« 「原爆を許すまじ」を国民歌に | トップページ | #14たから寄席@寳幢院 »

2010/08/06

【目クソ鼻クソ】川田龍平の菅首相批判

我が家のPCのwordは賢い。
「へんせつかん」と入力すると、「変節菅」(正しくは変節漢)と変換する。
ここまで態度がクルクル変われば、「変節菅」は自他共に認めるところだろう。
それでも「お前にだけは言われたくない」と反論したくなったに違いない。
その相手とは、昨日の参院予算委員会で質問に立った川田龍平議員である。

川田龍平は参院東京選挙区から立候補し、無所属ではあったが自民党政治と明確に対決する政治姿勢を打ち出し当選した。
しかし議員になるや、さっさと保守党である「みんなの党」に入党してしまった。
川田に投票した多くの有権者は、裏切られた気持ちを持っていると思われる。
例えば選挙の時、川田龍平は外交・安保政策で「最終的には自衛隊と在日米軍を解消する」と主張していた。
それに対して「みんなの党」は「日米同盟を基軸とする」という立場で、公務員改革を除けば自民党と基本政策に差がない。経済政策では新自由主義であり市場原理主義者である。
自らの主張と正反対の政党に入党したことを、川田は有権者にどう説明するのだろうか。
選挙運動を支えた支援者の大半が離反してしまったといわれているが、当然であろう。

予算委員会の中で川田龍平議員は、「がっかりだ。厚相の菅さんと首相の菅さんでは違ってしまった。」と批判したそうだが、その言葉はそっくりそのまま川田龍平に返ってくる。
菅と川田、昨日の予算委員会はどっちの変節がよりヒドイのかという、競演の舞台となった。

|

« 「原爆を許すまじ」を国民歌に | トップページ | #14たから寄席@寳幢院 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/49075461

この記事へのトラックバック一覧です: 【目クソ鼻クソ】川田龍平の菅首相批判:

« 「原爆を許すまじ」を国民歌に | トップページ | #14たから寄席@寳幢院 »