無かっただろう。
未だ容疑の段階であり、「今後の捜査への影響を考慮して」という説明の方が分かり易かったと思われる。

|

« 閣議の「クールビズ」姿って、みっともないね | トップページ | やっぱりコレでしょう »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ちょっとおかしいですね。大学側は当初、「公然猥褻」だと認識していたと言っていました。それなら、報道の範囲からすれば、空き部屋で締め切って当事者以外には見られないようにして、ことにおよんだのだから、公然猥褻罪は成立しません。コンパをしているところで、やれば成立しますが。そうなれば、間違った判断で当該学生ら6人を無期停学にしたのですから。それを解除して復学させるべきでしょう。

投稿: | 2009/06/03 12:00

上記のコメントについて、大学が説明した「公然ワイセツ罪」による処分理由が不適切であることは、当方の親記事でも指摘している所です。
ただ犯行現場に6人しかいなかったかどうかは、今後の捜査によります。
敢えて「概ね」を付け加えたのはそのためです。
なお6人の処分にていてはその時点での暫定的なものであり、容疑が固まり起訴される段階で改めて見直されるものと思われます。

投稿: home-9(ほめく) | 2009/06/03 12:41

初めまして。
私は大学の対応は最悪だと思います。
なぜなら大学は女子大生の事を考えたのではなく
大学のスキャンダルをおそれ隠蔽の目的で通報し
なかったと思われるからです。

被害者にとっては女子大生の親が大学に相談に行
ったじてんで事件は公になっているわけですら。

少なくとも教育者としては被害者にとってつらい
告訴になるが凶悪犯罪なので警察への通報を示唆
するべきだと思います。

その後相談のすえ大学と被害者が一緒に警察に通
報することが教育現場のあり方ではないのでしょ
うか。

いじめ等もそうですが学校の隠蔽体質が問題だと考えております。

投稿: 通りすがりのものですが | 2009/07/02 13:12

上記のご意見についての当方のコメントはかなり長くなりますので、後日記事としてエントリーする予定です。

投稿: home-9(ほめく) | 2009/07/02 18:32

そういう事件を起こした人間が教育者になるという事が信じられません。

投稿: | 2009/08/25 03:11

この事件、結局加害者全員が不起訴(起訴猶予)となり、法的には一切罪を負うことはありません。
問題は学校当局ではなく、こうした凶悪犯を免罪した検察にあります。
ただ性犯罪を起こしそうな人物を教育界から完全に排除することは不可能でしょう。

投稿: home-9(ほめく) | 2009/08/25 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/45220192

この記事へのトラックバック一覧です: 【京教大生集団暴行事件】大学側の対応は妥当だった:

» 京都教育大学 ニュース [あっ!と驚く業界ニュースー芸能・経済情報]
京都教育大学附属京都中学校(21年度版)商品価格:2,600円レビュー平均:0.0 京都大学の教育学部を目指している高1です。(文系志望で) 京都大学の教育学部を目指している高1です。(文系志望で)そして近いうちに文理の選択?みたいのがあります。ここで本来なら文系を選ぶべきなのでしょうが、なにかの戦術(?)みたいのがあってあえて理系に進むってこともあるのでしょうか?なんせ何も知らないものですので良く分からなくて.......経験者の方はアドバイスお願いします。あと、できたら京都大学の教育学部... [続きを読む]

受信: 2009/06/03 11:02

« 閣議の「クールビズ」姿って、みっともないね | トップページ | やっぱりコレでしょう »