« 電力会社の「住民監視」 | トップページ | 「身毒丸(しんとくまる)」(2011/9/3夜) »

2011/09/03

【野田新内閣】官僚の「復権」

財務省の内部候補といわれた野田佳彦を首班とした新内閣が発足した。
財務省は官房副長官(事務)と首相秘書官に息のかかった人物を送り込んだ上に、素人同然の安住淳が大臣に就いたのだから、満額回答といったところだろう。
民主党政権の下で「政治主導」と「官僚外し」が進められた。
これに対抗して官僚たちが行ったのは、徹底したサボタージュだった。つまりお手並み拝見とばかり、何もしないで過ごしてきた。
その結果、彼らが期待した通りに政治が停滞した。やはり日本の政治は官僚が動かすんですよネと、国民に念をおしたわけだ。

野田総理を先頭に松下政経塾出身の大臣がズラリ揃ったのも、官僚としては歓迎だろう。
松下幸之助が何を教えたのか知らないが、松下政経塾出の議員は総じて信念を持っていない。政治家になるためのノウハウや選挙の勝ち方しか、勉強してこなかったのではと思ってしまう程だ。政治屋の養成所だったのだろうか。
しかし官僚の側からすれば、そうした信念だの理念だのが無い大臣の方が御しやすい。

これからは官僚がヤル気をだして、政治は前に進んでゆくのだろう。
その方向は、
・消費税増税(法人税の減税とセット)
・原発再稼働
・TPP参加
の三本柱を中心に据えることになる。
いずれも財界からは大歓迎だ。
早くいえば、自民党政治の時代に戻るということだ。
人事で小沢一郎を黙らせ、政策で自民党を黙らせる。そうして安定政権の道を歩むというのが、野田首相の戦略だろう。

ただ、その方向性が国民のためになるかどうかは大いに疑問だ。
財界の利益=国民の利益にはならないからだ。
もしかすると来年の今頃は、「やっぱり野田じゃダメ」「菅の方が未だマシだった」などという世論で満ちているかも知れない。
いずれにしろ野田政権の誕生は、政治主導から官僚主導へのターニングポイントとなるのは間違いなかろう。
(敬称略)

|

« 電力会社の「住民監視」 | トップページ | 「身毒丸(しんとくまる)」(2011/9/3夜) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

菅という悪夢の経験があるからたいていのことは許してしまう国民ではないでしょうか。
怖い。

投稿: 佐平次 | 2011/09/04 10:38

佐平次様
沖縄普天間基地の県外移転で鳩山が切られ、脱原発で菅が切られた。
官僚の意向(米国と財界の意向)に逆らえばどうなるかが思い知らされたからには、野田が安定政権を狙うのであれば、官僚に意のままに動くしかないでしょう。
ただここまで来ると、何のために政権交代だったが問われますが。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2011/09/04 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/52635278

この記事へのトラックバック一覧です: 【野田新内閣】官僚の「復権」:

« 電力会社の「住民監視」 | トップページ | 「身毒丸(しんとくまる)」(2011/9/3夜) »