« 阪神・マートンの安打新記録に期待! | トップページ | 市馬・菊之丞二人会@IMAホール »

2010/09/25

【中国人船長釈放】前原誠司の火遊び

以前の記事で書いたように、今の菅政権の実態は「前菅政権」だ。
菅直人首相の上に前原大統領がいて、重要政策は前原誠司が取り仕切っている「前原政治」である。
その前原外相が国交相であった当時に、尖閣諸島での中国漁船員の逮捕を海保に行なわせた。
中国漁船の不法行為を日本の海保が取り締まったのは当然という主張もあるが、従来の自民党政権下では中国漁船を追いかけても、拿捕したり漁船員を逮捕起訴することはしなかった。
小泉政権下で、尖閣諸島で中国人活動家を逮捕したことがあったが、直ぐに釈放し帰国させている。
これは日中間で、尖閣ではお互いに敵対しないという暗黙の了解があったからだ。

ではなぜ前原国交相(当時)は逮捕という決断をしたのかというと、中国政府を怒らせるためだったと推測する。
少なくとも、中国政府は頭に血がのぼり、相応の報復行為を行ってくるであろうことは、とうぜん予測できていた。
前原としては、狙い通り尖閣をめぐって日中間に軍事的緊張状態を生み出し、そこへアメリカが日本へ肩入れするという構図を描きたかったのだろう。
これにより、現在の沖縄米軍基地移設問題での世論を、やはり沖縄における米軍のプレゼンスは必要だという方向に一気に持っていける。
後は逮捕した漁船員を人質として、中国に対して優位に交渉を進めて、最終的には外交で決着を付ければ良い、そう考えていたのではあるまいか。
正に一石二鳥となる筈だった。
対米従属論者であり中国脅威論者である前原誠司の面目躍如たるものがあった。

そして「お約束」通り、改造内閣で前原は外相に就任し、いよいよ外交の舞台で腕をふるうことになった。
予想通り中国政府から次々とイチャモンがついてきたが、船長以外の船員と船を返してあげりゃ御の字だろうとタカをくくったのが、裏目に出てしまった。
国内法で粛々と裁くと宣言していたのに、中途半端に船と船員を帰国させてしまった。
なーんだ、言っていることとやることが違うじゃないかと中国側に思わせてしまった。
沈静化すると踏んでいたのが、火に油を注ぐ結果となり、ついにはレアーアースの禁輸や、フジタの社員の拘束にまでエスカレートしてゆく。
アメリカはいうと、米国内の政府に近い新聞ではむしろ日本政府に自制を求め論調が目立ち、米軍は尖閣まで面倒を見る気はないという主張まであらわれるようになった。
一応クリントン国務長官からは、尖閣諸島は日米安保の範囲内という言質はとったが、米国が本気で中国と事を構えるかどうかは甚だ疑問だ。
むしろ、日中関係がこれ以上こじれさせないようにと、釘をさされたのではなかろうか。
そうこうしている内に、国内の経済界からこのままでは大変なことになるという悲鳴があがり、中国人船長を釈放して帰国させるという政治的決着となったわけだ。

なんのことはない、前原誠司が国交相として火をつけ油を注ぎ、外相として水をかけて火消ししたというお粗末な一席。
一人相撲というべきか、マッチポンプというべきか。
前原誠司の火遊びのおかげで、付き合わされた国民はこれから高い代償を払わせられることになりそうだ。

【追記】
7月24日、民主党の玄葉光一郎政調会長は仙台市での講演で、「多くの日本人が日米安保の重要性、離島防衛の必要性を再認識する契機になった」と述べた。
何をホザクか・・・ではあるが、当記事の観測を裏付ける発言として注目したい。

|

« 阪神・マートンの安打新記録に期待! | トップページ | 市馬・菊之丞二人会@IMAホール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/49556036

この記事へのトラックバック一覧です: 【中国人船長釈放】前原誠司の火遊び:

« 阪神・マートンの安打新記録に期待! | トップページ | 市馬・菊之丞二人会@IMAホール »