フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【寄席は学校6】“女郎買い振られて帰る果報者” | トップページ | 「一之輔、隔月こっそり横浜の会」(2011/11/23) »

2011/11/23

立川談志の死去

ダンシガシンダ(回文)。
良くも悪くも立川談志。
でもやっぱり寂しいねぇ。
ご冥福をお祈りする。

« 【寄席は学校6】“女郎買い振られて帰る果報者” | トップページ | 「一之輔、隔月こっそり横浜の会」(2011/11/23) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

本当に寂しいですね。
全力で何かに抵抗しているような感じがありました。

「ぞろぞろ」がぶっきら棒な中に味があって好きでした。

福様
私は「源平盛衰記」「相撲風景」「薬缶」のような少しマイーな演目が好きでした。
いずれも談志以外は真似ができない。
小三冶が「天才」と言ってましたが、そうとしか表現のしようが無いでしょう。少なくとも名人ではなかった。

いつもながら丁寧なご返事、感謝いたします。
「薬缶」
「海の水はなぜしょっぱいの?シャケが泳いでるから。」
なんていうのを家元は例の口調で語っていました。そんなこともありました。

福様
そうなんです、ギャグ満載でしかもレベルが高い。ああいうネタの方がいかにもご本人も楽しそうに演じていて、好きですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川談志の死去:

« 【寄席は学校6】“女郎買い振られて帰る果報者” | トップページ | 「一之輔、隔月こっそり横浜の会」(2011/11/23) »