« いつまでやる気だ「円楽襲名興行」 | トップページ | こういう右翼こそ日本の恥だ »

2010/09/29

#3成城寄席(9/28昼)@成城ホール

世田谷の成城ホールで行われている成城寄席、第3回は9月28日に開かれ、昼夜公演の昼の部に出向く。
談春、喬太郎の二枚看板が顔を揃えたとあって、自由席だということで午後1時開演なのに午前11時にはもう並んでいた人もいたとか。熱心というか、ヒマというか・・・。
この会、喬太郎が冒頭に「談春師匠からお誘いがあって」と言っていたので、談春が中心の会らしい。
仲入りを挟んで前半が立川流、後半が落語協会になっていた。

前座・立川春樹「浮世根問」
全く物怖じしない落ちついた高座は、前座とは思えないほどだ。素質は十分とみた。
クスグリも入れ込んで、面白く聴かせていた。
・立川志の吉「寿限無」
後から登場した談春が「志の吉と談修は次の真打」と紹介していたが、それで「寿限無」が得意とは・・・。
拍手と笑いで大受けだったが、アタシには何が面白いのかさっぱり分からなかった。
それと芸人は腰が低いことや謙るのは良いが、卑屈になっているという印象を与えるのは好ましくない。
・松元ヒロ
一般にピン芸と呼ばれているが、これはジャンルを表すものではない。漫談でもないし、こういう芸をなんと言うのだろうか。
ライブでは初見だったが、面白かった。
パントマイム出身だけあって動きがキレイだし、流暢とはいえないトークも味があって良かった。
個人的には時事ネタを入れて欲しかったが。
・立川談修「宮戸川」
談志の「死ぬ死ぬ詐欺」をマクラに本題へ。
無難な出来だったが、せっかくこうした会だから、もう少し意欲的なネタに取り組んで欲しかったように思う。
会場の反応から、今日は甘い客と見たか。
・立川談春「替り目」
今日出演の若手をいじってから本題へ。
通常はこのネタに登場する亭主は泥酔状態なのだが、談春の演出はそれほど深酔いしていないという設定。女房もただ従順というよりは、キツイ面を持たせている。
女房が出かけたと思い込んだ亭主の独白の場面では、自分が死ぬ前に感謝の言葉を口にしたいと言い、もし女房の方が先に死ぬようなことがあったらと涙にくれる、夫婦の情愛の深さを示す談春独自の演出。
こういう「替り目」もいい。

~仲入り~
・橘家文左衛門「のめる(二人癖)」
かつては池袋演芸場で受ける噺家というイメージがあったが、ここ数年で一新した。すっかり人気落語家の一員になってしまった。
この人の魅力は、「程よいアクの強さ」だ。
品は良いとはいえないが、決して卑しくない。
このネタ、久々だったが楽しめた。
・柳家小菊「粋曲」
いつ聴いても、いいねぇ。
特に「淡海節」は絶品。やはり基礎がしっかりしているからだろう。
・柳家喬太郎「死神」
本人は古典は1週間ぶりと言ってたが、稽古不足のせいだろうかセリフのトチリが多かった。
こういうネタは、セリフがつかえると聴いている側の緊張感が薄れてしまう。
喬太郎にしては、平凡な出来の「死神」だった。

ニュースで、古今亭志ん五の訃報に接した。
61歳、まだまだ若いというのに残念だ。
真面目な顔で喋るのだが、とぼけた面白みに溢れた高座で、いつも楽しませてくれた。
ご冥福を祈る。

|

« いつまでやる気だ「円楽襲名興行」 | トップページ | こういう右翼こそ日本の恥だ »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/49594219

この記事へのトラックバック一覧です: #3成城寄席(9/28昼)@成城ホール:

» 志ん五 [ひげぼん]
オシャレの秋ですね~***本日のおすすめ***M-65ミリタリージャケット!累計6,000着突破!!衝撃価格★ARUGE完全別注だから実現した...おすすめSHOP♪■アルージェ【Aruge】■背が高く見える靴専門店TUSKER 絶対バレない身長アップシューズ■TopIsmトップイズム■ドクターマーチンショップDMS designed byさごり #3成城寄席@成城ホール 本人は古典は1週間ぶりと言ってたが、稽古不足のせいだろうかセリフのトチリが多かった。 こういうネタは、セリフがつかえると聴いてい... [続きを読む]

受信: 2010/09/30 22:30

« いつまでやる気だ「円楽襲名興行」 | トップページ | こういう右翼こそ日本の恥だ »