« 小沢一郎が推進する「脱官僚」の正体 | トップページ | 「タイガー・ウッズ騒動」の核心 »

2009/12/17

「させて頂く」コトバを禁止!

いつの頃からか、コトバの末尾に「させて頂く」「させて頂きます」という、もってまわった表現がくっ付くようになった。
最初は政治家(連発するようになったのは鳩山由紀夫あたりか)や芸能人だったのが、今時はフツーの人々までが濫用するようになってきた。
「させて頂く」というのは相手方や第三者の承認、あるいは許諾を得るという意味合いだが、コッチが認めたとも何ともいわないうちに、勝手に「させて頂」いちゃうんだから始末に悪い。

「婚約しました」で済むところを「婚約したことを報告させて頂きます」とくる。
するってぇとなにかい、お次は、
結婚させて頂き
床入りさせて頂き(これは順不同)
妊娠させて頂き
出産させて頂き
浮気させて頂き
(タイガー・ウッズならホール・インさせて頂き)
別居させて頂き
離婚させて頂く
ってぇワケかい。
そう訊かれたってコッチは、どうぞご自由に、と答えるしかない。

マニフェストを出させて頂き
仕分けさせて頂き
国債を増発させて頂き
公約実行が無理だと分かって頂く
そのついでに
政治資金規制法違反は見逃して頂く
ったって、そうか行くかい!

マニフェストを実行しようと思ったら予算が足りないのでやめる、これだけで済む話なのだ。
一見シタデに出ているようで、その実は一方的な押し付けなのがこの「させて頂く」言葉である。
こういうのを慇懃無礼という。
「表面は丁寧で礼儀正しいように見えるが、実は尊大で無礼な」な表現なのだ。
まわりくどい言い方で実態をアイマイにするような役割もある。

先ずは政治家から、「させて頂く」コトバを禁止させよう。
もっと真っ直ぐに国民に意志を伝えてもらおう。
そして、私たちもできるだけ受動態ではなく能動態で表現していこう。
せめてコトバだけでもアクティブに。

|

« 小沢一郎が推進する「脱官僚」の正体 | トップページ | 「タイガー・ウッズ騒動」の核心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大賛成です!!

投稿: | 2009/12/17 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/47042943

この記事へのトラックバック一覧です: 「させて頂く」コトバを禁止!:

« 小沢一郎が推進する「脱官僚」の正体 | トップページ | 「タイガー・ウッズ騒動」の核心 »