« 【寄席は学校4】酒飲み十態 | トップページ | 「検察審査会」の不透明さ »

2010/09/06

マスコミは民主党の宣伝機関になったのか

メディア各社の世論調査で、近ごろ奇妙な現象がおきている。
菅首相の支持率がV字回復しているのだ。
元々が無為無策の菅直人首相だが、ここにきて代表選の政治空白により総理としての仕事は全く何もしていない。
ではなぜ支持率が高くなったのか、それは連日連夜にわたり洪水のように流されている民主党代表選の過剰報道にある。

代表になったほうが首相になる可能性が高いとはいえ、二桁近くある政党の中の一つにすぎないのだ。
二人の政策にそう決定的な違いがあるわけではなく、もっぱら党内の権力闘争の範疇にすぎない。
それをニュースでは朝から晩までトップで扱い、新聞各社も一面で扱っている。
報道はといえば、菅直人と小沢一郎の選挙演説を紹介しているだけで、それも中身は日々変わり映えしない。
選挙演説だから、二人ともオイシイ話しかしない。
コメンテーターなる者が多少は批判的な意見を述べることはあっても、所詮は刺身のツマ。
菅直人の演説をきいていると、こんな所でしゃべってないで、いま言ったことをサッサと実行しろよと言いたくなる。
後はどっちが有利だの不利だのという選挙情勢の解説だけ。
こんなに報道されても国民の大半は選挙権を持っていないのだから、なんの足しにもならない。
代表選の報道とすれば、小沢一郎と菅直人が立候補し、二人の政策の違いがどこにあり、選挙の結果がどうなったのか、それだけで十分なのだ。

今の報道各社は、民主党の宣伝機関と堕している。
これらの報道を民主党の宣伝費として換算すれば、膨大な金額になるだろう。
いい加減に目を覚まして、正規の報道機関としての使命を果たすべきではなかろうか。

国民にも責任の一端はある。
TVの露出が増えれば、それだけで支持してしまうような安易な風潮は改めねばならないだろう。

|

« 【寄席は学校4】酒飲み十態 | トップページ | 「検察審査会」の不透明さ »

マスメディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/49367007

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは民主党の宣伝機関になったのか:

« 【寄席は学校4】酒飲み十態 | トップページ | 「検察審査会」の不透明さ »