« 【野球賭博】ギャンブルの「官民格差」 | トップページ | #373花形演芸会(6/19) »

2010/06/18

【寄席は学校3】 「飲む・打つ・買う」は男の業

「三道楽煩悩」と書いて「さんどらぼんのう」って読むんだから、日本語はむつかしいネ。
俗にいう「飲む打つ買うの三道楽」のこってす。
これがキライという男はいないとされているが、さてどうだろう。

先ず「飲む」、ったってぇ青酸カリじゃない、もちろん酒だ。
体質的にアルコールを受け付けない人を除けば、だいたい好きだ。
アタシなんざぁ、酒を断つかあの世に行くかときかれたら、あの世をとりますね。
次に「打つ」、は博打(賭博、ギャンブル)だ。
現役時代の同僚にもギャンブルにはまって家屋敷を失ったり、多重債務で追い詰められたりしたのがいたけど、あそこまで行っちゃうんだよな、真面目な人間が。
いま相撲協会がゆれている野球賭博もそうだけど。
ああいう職業の人って、やはり賭博の好きな人が多いんじゃないだろうか。
それに相撲取りっていやぁ昔から「男芸者」って呼ばれていた。
やれ国技だスポーツ選手だと思えばケシカランとなるけど、男芸者と思えばマアしゃーないかと許せる気がしてくる。
そして「買う」、は女性を買う。
買春というと範囲が狭くなるが、「利益供与の代償として女性と性的関係を持つ」ってことになれば、身に憶えのある男はグッと増えるだろう。
アタシの見立てによれば、チャンスがあってパートナーに絶対ばれないなら、10人中9人の男は買春しますね。
それでも10人の中で1人は断る、それがこのアタシだ。

これら三道楽、どれをとっても世の中のためにならないし、本人のカラダや暮らしにも良いことはない。
とりわけ賭博や売買春は道徳上の問題もあり、御上は一応法律で禁止しているが、これが及び腰。
相手が成人であれば買春はお咎めなし。つまり「売る」方が悪いという理屈ですね。それも実際には組織的売春に限っていて、個人対個人のケースでは罪に問われない。
賭博でも、いわゆる公営ギャンブルは合法だ。
胴元が御上なら、どんどんやってくれという訳だ。
そのせいか、下々がやっている賭博でも殆んどが野放し。
たまに今回の野球賭博事件のように、思い出したように取り締まるだけだ。

法律を作った御上は男だろうから、やっぱり「三道楽煩悩」には甘くなっちまうんだろうね。
男の業(ごう)の肯定。
♪分かっちゃいるけど やめられない
それスイスイスーダララッタ 
スラスラスイスイスイ・・・と♪

|

« 【野球賭博】ギャンブルの「官民格差」 | トップページ | #373花形演芸会(6/19) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/48659074

この記事へのトラックバック一覧です: 【寄席は学校3】 「飲む・打つ・買う」は男の業:

« 【野球賭博】ギャンブルの「官民格差」 | トップページ | #373花形演芸会(6/19) »