« 【街角で出合った美女】インドネシア・バリ島編 | トップページ | #15三田落語会「喜多八・一之輔」(2011/8/27昼) »

2011/08/27

「前原誠司」とは、こんな男

民主党代表選に前原誠司が立候補する。
出ないだの出るだのグズグズ言っていたが、最後は出ることに決めたらしい。
次期総理に誰を選ぶかという世論調査では常にトップに立っているが、どうも私にはこの男の良さが分からない。

2010年5月19日、沖縄担当大臣であった前原が名護市を訪問した際に、稲嶺市長の頭越しに㈱東開発・仲泊宏次会長と密会した。
ここで両者は普天間基地の名護市への移転計画について意見交換し、仲泊会長が賛意を、前原は新たな地域振興政策を提案したとされる。
今年7月9日には、今度は「新世紀の安全保障体制を確立する議員の会」の代表として前原は再び名護市を訪れているが、この時も名護市長を無視する一方、仲泊会長と面談している。
仲井真沖縄知事との会談では、どの党が政権につこうとも、辺野古移設を進めるという方針を伝えている。
米国議会の一部に、現行埋め立て案は実現性に乏しいという意見が出ていたので、前原としては現行案の推進を強調し、巻き返しを図ったわけだ。

前原が市長を無視してまで再三会っている仲泊会長は、地元建設業界のドンにして、陰の名護市長と呼ばれている人物。
会長を務める東開発社は、生コン、砂利、不動産など手広く商売を展開している。
埋め立てが行われれば、確実に利益が上がる。
米軍とも親密な関係をもっていて、現行のⅤ字型滑走路建設案は仲泊会長がまとめ上げたとのことだ。

前原らが進める名護市辺野古移設計画が実現すれば、東開発は莫大な利益が得られる。
同時に地域振興という名の「基地マネー」が注ぎ込まれて、ますます建設業者が潤うことになる。
利益の一部は政策を推進した議員らに、政治献金などで還元する。
選挙ともなれば、業界が集票マシーンとしてフル回転し、移設支持派の議員を当選させる。もちろん資金の面倒もみてやる。
かくして前原ら議員たちも、仲泊ら建設業者らも、全員がハッピーになる仕組みだ。

前原や仲泊にとって、移設に反対している稲嶺市長など邪魔な存在でしかない。
だから現地を訪れても、無視した。

それでもあなたは前原誠司を支持しますか。
(文中、敬称略)

|

« 【街角で出合った美女】インドネシア・バリ島編 | トップページ | #15三田落語会「喜多八・一之輔」(2011/8/27昼) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

なぜ彼が人気トップなのかがまったくわからないです。
最悪でしょう。自民党の方がマシ。

投稿: 佐平次 | 2011/08/27 11:26

佐平次様
前原といえば安保防衛問題ではタカ派、経済政策では新自由主義と、自民党と何ら変わりはありません。
かつて小泉首相との党首討論で、こちら側に来て一緒にやろうと呼びかけられていましたが、本来は自民党にいるべき人間です。
前原が代表に決まれば、民主党の自民化がますます進行するでしょう。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2011/08/27 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/52578063

この記事へのトラックバック一覧です: 「前原誠司」とは、こんな男:

« 【街角で出合った美女】インドネシア・バリ島編 | トップページ | #15三田落語会「喜多八・一之輔」(2011/8/27昼) »