« #5「東のさん生・西の鶴二」(2012/10/28) | トップページ | 「るつぼ」(2012/11/3) »

2012/11/03

ようやく辞めたか・・【補遺】

先日、石原慎太郎が都知事を辞職した件について主題の記事を書きましたが、審神者さんという方からコメントが寄せられました。
内容が多岐にわたり長くなりますので、記事でレスしたいと思います。

1.石原慎太郎と日本青年社
指定暴力団住吉会傘下の右翼団体である「日本青年社」に対して、石原はかつて産経紙上のエッセーで賛辞を送ったことがあります。一方、日本青年社は石原の言動を賞賛しており、両者の間には少なくとも思想的な共通性はあるといえます。
日本青年社は度々政治的意見の対立者へのテロを行っていますが、2003年9月に当時外務省審議官であった田中均の自宅にある右翼団体が爆弾を仕掛けた事件が発生したときに、石原慎太郎は「当ったり前の話だと思う」と擁護しました。
この件では石原の極めて特異な思想が顕わになっています。
テロを容認する立場においても両者には共通性があります。
ただ組織的には両者をつなぐ証拠はないと思われます。

2.石原慎太郎とオウム真理教
巷間流れる情報によれば両者の結びつきは次の通りです。
①弟・石原裕次郎の手術を執刀したのが慶応病院の医師でオウム真理教幹部の林郁夫だった。そのため石原はオウムに対し好意的だった。
②石原が運輸大臣だった時期に、石原の尽力でオウムが宗教法人として認可された。
④四男がオウムに入信し幹部の一人になっていた。
⑤麻原彰晃が石原を尊敬しているという発言を行っていた。
⑥オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こし一斉捜査を受けた時期に、それとの関連で(例えば四男の釈放と引き換えに)石原は国会議員を辞職した。
ストーリーとして一貫しており流れには説得力はあります。
しかし①と⑤以外は証拠がなく、全て真実とは言い切れません。
オウム真理教は宗教教団ではありますが、同時にテロ集団です。先に記したように石原は意見の対立する相手に対するテロを容認する立場ですから、やはり両者の間には思想的共通性があると考えて良いかと思います。
石原慎太郎はかつて創価学会について「悪辣にして極めて危険なカルト集団」などと辛辣な批判を行っていますが、オウム真理教に対してはあまり論評を行っていないようです。

3.石原慎太郎と尖閣所有発言
2012年4月16日、アメリカのヘリテージ財団を訪れていた石原慎太郎東京都知事が、東京都が魚釣島、北小島、南小島の3島を埼玉県在住の地権者から購入する方針を決めたことを発表しました。
なぜ石原はわざわざアメリカでこのような発表を行ったのか、当初から疑問がありました。
都が購入したいというなら都民に対して、あるいは日本国民に対して先ず公表するのが筋でしょう。
私の見解はアナウンス効果、つまり米国での発表の方が日本と中国両政府に対してよりインパクトが強いと思ったのではないかと推定しています。
石原の狙いは日中を離反させ緊張関係を強めることを目的にしたものですし、両国の緊張関係はアメリカが日本に武器を売る上でも、オスプレイなどの最新兵器を日本に配備する上でも好都合です。
アメリカでの発表には理由があった。
また石原新党に対する支持を増やす効果も狙えます。
2011年8月5日に石原は記者会見で「日本は強力な軍事国家にならなかったら絶対に存在感を失う」と主張していました。
また2011年6月20日の記者会見では、「日本は核(兵器)を持たなきゃだめですよ。持たない限り一人前には絶対扱われない」「日本が生きていく道は軍事政権を作ること。そうでなければどこかの属国になる。徴兵制もやったらいい」と発言しています。
もし日中が軍事衝突することになれば、その時こそ自分の出番と思っているのでしょう。

石原慎太郎の都知事としての勤務実態を調べたら、1カ月の平均執務時間は約15時間しかなかったそうです。
それで報酬は年間でおよそ2400万円。
税金泥棒とはこの人のこと。
(敬称略)

|

« #5「東のさん生・西の鶴二」(2012/10/28) | トップページ | 「るつぼ」(2012/11/3) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!ご丁寧なレスありがとうございました。
ご指摘いただきましたように、私が危惧する最大の問題は
老人が日中関係に緊張を起こし対立させる目的で行動している事です。核、軍事国家、徴兵制、シナと発言し誰が嫌がるのか?そのことで誰が1番得をするのか?ご指摘のようにアメリカです。中国にも日中離反担当の輩がいます。
上海閥ー江沢民派。プロレスのようにAチームBチームに分かれて争わせ漁夫の利を得る手口はユダヤの常套手段です。過去の大戦、冷戦、朝鮮戦争など…。
問題の本質はアメリカ経済にあります。メディアは一切伝えませんが、すでに多重債務者でデフォルト寸前です。ドルが価値を失なっているのは今日のドル安をみれば明らかです。極度のドル安が相対的に円高にしているだけです。
唯一、かろうじて世界の基軸通貨である事がアメリカを延命させている。なので、EUとの石油取引をドルからユーロに変えようとしたイラクのフセインは潰されたし、アフリカ統一通貨を夢見たリビアのカダフィは潰されたと思います。同じように日中露韓台などの国々が結びつき東アジア共同体ができるのを心底恐れているのはアメリカーユダヤ金融資本です。今のアメリカ経済は大きな戦争でも起きない限り数年以内にデフォルトです。戦争経済になれば軍事力で圧倒するアメリカドルにお金が集まり延命できるからです。過去の歴史をみても世界恐慌のあとアメリカ経済を立ち直らせたのは大戦です。アメリカをイラク開戦に踏み切らせた9.11は自作自演です。ビンラディンはイエメンのユダヤ人で、ビンラディングループというイエメン一の大富豪です。ビンラディンの兄がグループを率いブッシュとビジネスパートナーなんです。ブッシュも閣僚達も隠れユダヤ人でありWTCのオーナーもユダヤ人です。もうこんな茶番をやらせるのはやめにしましよう!戦争に繋がりそうな事は潰しましょう。
またもや長文、駄文失礼いたしました。

投稿: 審神者 | 2012/11/04 00:17

審神者様
石原慎太郎の野望は日本社会の状態をより悪く悪くしていこうというものです。
そうすれば憲法も変えられるし核武装も出来、軍事国家も実現できる。
その結果独裁政治になれば、石原がその指導者になれる。
早く言えば日本を北朝鮮化したいというのが本音でしょう。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2012/11/04 18:52

まさにご指摘のとおり日本の社会、経済を悪化させる事が目的なんだと思います。
HOME-9さんのブログに出会えた事に感謝しています。
最新スレッドの新劇の話も楽しく拝見させていただきました。落語に興味がありますが、今までご縁がなかったので、これを機会に勉強させていただきます。

投稿: 審神者 | 2012/11/04 22:28

審神者様
お褒めに与り恐縮です。
いずれ隠居の暇つぶし、あまり期待されないように。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2012/11/05 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/56034044

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく辞めたか・・【補遺】:

« #5「東のさん生・西の鶴二」(2012/10/28) | トップページ | 「るつぼ」(2012/11/3) »