« 【ツアーな人々】ガイドブックは旅行前?それとも後? | トップページ | 桂吉弥独演会(9/19)@国立演芸場 »

2010/09/18

【街角で出会った美女】ポルトガル編(1)

ナザレの街はポルトガルを代表するリゾート地です。
ナザレという名称から分かるように、元々は8世紀にこの地にやってきた僧が持っていたマリア像が、イスラエルのナザレのものであったことに由来しています。
しかも12世紀には城主を乗せた馬があわや崖から転落するところを、突如マリア様が現れて救ってくれたそうで、その加護に感謝して建てた礼拝堂が今もビーチを見下ろす場所にあります。
そのビーチは人人人で埋まっており、女性たちは例外なくビキニ姿(ジロジロ見たわけではないですが)で肌を焼いていました。
イスラエルからはるばるやってきたというマリア様は、この光景をどんな気持ちで見ているのでしょうか。
アーメン。

というわけで、この幸せそうな表情で携帯をかけている女性、電話の相手は誰でしょうね。

10w_2
    (クリックで拡大)

|

« 【ツアーな人々】ガイドブックは旅行前?それとも後? | トップページ | 桂吉弥独演会(9/19)@国立演芸場 »

世界の街角で出合った美女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/49483063

この記事へのトラックバック一覧です: 【街角で出会った美女】ポルトガル編(1):

« 【ツアーな人々】ガイドブックは旅行前?それとも後? | トップページ | 桂吉弥独演会(9/19)@国立演芸場 »