« 麻生さん、金がなくても結婚できるさ | トップページ | 近ごろ捜査情報のリークがひどすぎないか »

2009/08/27

悪政を競う民主vs自民with公明

近ごろあちこちのサイトを開いていると眼に飛び込んでくるのが、自民党の宣伝広告だ。それも自党の政策を訴えるというより、殆んどが民主党に対するネガティブキャンンペーン(ネガキャン)である。
ネットでの選挙運動は禁止のはずだが、これは選挙運動ではないのだろうか。政権政党が野党の公約を攻撃してどうする。こんなことをやっているから益々有権者から軽蔑され、支持者が離れていく。
今の麻生太郎ら自民党は、そうした判断さえ出来なくなっている。
第一、自民党も民主党も幹部の本籍は「自民党」であり、現住所が異なっているに過ぎない。だから基本政策にはそれほどの差がない。
キリンがいいのかアサヒがいいのかと同じで、要は好みの問題なのだ。

民主党は政策に高速道路の無料化を掲げているが、これは明らかに愚作だ。
だいたい世の中に、タダなどというものなんか無い。
医療費だって毎月多額の健康保険料を支払って、なおかつ3割負担である。
国民の税金から全額負担させて高速料金をタダにしようという、その発想じたいが理解不能である。
環境保護のためであれば、先ずは公共交通機関を充実させ、マイカーの使用を抑制すべきではなかろうか。
現にヨーロッパ各国では、無料だった高速代を有料化する動きがある。街の中心部にはマイカーを乗り入れさせない規制を行う一方、路面電車やバス、地下鉄を安くしている国もある。
民主党の政策は、明らかに世の中の流れと逆行している。

それをバラマキだと批判している自民・公明も、その資格はない。
最初に税金を使って高速代を1000円にしたのは、自公だ。千葉県の某バカ知事が800円といいだすと、そうかそうかと800円に値下げする。これも税金からだ。
理念もなにもあったものではない。1000円か無料かという値下げ競争で有権者を釣っているのが現実だろう。
それにバラマキというなら、定額給付金こそバラマキの最たるものだった。
双方でバラマキを競い合いながら、お互いにバラマキ批判をし合っているのだから、お話しにならない。
民主党が掲げる米国とのFTA締結も、自動車産業を喜ばせるだけだ。しかも食料自給率を犠牲にして。
いい加減に、“of/by/for TOYOTA”の政治から抜け出すべきではなかろうか。

消費税にしても、自民と民主とで何年先に上げるかという、時期を争っているに過ぎない。
消費税の増税は避けられないとお思いの向きもあろうが、いままで私たちが払ってきた消費税の大半が、実際には企業と金持ちへの減税で消えている。
夢よもう一度と思っているのだろうが、そうはさせない。

民主党がマニフェストの書き込んでいる議員定数削減もクセモノだ。
定数を減らして議員一人あたりの取り分を増やしたいといのが、彼らの本音である。
事実、鳩山由紀夫のブレーンである寺島某が最近TVでさかんに吹聴している。
それも比例代表の定数を減らすなら、ますます大政党に有利にはたらくので、国会が自民・民主で独占できるという魂胆だ。
だから自民党も前向きになっている。

議員にかかる費用を減らすなら以前から主張しているように、
(1)政党助成金の廃止
(2)議員報酬の適正化
(3)交通費・通信費など手当てや諸費用は実費精算
にするのが先決だし、これなら直ちに実現できる。

官僚政治に対する批判であるが、おマヌケな政治家より優秀な官僚の方が、良い政策を立案できるならそれでもいっこうに構わない。
いずれにしろ最終的には国会で立法化するのだから。
地方分権もまたしかり。
東国原英夫だの森田健作だのに予算や権限を増やすことが果たして良いのかどうか、大いに疑問だ。

どっちの政策が良いのかというよりは、どっちが多数になったら私たち国民にとって被害が少ないかという政権選択になりそうな気配だ。
マスコミ各紙の予想では、民主党の一人勝ちだそうである。
こうなると唯一の楽しみは、あの「そうか・がっかり」党がどれだけ議席を減らすか、それだけだ。
(敬称略)

|

« 麻生さん、金がなくても結婚できるさ | トップページ | 近ごろ捜査情報のリークがひどすぎないか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/46042172

この記事へのトラックバック一覧です: 悪政を競う民主vs自民with公明:

» 自民党 ホームページ [深イイ~ニュース速報]
過熱する民主攻撃 ネットCM、中傷ビラ-自民 - 時事(爺)放題 自民党が衆院選での劣勢を盛り返そうと、なりふり構わず民主党批判を強めている。鳩山由紀夫代表ら同党幹部を皮肉る新作アニメCMをネット上で2本流しているほか、同党を攻撃する冊子も作成。典型的なネガティブキャンペーンだが、民主党は圧勝予測の ...(続きを読む) マニフェスト 自民党と連立を組んで10年 その間の公明党の責任は重い しかし、掲げる政策とは裏腹に殆どが実現していない 例えば2005年総選挙のマニフェスト 子育て関係では確... [続きを読む]

受信: 2009/08/27 10:40

« 麻生さん、金がなくても結婚できるさ | トップページ | 近ごろ捜査情報のリークがひどすぎないか »