« 「させて頂く」コトバを禁止! | トップページ | とかく男というものは・・・ »

2009/12/18

「タイガー・ウッズ騒動」の核心

今年のスポーツ界10大ニュースの輝く第一位は、おそらく「タイガー・ウッズの愛人騒動」になるだろう。
最近はやや下火になったとはいえ、報道の洪水はすさまじいものがあった。
では、ウッズ選手はどんな悪いことをしたのだろうか。少なくとも違法行為や不法行為ではない。
既婚プロゴルファーに愛人がいた、つきつめればそれだけのことだ。
ウッズの夫婦間としては大きな問題だろうが、それ以外の人にとっては全く関係が無いことだ。
なぜこのニュースが人々をひき付けるかといえば、裕福で幸せに見えた家庭が崩壊していくことへの期待感と、リアルタイムで見られることによる快楽だ。
それにより、自分たちの小さな幸せを実感できるからだ。

スポーツ選手に限らず、お金と名声があれば―とりわけウッズのような若くてハンサムな男なら―女性は寄ってくるし、その中で男女関係が生まれても、さして不自然なことではない。
著名人に愛人がいるなどいう例など、星の数ほどあるだろう。
ではなぜタイガー・ウッズだけ大騒ぎになったのだろうか。
ウッズが紳士だと思われていたから?
そんな、周囲が勝手に判断しておいて裏切られてといわれても、それはウッズの責任ではない。
大騒ぎになった最大の要因は、「夫人がウッズの浮気を許さなかったから」だ。
つまりエリン夫人が夫のフリンに怒り、ゴルフクラブを振り上げて追いかけたりしなければ、こんな大騒動にはならなかったのだ。
騒動の原因はエリン夫人にある。

こんなコトをいうと、世の女性たちのお叱りを受けるかも知れないが、でもどうだろう。
クリントン元大統領
菅直人副総理
山崎拓元総理補佐官
細野豪志衆院議員
みな愛人スキャンダルを抱えていたが、それぞれの奥方が「しょうがいない人ね、まったくもう。」と、頭の一つも叩いて許し、一件落着させていた。
そのお陰で政治生命が絶たれることもなく(山拓はやや影響あり)、危機を乗り切っている。
要は、夫人が問題にしなければ、大きな騒動には発展しないのだ。

ウッズ夫妻が離婚に至った場合、エリン夫人が手にする慰謝料は一説には250億円にのぼるとされている。
ツアー出場を辞退し、CM契約を打ち切られたウッズとはエライ違いだ。
この騒動、最終的に誰が一番得をしたかで、仕掛け人が見えてくることになるだろう。

でも、やっぱり浮気はダメですよ。
私は、しません、絶対に。

|

« 「させて頂く」コトバを禁止! | トップページ | とかく男というものは・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/47050323

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイガー・ウッズ騒動」の核心:

« 「させて頂く」コトバを禁止! | トップページ | とかく男というものは・・・ »