« 「京教大事件」記事への補足 | トップページ | 【思い出の落語家14】九代目桂文治 »

2009/07/10

【鳩山献金偽装】”自共”共闘は「次」への予行演習

民主党鳩山由紀夫代表の献金偽装、ウラ金なんだかマネーロンダリングなんだか脱税なのか、ますます闇の中だ。
東国原知事への出馬要請がかえって世論の反発をかった自民党としては、この疑惑追及に一発大逆転を賭けている。よく調べれば自民党の中に似たような議員は沢山いるのだろうが、最早そんなこと言っちゃあいられないのだ。
鳩山代表の参考人招致も視野に入れて徹底追及する構えだが、共産党もほぼ同じ方針で臨んでいるようだ。この問題では「自・共」共闘に進みそうな成り行きである。

さてモタモタしている総選挙だが、今のままいけば民主党を中心とした連立政権が誕生する可能性が高い。
そうなると次に与党となりそうなのが、民主党、社民党、国民新党、その他名前が思い出せない政党などだ。
しかしよーく見れば、民主党の主流と国民新党はもともと自民党であり、ようは自民党離党組と旧社会党残党との連立政権というのが実体だ。
今の自公政権に比べ「よりましな」政権になるかどうかは、成ってみてのお楽しみである。

メデタク民主党中心の政権が誕生したアカツキには、連立に加わらない政党はどうなるのだろうか。
先ず公明党だが、こちらは不透明だ。なにせ前回自民党が野党だった時でも、ちゃんと与党に納まっていた党である。公明党はその時々の政権になびく風見鶏みたいな性格をもっているので、フタを開けてみたら与党に加わっていたという可能性は否定できない。
自民党、これは野党でしょう。一部民主党に走る議員は出るかもしれないが、全体としては野党だ。
残る共産党、こちらはどんな政権になろうとも野党になるのは確定だ。なにせ万年チェッカーである。
そうなると確実に野党になるのは、自民党と共産党ということになる。

鳩山献金偽装で自共が足並みを揃えているのは、来たるべき新政権に対する予行演習なのかも知れない。
今回の衆院選では、共産党が候補者を立てられない選挙区が多数でてくる。そうした選挙区では、支持者の大半が民主党に投票すると見られているようだが、小沢一郎に続き鳩山由紀夫まで金にまつかわる疑惑が生まれてくると、民主党の皮算用どおりになるかはビミョーになってきた。

|

« 「京教大事件」記事への補足 | トップページ | 【思い出の落語家14】九代目桂文治 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/45588587

この記事へのトラックバック一覧です: 【鳩山献金偽装】”自共”共闘は「次」への予行演習:

« 「京教大事件」記事への補足 | トップページ | 【思い出の落語家14】九代目桂文治 »