« 政局「トンマ節」2011 | トップページ | #9ストラディヴァリウス サミット・コンサート(2011/6/5) »

2011/06/05

#17たから寄席「遊雀&兼好二人会」(2011/6/4)

菅首相の早期退陣が固まりつつあるようですな。
せっかく西城秀樹の「激しい恋」の替え歌で、
「激しい声」ってぇのをこさえたのに、これじゃ没だ。
悔しいから一部を紹介させてもらいますね。

♪辞めろと言われても 今では遅すぎた
 激しい非難の声に 巻き込まれたら最後さ
 -----(中略)-------
 軽い 軽い いつもの言い訳ぇー

ダメか、こりゃ。

6月4日は寳幢院で行われた久々の第17回たから寄席へ。
今回は「遊雀&兼好二人会」という贅沢な趣向。
梅雨の合間の晴れの天気でかなり蒸していたが、会場である寺の本堂は風通しが良い上にサービスで団扇が配られ、快適な環境だった。
開口一番は何とかいう京都の大学生だったが、こういう会にアマチュアを使うのは感心できない。

<  番組  >
三遊亭遊雀「干物箱」
三遊亭兼好「猫の災難」
~仲入り~
三遊亭兼好「猫の皿」
三遊亭遊雀「居残り佐平次」

図らずもこの二人は共通して”目”が可愛らしく、使い方が巧みだ。
だからずっと目を見ながら噺を聴いていた。

兼好の今回は「猫」シリーズで、1席目「猫の災難」。
小柄なのに、どこからあの大きな声が出るんだろうと思ってしまう、声帯が強いんだろうか。落語家としては恵まれた天性だ。
勘所は、相手が鯛を買いに行っている間に、待ちきれなくて酒を一人で呑んでしまう、その過程の描写。
最初は味見だったのが、半分、いや1合だけ残してと思いつつ、次第に気が大きくなってしまう。
躊躇と誘惑の間の綱引きを、兼好は上手く表現していて、こぼれた酒を畳を指で押しながら吸うという演出も効果的。
ただ酔っぱらい方はもう少し研究が必要だ。
先代小さんのように、鉢巻をして出刃包丁を振りましながら猫を追う練習のシーンが欲しかった。これを繰り返しているうちに待ちくたびれて寝込むという手順になる。

2席目「猫の皿」
後から出た遊雀も言っていたが、スケジュールの都合だろうか、やや急ぎ過ぎだった。
山村の茶店で周囲の景色を楽しみながらユックリと時間を過ごす。
前半の”緩”があって、後半の”急”が利いてくるのだ。
”皿”を見つけてから以後はテンポが良く、懐に入れた猫が暴れる仕草は秀逸。

遊雀の1席目「干物箱」
マクラで一戸建てを新築したとのこと、流行っている芸人はお金持ちになってくるわけだ。
昔は学問のない貧乏人が噺家になっていたが、近ごろそっちは客席に座ってる時代。
若旦那の身替わりに2階に上がった善公がオドオドしながら一喜一憂し、最後は自分を嘲る手紙を発見してキレるところまで、遊雀の「一人キチガイ」ぶりが冴える。
この人の持つある種の狂気が活きた一席。

2席目は大ネタで「居残り」。
主人公の佐平次は小悪党だが、最初は遊郭の客として、次は「居残り」で見世の若い衆の風体、そして最後は正体を現すという人物描写が勘所。
遊雀はその演じ分けを目の動きで表現していた。
客の勝っつぁんの舞い上がりぶりや、お人好しの主人の狼狽ぶりも良く出来ていた。
何より地域寄席の昼席で、このネタを掛ける了見を買いたい。

同じ三遊で、師匠が「笑点」の人気者なのも共通だが、この日は遊雀が貫録を見せていた。

|

« 政局「トンマ節」2011 | トップページ | #9ストラディヴァリウス サミット・コンサート(2011/6/5) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

行きたかったんですけどね、この会。ちょっとヤボ用で。
遊雀の“貫禄勝ち”ですか。
しかし、兼好の「猫の災難」はまぁまぁだったようですね。この噺も難しい。
下手な噺家の場合、イライラします。

この二人なら大入りだったのでしょうね。

投稿: 小言幸兵衛 | 2011/06/05 19:37

小言幸兵衛様
そうだったんですか、それは残念でした。
協会も芸風も年代も違う二人の会、なかなか充実してました。
兼好は何とか芸域を拡げたいのでしょうか、苦手と思えるネタにもチャレンジしつつある気がします。
「猫の災難」もあと一息といった所で、これからもっと良くなっていくと思われます。
対する遊雀、結構気合が入っていましたね。
こういう処が二人会の面白い点でもあります。

投稿: home-9(ほめ・く) | 2011/06/05 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/51858260

この記事へのトラックバック一覧です: #17たから寄席「遊雀&兼好二人会」(2011/6/4):

« 政局「トンマ節」2011 | トップページ | #9ストラディヴァリウス サミット・コンサート(2011/6/5) »