« 世界選手権で安藤美姫が4年ぶり優勝 | トップページ | 権太楼噺爆笑十夜・初日in鈴本(2011/5/1) »

2011/05/01

「校庭安全基準」決定の不透明さ

福島第1原発事故で、放射線が検出された学校について、文部科学省が屋外活動制限の可否を判断するのに「年20ミリシーベルト」と、一般人の年間許容限度の20倍という高さの被ばく線量を目安としたことに、激しい批判が噴出している。
内閣官房参与の抗議の辞任にも発展した。
「年20ミリシーベルト近い被ばくは業務従事者でも極めて少ない。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは受け入れがたく、強く抗議し見直しを求める。参与の形で容認したと言われれば学者としての生命は終わりだ」。
4月29日、記者会見した小佐古敏荘(こさこ・としそう)東大大学院教授はあふれる涙をこらえながら、こう語った。

基準値の裏付けとなるのが、これを妥当とした原子力安全委の見解だ。
30日の衆院予算委員会で菅首相は「安全委の助言を得ながら判断した。場当たり的ではない」と反論。
高木義明文科相も「子どもの心理的なことも、安全委の助言も踏まえ取りまとめた」と述べた。
その安全委のお墨付きが問題なのだ。
校庭利用基準を検討する際、原子力安全委員会(班目(まだらめ)春樹委員長)が正式な委員会を開かず、2時間弱で「差し支えない」とする助言をまとめ、国の原子力災害対策本部に回答していたのだ。
安全委事務局の加藤重治・内閣府審議官が4月30日の記者会見で明らかにしたところによれば、19日に同本部から助言要請があり、事務局が班目委員長を含む5人の委員から、対面と電話で意見を聞き、助言をまとめたというのだ。

原子力安全委員会といえば、「原発は構造上爆発しない」だの「原発における長期間の全電源喪失は、日本では想定外」だのと、散々ホラを吹いてきた前科があり、とうてい信用できない。
安全委の斑目(マダラメ)委員長ならぬ、不安全委のデタラメ委員長である。
しかも、こういう大事なことを決めるのに会議も開かず、事務局の人間が個別の意見を集約して回答してというのだから、呆れるほかない。

ことは将来を担う子供たちに係わる。
決定の経過に疑念がもたれている以上、直ちに、「子どもの屋外許容線量規制値」の見直しを行うべきだろう。

|

« 世界選手権で安藤美姫が4年ぶり優勝 | トップページ | 権太楼噺爆笑十夜・初日in鈴本(2011/5/1) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

私が行った政府交渉では安全委員会の係長は「安全委員会の総意として」と云ってました。
私も権ちゃんを聴いて憂さを晴らします。

投稿: 佐平次 | 2011/05/02 13:13

佐平次様
今の安全委に、原発の安全性を任せることが出来るのか、そこが問われます。
先ずはデタラメ委員長には責任を取ってもらい、マトモなメンバーに入れ替える、そこから始めるべきでしょう。
権ちゃん、元気で良かったです。

投稿: home-9(ほめ・く) | 2011/05/02 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/51541169

この記事へのトラックバック一覧です: 「校庭安全基準」決定の不透明さ:

» 「放射線管理区域」の意味を知らない官僚が学校の放射線量基準を決めている! [梟通信~ホンの戯言]
福島県川俣町の農家の主婦・佐藤さんが地元の話をする。30年間農業をやって来て築いた生活が一日で消えてしまった。 今、福島では家庭崩壊まで起きています。 教育も何もない私たちに分かるように説明してください。 彼女は二人の息子を山形に疎開させたけれど、そういうことが出来ない人もいるし、したくない人もいるという。 最初一台もなかったガイガーカウンターをやっと買って貰ったのが県内1500校に対してたった20台。 それで3日間で測る。校庭の真ん中一か所だけ。ホットスポットがまだらにあるのに。 ... [続きを読む]

受信: 2011/05/02 13:14

« 世界選手権で安藤美姫が4年ぶり優勝 | トップページ | 権太楼噺爆笑十夜・初日in鈴本(2011/5/1) »