« 「阪神・秋山」高卒ルーキー初勝利オメデトウ! | トップページ | 【街角で出会った美女】トルクメニスタン編(5) »

2010/08/31

結局は小沢一郎の「出る出る詐欺」に終わるのか

菅直人と小沢一郎が争う民主党代表選、アタシは民主党員でもなければ支持者でもないので、どっちが勝とうと負けようと本来は係わりがない。
しかし勝ったほうが首相になるわけで、どちらが私たち国民にとってより被害が少ないかという、いわば究極の選択を迫られることになる。
政治の世界は力の論理、数の論理だから、代表選では小沢有利という観測が流されていた。
しかしマスコミ各社の世論調査では圧倒的に菅首相への支持が高く(消去法だろうが)、もし小沢一郎がこのまま首相に就任したとしても、スタートから国民の支持を失い短命内閣に終わることは目に見えている。
そんな空気を反映してか、今日31日に菅-小沢会談(他に同席者がいるかも知れないが)で「挙党体制」を大義名分にした「手打ち」が行われる模様だ。
そうなると何のことはない、小沢一郎の「出る出る詐欺」に終わることになる。

今回の代表選をめぐって、一部に小沢擁護論が根強いが、どうも合点がいかない。
検察が不起訴にしたことをもって小沢はシロだという論点のようだが、もともと政治資金規正法はザル法であり、よほどのことがない限りこの法律に抵触しないように出来ている。
政治家は法律を守るのは当然のことだが、道義的にも規範は守らねばならない。
法律に違反していないから良いんだという主張は納得ができない。
私はウソつきと金に汚い人間は、一切信用しないことにしている。

小沢一郎は「壊し屋」という異名を持っているようだが、その後に新しい党を立ち上げる「創り屋」でもある。
創っては壊し創っては壊しというのは、膨大な資金が要る。
そのためには強引な資金作りをせざるを得ないし、裏金も要る。
合法非合法ギリギリの金集めをするので、グレーゾーンが生まれてくるのは避けられないのだ。
世論の批判は、正に「不徳のいたすところ」なわけだ。

もし小沢一郎が今回の代表選に不出馬ということになれば、政治生命は実質終わりを告げることになりそうだ。
「出る出る詐欺」師では、もう党内でも相手にして貰えなくなるだろう。

|

« 「阪神・秋山」高卒ルーキー初勝利オメデトウ! | トップページ | 【街角で出会った美女】トルクメニスタン編(5) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/49302599

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は小沢一郎の「出る出る詐欺」に終わるのか:

« 「阪神・秋山」高卒ルーキー初勝利オメデトウ! | トップページ | 【街角で出会った美女】トルクメニスタン編(5) »